パッと稼げる単発バイトの始め方や仕事の種類・おすすめサイトを紹介!

4 min
副業

単発・日雇いバイトとは

普通の長期アルバイトとは違い、短期アルバイトに位置する「単発・日雇いバイト」。どんな仕事なのか?どういった特徴があるのか?をまとめました。

単発バイトとは

単発バイトとは、おもに派遣会社に登録することで働けるアルバイトです。特定の仕事内容を指すのではなく、「1日だけでも働きに出られる」という働き方のことを指した言葉なんですね。
ひとつの職場に勤めるのでなく、派遣会社に登録しているいろいろな職場へ働きに出ることができるのが特徴です。長期のバイトのようにシフト制ではないので、「ふだん忙しくて長期のバイトができない、でもたまにおこづかい稼ぎがしたい」という人に人気があります。
主婦が、息抜きや運動不足解消を兼ねて働くことも多いようですよ。

収入・給与形態

日雇いバイトのほとんどは、派遣会社に登録することでお仕事を紹介してもらえます。
まずは派遣会社に登録する必要があるのですが、それについては記事後半でおすすめの派遣会社を紹介しているので参考にしてみてください。
給与は勤務先ではなく、派遣会社から支払われます。
支払サイクルは派遣会社によってさまざまですが、日払いや週払いが多いですね。パッと働いてパッと給与を受け取れることが多いので、金欠の際にも助かります。
現金手渡しのところから振込のところ、専用のキャッシュカードに給与が入るところなど、派遣会社によって給与の支払い方法にも特徴があります。

単発バイトの主な種類

単発バイトで多い仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。
それぞれの仕事の仕事内容、給与相場、仕事の人気度などを紹介していきます。

イベントスタッフ

若者にとくに人気があるのが「イベントスタッフ」です。アーティストのコンサートや講演会、その他さまざまなイベントに関われるおもしろい仕事です。
イベント会場の設営や撤去作業、チケットもぎり、来場者誘導などがおもな仕事になります。夏場には各地のお祭りのスタッフを募集していることも。友達作りとしても良さそうです。
給与相場としては、1日1万円前後が目安です。
数日にまたがるイベントの場合、すべての日程に参加できる人のみ時給が上がる場合もあります。
一度のイベントで大量採用するため、応募さえすればほぼ受かるものと思っていいでしょう。
高時給でおもしろく受かりやすい、と魅力的な仕事ですが、近くにイベントを開けるような施設があるところでしか募集がかからないため、地域によって求人量に差が出てしまうのが難点です。

モニター

試作品などのモニターとして参加することで報酬を得るのが「モニター」のお仕事です。
アンケート系のサイトに登録し、コツコツとアンケート実績をためていくことでモニターの依頼がくるようになります。
正式には給与というくくりではなく、調査参加の謝礼というかたちでお金を受け取ります。
だいたい2時間程度の調査で、8,000円程度が相場でしょうか。拘束時間が長かったり、グループ・ディスカッションなどがある調査だったりすると報酬が上乗せされていきます。
都心部に近いほど案件数は多くなります。それでも毎日調査に参加できるほど数が多いわけではないので、定期的な収入というよりはお小遣い稼ぎといった側面が強いお仕事です。
また、応募すれば誰でも通るというわけではありません。企業側も、ある特定のターゲットに向けて商品開発をしているため、そのターゲット外にいる場合は応募しても参加することができないのです。
応募だけなら無料なので、とにかく数多く応募してみることが大切です。
おすすめのアンケートサイトは記事後半で紹介します。

覆面調査員

こちらもお小遣い稼ぎの側面が強い、覆面調査員(ミステリーショッパー)のお仕事です。
飲食店や各種販売店を利用してレビューをすることで、支払の何%かを負担してもらえるというお仕事です。
普段のお買い物のついでにこのお仕事をするだけでかなりの節約になるため、お買い物が好きな女性や主婦に人気が高いお仕事です。
お仕事を受けるためには、覆面調査員を募集してるサイトに会員登録します。
登録しておくだけで不定期に仕事の依頼が届きますので、自分が参加できそうだと思った調査に参加希望を出しましょう。
参加承認されれば、あとは指示にしたがってそのお店を利用し、退店後にアンケートを記入するだけです。とても簡単ですよね。
飲食店の場合は会計額の30%〜100%負担、洋服・雑貨などは50%負担くらいまでが相場となっています。アルバイトのように「収入」を目的としたお仕事ではありませんが、「支出を減らす」という意味ではとてもおすすめの仕事です。

軽作業スタッフ

倉庫や工場などで行う、かんたんな軽作業のお仕事ですね。
仕事内容はおもに以下のようなものになります。

  • ピッキング(倉庫の中から指定された品物を集めてくる)
  • 梱包
  • シール貼り
  • 食品加工

重いものを運ぶような仕事は少ないので、女性でも比較的やりやすい仕事になります。給与は時給1,000円前後が相場で、なかには日給で8,000円〜10,000円程度もらえることもあるようです。
都心部から離れた地域でも比較的仕事が多いのが特徴で、地域の人が単発バイトをする場合は基本的にこの軽作業スタッフをすることになるでしょう。仕事数はかなり多く、毎日募集を出しているところが多いため働こうと思えば毎日でも働くことが可能です。

肉体労働系

こちらも派遣会社に登録して働くことが多い仕事です。引越しスタッフや運搬のお仕事などの肉体労働系は、特に男性に人気があります。
身体を使う分、給与は高めに設定されていて、時給1,000〜1,200円くらいが相場です。
都心部を離れると1,000円を下回ることもありますが、それでもその地域の時給相場より高めであることがほとんどです。
案件の多さとしては、軽作業よりは少なく、イベントスタッフよりは多いといったところでしょうか。
時給がいいので継続して働く人が多く、応募しても通らないこともありえます。

求人を探すのにおすすめのサイト・アプリ

ここからは、先にあげた単発バイトを探すためにおすすめのサイトやアプリを紹介していきます。
おすすめの理由や、こんな人が向いているなどの特徴もあわせて解説します。

イベントスタッフ・軽作業・肉体労働を探すなら「ショットワークス」

単発バイトを探したいなら、ショットワークスで探すのがおすすめです。ショットワークスは短期・単発アルバイト専用の求人ポータルサイトで、さまざまな派遣会社が出している求人を串刺し検索することができるんです。
タウンワークやマイナビバイトなどの単発バイト版、と考えれば分かりやすいでしょうか。

  • 明日働ける仕事
  • 1日から働ける仕事
  • 日払いの仕事

など、単発バイトの案件が探しやすくなっていることが特徴です。
案件に応募した後も、基本的にその日のうちに合否の連絡がくるようになっているので、急いでお金が欲しい場合にもいいですね。

モニターをやるなら「マクロミル」

モニターの仕事がしたいなら、アンケート系最大手のマクロミルがおすすめです。最大手なので案件数が非常に豊富で、高額な会場調査やディスカッション調査もたくさん用意されています。
難点としては、会場調査に参加するには地道にアンケートに答える必要があるということでしょうか。
アンケートは少額なものが多いのですが、「この人はドタキャンしない人だな」と信頼されるまでの2週間〜1ヶ月ほどは継続しなければいけません。
一度、会場調査の依頼がくるようになってからはどんどん稼げるようになりますのでオススメのサイトです。

覆面調査員をやるなら「ファンくる」

覆面調査員をしたい人にいちばんオススメのサイトはファンくるです。
覆面調査系のサイトの中でも大手で、そのぶん案件数が豊富になっています。
覆面調査は毎日依頼が届くようなものではないので、少しでも案件数が多いファンくるのようなサイトに登録しておいた方がいいでしょう。
ファンくるは初心者でも調査に参加しやすいよう配慮されているのが特徴で、かなり詳細なマニュアルが用意されています。初めての調査は緊張するかもしれませんが、一度できるようになってしまえばあとは簡単。ファンくるを使ってどんどん節約していってくださいね。

自分にあった単発バイトを探して上手に稼ごう!

今回は単発バイトの紹介をしました。
単発バイトはイベントスタッフや軽作業などのバイト感が強いものから、覆面調査やモニターなどのお小遣い稼ぎ的な側面が強いものまでさまざまです。
お金がたくさん欲しいのか、楽しく働きたいのか、日々の節約がしたいのか。
自分が求めるものにあわせて、どのバイトをしたらいいのか選べるといいですね。
いずれも登録するだけで案件が回ってくるものなので、とりあえず登録だけでもしてみてはいかがでしょうか?]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です