海外でのワイファイの使い方!レンタルワイファイのおすすめも紹介!

7 min
コラム

旅行、仕事などで海外に行く時には「ネット環境ってどうなるの?」と疑問に思いますよね。

こちらの記事では、海外で使えるレンタルワイファイについてまとめてあります。

海外旅行でワイファイ(wi-fi)を使用するときに便利なレンタルワイファイとは

海外でのワイファイの使い方!レンタルワイファイのおすすめも紹介!-h2
出典元:123RF

海外で使えるレンタルワイファイとはどういうものなのかを確認していきましょう。

そもそも普段使っているポケットワイファイは使えないの?

現在国内で使用しているワイファイはそのまま海外で使えないのでしょうか?

Yモバイル、WiMAX、ドコモ、au、ソフトバンクが提供しているワイファイを見ますと、WiMAX以外は「国際ローミングサービス」を利用すれば、海外でも使えます。

ただ、その代わりに使用料金が高めになってしまいます。定額サービスもありますが、どのキャリアも大体1日に2,500円以上になってしまいます。

普段使っているポケットワイファイを、そのまま海外で利用するのはあまりオススメではありません。

海外でも!ワイファイがあるとできること

基本的にワイファイがあれば、海外であってもLINE、インスタなどのSNS、アプリの通話、gmailなどのメールのやり取りは可能になります。

「ホテル、空港や公共の場にあるワイファイを使うから大丈夫」と考えている方も多いとは思います。しかし、海外のワイファイは日本とは違って、セキュリティーが甘くなっています。

また、例えば中国のようなネット規制がある国だと、公共のワイファイではLINEやメールが使えない場合もあります。

レンタルワイファイがあれば、ネットの制限もかけられないし、セキュリティーの面でも安心と言えます。

あると便利!レンタルワイファイとは

レンタルワイファイとはその名の通り、海外で使えるポケットワイファイを海外にいる間だけレンタルすることです。

受け取りや、返却については郵送はもちろん、空港での受け渡しも可能となっております。

「イモトのWi-Fi」「GLOBAL Wi-Fi」など主要なレンタルワイファイであれば、南北アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニア、中東アフリカの地域で200カ国近くに対応しています。

旅行で行くような国にはほぼ対応していると言えるでしょう。

レンタルワイファイの料金・容量

1日で使えるデータ通信容量によっても値段は変わりますが、ここでは一般的な使用量である500MBで値段を見てみましょう。

いくつかの国を周遊するプランの相場は大体1,500円/1日で、1カ国でしか使わないプランの場合は大体1,000円/1日が相場となっております。

ヨーロッパであれば少し値段が上がり、1日あたり上記の値段に500円程度がプラスになります。

500MBという容量は、メールの送受信5,000回、LINEのやり取りだと約1万通、インスタグラムだと約250回の投稿ができる量になります。

動画を見るためには無制限プランが必要になるでしょうが、500MBあれば通常の利用であれば問題なくできそうですよね。

いつどこで手続きできるの?

レンタルワイファイの申し込みについては、基本的にWEBからの申し込みになります。受け取りは、ポケットワイファイを自宅まで郵送してもらうか、もしくは空港の窓口で受け取るかを選ぶことができます。

現地にてポケットワイファイの電源を入れて、スマホとつなげればそのまま利用可能です。

返却についても、受け取りと同じで空港での引き渡しか郵送での返却になります。

手続き内容・時間

手続きとしましては、まずレンタル会社のホームページにて会員登録をします。

申し込みに進み、出発日、帰国日、行き先、プラン、受け取り返却方法、保障プラン、決済方法などを選択します。

決済方法は基本的にクレジット決済なのですが、銀行、コンビニ決済も可能になります。

以上で申し込みは完了となり、すべての手順を合わせても時間は5分~10分程度で申し込みを済ますことができます。

何人まで使える?

持ち運べるタイプのワイファイであれば、1台でだいたい5人まで同時に繋げられるようになっています。

しかし、複数人で一度に繋げると、電池の消耗が激しくなったり、通信速度が遅くなる可能性も出てきます。また、ワイファイの近くにいないといけないので、行き先を分けたりもできませんよね。

もちろんレンタルする台数を少なくする方が費用的には安くできますが、利用人数や使い勝手を考えてレンタルする台数を決めた方が賢明だと言えます。

海外用レンタルワイファイがおすすめなのはこんな人!

仕事であっても、観光で海外に行く場合であっても「1日に数件程度のメールのやり取りさえできれば良い」という方以外は基本的にレンタルワイファイをお持ちになることをオススメします。

公共のワイファイも利用可能ではありますが、セキュリティーは脆弱だし、場所の制限も受けます。

旅行中は写真を撮ってSNSにアップしたいし、友達や仕事仲間にも適宜連絡ができた方が便利ですよね。

海外用レンタルワイファイが必要ない人

海外でのワイファイの使い方!レンタルワイファイのおすすめも紹介!-h2
出典元:123RF

もちろん、レンタルワイファイがすべての人に必要というわけではありません。

こちらではレンタルワイファイが必要ではない人について見ていきましょう。

FreeWi-Fiスポットだけのネット利用でも大丈夫な人

海外でFreeWi-Fi使える場所は、スタバなどのチェーン展開をしているカフェ、ファミレス、宿泊先のホテル、空港のラウンジなどが挙げられます。

ただ、旅行先の国によっても、また同じ国、地域であっても場所によってFreeWi-Fiの数が極端に少なかったりすることもあります。

また、ホテルも安宿であったりするとWi-Fi環境が整っていない場合もあります。

現地のFreeWi-Fiだけでネット環境を確保しようと考えている方は、あらかじめ行き先とホテルのFreeWi-Fiの状況を確認するように注意しましょう。

長期滞在する人

数日間の滞在であれば、レンタルWi-Fiが料金的にはお得なのですが、数週間~数か月単位となると割高になってしまいます。

そこで安く済ませる方法が現地キャリアの「SIM」を利用することです。

レンタルワイファイの定額プランを利用しても一か月で一万五千円、地域によっては三万円近くかかってしまうのを、SIMを利用すれば数千円に抑えることができます。

SIMフリーのスマホを準備することや、SIMを手に入れるという手間と、通信速度ではレンタルWi-Fiには劣ってはしまいますが、「海外出張が多い方」「長期滞在する方」はSIMを使う方が料金的にはお得だと言えます。

海外SIMについてはこちらをご覧ください。

海外SIMでお得にスマホを使うには?おすすめSIM5選

おすすめの海外用レンタルワイファイ3

海外でのワイファイの使い方!レンタルワイファイのおすすめも紹介!-h2
出典元:123RF

レンタルワイファイとひとえに言っても、いくつかの種類があります。

どれを選べばいいのか悩んでいる方のために、こちらではおすすめする海外用レンタルワイファイを3つ紹介していきます。

イモトのWiFi

海外でのワイファイの使い方!レンタルワイファイのおすすめも紹介!-h3
出典元:イモトのWiFi

料金

容量 ヨーロッパ周遊 アジア周遊 香港・マカオ周遊 北米・ハワイ周遊 世界周遊
500MB/1日

1,880円(4G)

1,280円(3G)

1,580円(4G) 1,280(4G) 1,680円(4G)

1,580円(3G)

※400MB/3日

1GB/1日 2,080円(4G) 1,880円(4G) 1,580円(4G) 1,980円(4G)
無制限 2,580円(4G)

※値段は1日あたりのものになります。

イモトのWiFiには早割があり、30日前で10%、40日前で15%、60日前で20%が上記の値段から割引できます。

利用可能国

ハワイ・グアム・サイパン、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中東、オセアニア、アフリカ各地域で利用可能となっております。

細かい利用可能国はこちらでご確認ください。

イモトのWiFi利用可能国

受け取り・返却

空港での受け取り、郵送ともに手数料として500円がかかります。

受け取り、返却ができる空港は、成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港の7つになります。

サポート・保険

万一の盗難・紛失・損傷などによる弁償代金の100%を補償+イモトのWiFi以外の旅行保険も兼ねた、あんしんパックプラス(500円/1日)、弁償代金100%補償のあんしんパックフル(300円/1日)、弁償代金80%補償のあんしんパック(200円/1日)といったサポートがあります。

申し込み方法

申し込み手順は以下のようになります。

  1. イモトのWiFiのホームページにて新規会員登録をする
  2. 料金プラン(行き先、期間、受け取り方法、通信容量、オプションなど)を入力する
  3. クレジット決済、Amazon Pay、コンビニ後払いかを選択して決済を済ませる

イモトのWiFiホームページ

どういう方におすすめなのか?

イモトのWiFiはCMでもなじみがあり、認知度は高いものとなっています。その分、ブランド、信頼感があると言えるでしょう。

また60日前の申し込みであれば20%の割引があり、30日の長期利用であれば最大で40%の割引があるのも魅力です。

信頼のあるワイファイを使いたいという方、長期滞在をする予定がある方におすすめです。

GLOBAL WiFi

 

海外でのワイファイの使い方!レンタルワイファイのおすすめも紹介!-h3
出典元:GLOBAL WiFi

料金

容量 ヨーロッパ周遊 アジア周遊 アメリカ周遊
300MB/1日

1,380円(3G)

1,680円(4G)

1,380円(3G)

1,680円(4G)

1,170円(4G)
600MB1日

1,480円(3G)

1,880円(4G)

1,580円(3G)

1,780円(4G)

1,470円(4G)
1.1GB/1日 2,080円(4G) 1,980円4G) 1,670円(4G)
無制限 2,780円(4G) 2,680円(4G) 2,370円(4G)

※値段は1日あたりのものになります。

※世界周遊は選択したプランによって値段は変動します(1,980円のものと2,980円のものがあります)

GLOBAL WiFiには早割があり、受け取りの場所にもよりますが3〜4日前のネット申し込みで上記の値段より1日200円の割引があります。

利用可能国

ハワイ・グアム・サイパン、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中東、オセアニア、アフリカ各地域で利用可能となっております。

細かい利用可能国はこちらでご確認ください。

GLOBAL WiFiの利用可能国

受け取り・返却

空港での受け取り、郵送ともに手数料として500円がかかります。

受け取り、返却ができる空港は、成田空港、羽田空港、新潟空港、小松空港、関西国際空港、中部国際空港、伊丹空港、静岡空港、新千歳空港、旭川空港、仙台空港、福岡空港、北九州空港、大分空港、宮崎空港、鹿児島空港、那覇空港、みやこ下地島空港の18の空港となります。

サポート・保険

万一の盗難・紛失・損傷などによる弁償代金の100%を補償+GLOBAL WiFi以外の旅行保険も兼ねた安心補償パックMAX(500円/1日)、弁償代金100%補償の安心補償パックフル(300円/1日)、弁償代金80%補償の安心補償パックミニ(200円/1日)といったサポートがあります。

申し込み方法

申し込み手順は以下のようになります。

  1. GLOBAL WiFiのホームページにて新規会員登録をする
  2. 料金プラン(行き先、期間、受け取り方法、通信容量、オプションなど)を入力する
  3. クレジット決済、コンビニ後払いかを選択して決済を済ませる

GLOBAL WiFiのホームページ

どういう方におすすめなのか?

GLOBAL WiFiの強みは何と言っても、受け取りができる空港が多いところです。

郵送でも受け取れますが、空港で受け取れる方が持ってくるのを忘れたという事態を避けられますよね。

地方に住んでいる方、特に北海道、東北、沖縄方面に住んでいる方とってはありがたいワイファイとなっています。

Wi-Ho

海外でのワイファイの使い方!レンタルワイファイのおすすめも紹介!-h3
出典元:Wi-Ho

料金

容量 ヨーロッパ周遊(4G/3G) アジア周遊(4G) 世界周遊(4G/3G)
300MB/1日 1,180円 980円 1,380円
500MB/1日 1,480円 1,280円 1,680円
1GB/1日 1,680円 1,580円 1,880円
無制限 2,680円 2,580円 2,980円

※値段は1日あたりのものになります。

利用可能国

ハワイ・グアム・サイパン、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中東、オセアニア、アフリカ各地域で利用可能となっております。

細かい利用可能国はこちらでご確認ください。

Wi-Hoの利用可能国

受け取り・返却

空港での受け取り、郵送ともに手数料とともに500円がかかります。

受け取り、返却ができる空港は、成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、松山空港、福岡空港、新千歳空港の7つになります。

サポート・保険

Wi-Fiレンタル品の弁償代金を100%補償+Wi-Ho以外の旅行保険も兼ねたあんしん保証プレミアム(500円/1日)、Wi-Fiレンタル品の弁償代金を100%補償するあんしん保証(300円/1日)といったサポートがあります。

申し込み方法

申し込み手順は以下のようになります。

  1. Wi-Hoのホームページにて新規会員登録をする
  2. 料金プラン(行き先、期間、受け取り方法、通信容量、オプションなど)を入力する
  3. クレジット決済、Amazon Pay、コンビニ後払いかを選択して決済を済ませる

Wi-Hoのホームページ

どういう方におすすめなのか?

Wi-Hoの特徴は利用料金の安さにあります。

特にアジア圏の旅行では他のワイファイと比べても格段に安く利用することができます。

受け取りができる空港が少ないという欠点はありますが、とにかくワイファイ代を浮かせたいという方におすすめです。

記事内の情報は2019/09/10時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です