海外で携帯を使うのに必要な設定とは?

3 min
コラム

海外で旅行などに出かけた際に、携帯を使う場面があると思います。

当然、そのまま利用してしまうと多額の請求をされることになります。

そうならないようにこの記事では必要な設定などを紹介しつつ、おすすめの契約なども紹介します。

高額請求に気をつけよう

出典:写真AC

「国際ローミング」とは、日本の携帯電話会社(キャリア)が海外のキャリアと提携することにより、海外にいても、日本国内と同じように携帯電話が使えるサービスのことです。

高額請求がされるのは、国際ローミングと覚えておきましょう。

ただし、提携していない現地キャリアと繋がった場合には、高額請求のおそれがあります。利用しないなら「モバイルデータ通信」を常にオフにし、利用するなら「海外パケット定額」の準備をしておきましょう。

アプリの自動更新をOFFにする

スマホの設定で、「アプリの自動更新」をオンにしておくと、知らない間に大量のデータをやり取りしてしまう可能性があります。

急ぐものでなければ、アプリの更新は帰国してから行えば問題ないでしょう。
海外旅行中に自動更新されない設定にしておきましょう。

iphoneの設定

  1. 「設定」アプリを開き、「iTunes&AppSotre」をタップする。
  2. 「自動ダウンロード」に表示されているすべての項目をオフにする。
  3.  

androidの設定

  1. 「Playストア」アプリを開き、左上のメニューボタンをタップ。
  2. 「設定」を選び、「アプリの自動更新」をタップする。
  3. 「アプリを自動更新しない」をタップで選ぶ。「Wi-Fi接続時のみアプリを自動更新する」でもよい。
  4.  

その他の設定

クラウドサービスのように、データが更新されるたびにデータの送受信を行うサービスも、同期の設定を「Wi-Fiと接続したときのみ同期」などに変更しておきましょう。「設定」画面上で設定変更が可能です。

海外で携帯を使う方法

出典:写真AC

海外で携帯を使いたい!といった場合にどのようにすればいいのかを紹介します。主に携帯会社の各プランを契約することになります。

海外用のWIFIをレンタルする

モバイルWi-Fiとは、携帯できるタイプのWi-Fiルーター(機器)のことです。

渡航国で使えるように設定されたモバイルWi-Fiを貸し出すサービスで、1日単位の定額制でレンタルできるのが特徴です。

この海外用モバイルWi-Fiをレンタルするのであれば、事前にネットなどで申し込んでおきましょう。出発当日に、指定した空港で受け取ることができます。

海外パケットを契約する

NTTドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアのユーザーであれば、国際ローミングを使えば、海外でも音声通話、メールやLINEなどのネット接続が必要なサービスを日本と同じように利用できます。

国際ローミングを使うなら、「海外パケット定額」の利用をおすすめします。1日(24時間)あたりの使用料金の上限がありますので、安心して利用することができます。

2016年4月現在、ちなみに3大キャリア以外のMVNO(いわゆる格安SIM)のうち、海外での音声ローミングが可能なものはあるが、海外でモバイルデータローミングができるサービスはない。

各キャリアが、「海外パケット定額」サービスを用意しているが、NTTドコモの「パケットパック海外オプション」は、申し込みが必要になります。

また3大キャリアは、海外パケット定額利用者のためのアプリを用意しており、このアプリを使うことで、提携現地キャリアと接続することができるので、事前にダウンロードしておくのをおすすめします。

このように準備しておけば、あとは現地到着後、提携キャリアからSMSメッセージが届き次第、利用可能となります。

キャリア

サービス名 申し込み 対応アプリ 対応OS

NTT

docomo

パケットパック海外オプション 必要

ドコモ

海外利用

iPhone、Android
海外パケ・ホーダイ 不要

ドコモ

海外利用

iPhone、Android

au

海外ダブル定額 不要

GLOBAL

PASSPORT

iPhone、Android
海外ダブル定額 不要 世界データ定額 iPhone、Android

SoftBank

海外パケットし放題 不要

海外パケットし放題

iPhone、Android

料金をなるべく抑えるには?

出典:写真AC

海外で携帯を使う場合、なるべく料金を抑えたいと誰もが思います。

そんな方に以下のことを紹介します。

無料WI-FIスポットを探す

普段から日本でも無料wi-fiスポットを利用している方もいます。

無料Wi-Fiとは、ホテル、カフェ、ショッピングモール、駅などに設置されたWi-Fiルーターを施設利用者に対して、無料で開放しているサービスのことです。

ネットが自由に使えない旅先で、フリーWi-Fiのスポットを検索するのは大変なので、出発前に自分の行動範囲の中にあるかどうか、調べておく事をおすすめします。

ただし、パスワードをホテルやカフェのスタッフに聞く必要や、現地語での設定が必要な場合があり、別途Wi-Fi利用に料金が発生することもあります。
また、セキュリティ上の懸念があることも気をつけておきましょう。

モバイル通信をOFFにする

「モバイルデータ通信」の設定をオンにしていると、海外で、自動的に現地の携帯電話回線につながってしまい、データの送受信が行われて高額請求につながるおそれがあります。

自動的にデータのやり取りが行われないように、まずは飛行機に乗り込む前に、「モバイルデータ通信」と「データローミング」をオフにしておきましょう。
こうしておけば、現地でWi-Fiには接続しても、携帯電話回線には接続しないので、高額請求のおそれを回避できます。

なお、キャリアの海外パケット定額を利用する際には、「モバイルデータ通信」「データローミング」ともにオンにしておく必要があり、現地SIMを利用する場合には、「モバイルデータ通信」をオンにする必要があります。

執筆日:2019/06/27

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です