海外旅行にwifiは持っていくべき?

4 min
コラム

現代の日本人は、インターネットが普及していることが当たり前の生活を送っています。

そのような中で生活していると、非日常への旅立ちとなる海外旅行のわずかな期間においてもインターネットを利用できない事でフラストレーションをためてしまうということもよくあります。

このような事態を回避するためには、海外旅行の際にもポータブルWi-Fiを持参するという人が増えているようです。

果たして海外旅行に赴く人は確実にポータブルWi-Fiを持参していくべきなのでしょうか。

この記事では海外旅行にはポータブルWi-Fiを持参していくべきか、またその理由についてご紹介します。

そもそも海外旅行用ポータブルWi-Fiとは

そもそも海外旅行用ポータブルWi-Fiとは-h2
出典元:123RF

そもそも海外旅行の際に持っていくことができるポータブルWi-Fiとはどのようなものなのでしょうか。

最近ではテレビCMや海外旅行のパンフレットなどでもよく見かけるのですが、これを利用することでどのようなサービスを受けることができるのでしょうか。

テレビCMでお馴染みのイモトのWi-Fiはこちら

海外旅行用ポータブルWi-Fiの概要

海外旅行用ポータブルWi-Fiは、国外のインターネット回線を引き込んで自分の利用している端末でインターネットが接続できるようにすることができるポケットWi-Fiルーターです。

多くの場合、このポケットWi-Fiルーターを購入するのではなく、海外旅行や海外出張の期間だけ借りることになります。

海外旅行用ポータブルWi-Fiの料金は、国と期間で決まる

海外旅行用ポータブルWi-Fiのレンタル料金は主に、旅行先の国や旅行期間の長さによって変わってきます。

先進国のように日本と同じような4G回線が普及しているところでは値段が高く、後進国のように3G回線のみが普及している国では値段が安く設定されます。

海外旅行用ポータブルWi-Fiの料金は使い放題プランでない

日本の国内と同じように動画を好きなだけ楽しむという利用方法ではなく、主にレストランやホテル、観光地の情報をテキストベースでその場で仕入れたり、海外の町をスマートフォンの地図アプリを使用しながら歩いたりして利用するのに十分な容量と立っています。

海外旅行用ポータブルWi-Fiの入手方法

海外旅行用ポータブルWi-Fiはどのように借りることができるのでしょうか。

最もポピュラーなのが国際空港の出発ターミナルなどでレンタルすることです。

ここでは担当のスタッフに説明を聞きながら、自分に最適なプランで契約をして海外旅行用ポータブルWi-Fiをレンタルすることができます。

事前に海外旅行用ポータブルWi-Fiのレンタルする

一方で最近では空港での時間を有効に使いたいということから、旅行の計画がある程度定まっているタイミングで、事前に海外旅行用ポータブルWi-Fiのレンタルをインターネット上で行えます

申込を済ませることが出来れば数日のうちに自宅に郵送されてくるので、出発の当日に出発ロビーで飛行機の時間を気にしながら海外旅行用ポータブルWi-Fiを借りるという手間を減らすことができます。

普段使っているスマートフォンは使えないの?

ここで一つの疑問が生じます。

普段使用しているスマートフォンは、海外旅行先でも同じように使えないのでしょうか。

もちろん設定と契約次第で使用することができます

大手キャリアの場合であればスマートフォンの設定からデータローミングの使用を許可すれば、現地のインターネットに接続することができます。

データローミングを利用すると高額請求の恐れも

ここで注意が必要なのが、データローミングを利用してインターネットに接続した場合には1日3,000円程度の追加料金を請求されます

これは日本国内で定額制プランに申し込んでいたとしても、請求されることになります。

旅行日数が少ない場合にはそれで対応してしまっても問題ありませんが、海外旅行用ポータブルWi-Fiはこの金額よりも低コストで借りることができます。

海外旅行用ポータブルWi-Fiをレンタルせずにスマートフォンの設定で乗り切るかどうかは、懐次第ということになります。

海外旅行用ポータブルWi-Fiのメリット

海外旅行用ポータブルWi-Fiをレンタルして海外旅行に行くのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは海外旅行用ポータブルWi-Fiをレンタルすることのメリットについてご紹介します。

高いセキュリティのインターネットを利用できる

海外旅行用ポータブルWi-Fiであれば、セキュリティの安全が確立されたところでインターネットを接続することができます。

フリーWi-Fiはセキュリティに難点あり

海外旅行用ポータブルWi-Fiを持参せずに海外旅行先でインターネットを利用しようと思った時に活用することができるのが、ホテルやレストランなど公共の施設に備え付けられているフリーWi-Fiです。

フリーWi-Fiでは、お金を支払うことなくインターネットをすることができます。

誰でも使えるという性質上、その通信内容を盗み見られてしまうというリスクもあります。

設定を日本語でできる

海外旅行用ポータブルWi-Fiは日本で借りる場合には日本人向けにセットアップされています。

しかも空港などで担当スタッフがいる前で借りることができれば、その操作方法についてもその場で日本語で教えてもらうことができます。

フリーWi-Fiは現地の言葉で操作が必須

一方で海外旅行先のフリーWi-Fiでは、その接続方法に関して現地の言葉で理解して必要な操作を行わなければなりません。

海外旅行先でもインターネット接続を確保できるという観点からも、海外旅行用ポータブルWi-Fiは持参することにメリットがあります。

海外旅行用ポータブルWi-Fiのデメリット

当然ながら海外旅行用ポータブルWi-Fiを持ち歩くことのデメリットも存在します。

日本と違って使い放題じゃない

多くの海外旅行用ポータブルWi-Fiは、データ定額制を採用していません

所定の通信量を使い終わった後は、低速な通信しか提供されません。

海外旅行用ポータブルWi-Fiをレンタルする際にあらかじめ大きな通信容量を可能にするプランで契約するか、旅行の日数から逆算して1日に使って良い通信量を自分で決めると言った対策が必要となります。

海外旅行用Wi-Fiは常に持ち歩かないといけない

海外旅行用ポータブルWi-Fiでインターネット環境を構築するということは、常に海外旅行用ポータブルWi-Fiを持ち歩かなければなりません

加えて多くの海外旅行先では日本と違って治安がそこまで良くありません。

したがって高価な電子製品とみられる海外旅行用ポータブルWi-Fiはともすれば、スリや盗難の被害に遭う可能性もあります。

ただでさえ不慣れな環境で不慣れなことをすると失敗が多く引き落とされるのもまた事実です。

海外旅行でも快適なWi-Fi環境を整えよう

海外旅行でも快適なWi-Fi環境を整えよう-h2
出典元:123RF

海外旅行用ポータブルWi-Fiをレンタルすれば、海外旅行先でも地図を見たり、SNSに写真をアップロードしたりするぐらいのことは日本にいる時と同じようにすることができます。

せっかくの海外旅行なのですからインターネット環境で不自由したくないという人は、是非とも海外旅行用ポータブルWi-Fiをレンタルすることをお勧めします。

執筆日:2019/06/26

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です