今更聞けない!マイル・マイレージとは何か、について徹底解説

6 min
懸賞・ポイ活

 『マイレージ』というポイントプログラムの単位が『マイル』で、フライトやショッピングでマイルが貯まります。

日本国内では『ANA』『JAL』が便利ですが、『ユナイテッド航空』のマイルは実質無期限でマイルを貯められるのでお得です。

マイル・マイレージとは

マイル・マイレージとは
出典元:123RF

航空関連のトピックにおいて『マイル』や『マイレージ』という単語が出てくることがあります。まずは、これらの意味について解説します。

今更だけどマイル・マイレージって何?

『マイル』や『マイレージ』という単語が使われるようになり、相応の時間が経過しています。

「今更、マイルやマイレージの意味なんて誰にも聞けない!」という人も多いはずです。

まずは、それぞれの意味について簡単に理解しておきましょう。

マイルとは

『マイル』とは、世界中の航空会社が提供しているポイントプログラムの、ポイントの単位として使われている言葉です。

例えば「○○によって△マイル貯まる」といった感じで、ポイントと同じ意味で考えてよいでしょう。

元々、マイルとは距離を表す単語であり、1マイル=約1.6㎞です。

マイレージとは

『マイレージ』とは、航空会社が提供しているポイントプログラムのことです。

航空会社が提示するアクションに応じてマイルをポイントとして付与され、貯まったマイルを消費することによってサービスを利用できます。

マイレージの元々の意味は『マイル(距離の単位)で測る距離』のことです。 

どんな時にマイルが貯まるの?

マイルは、マイレージプログラムを提供している航空会社が指定するアクションによって貯めることができます。

一般的に『フライト』と『ショッピング』が対象であり、例えば『ANA』の場合だと以下の条件などでマイルが貯まります。

  • ANA国内線の利用
  • ANA国際線の利用
  • 提携航空会社の利用
  • ANA国内ツアーの利用
  • 指定ホテルの利用
  • 指定ショップでのショッピング
  • 提携ポイントプログラムからの移行、など
  •  

貯まったマイルの利用方法

貯まったマイルは、同じ航空会社のマイレージプログラムが指定するサービスに利用できます。

一般的には『航空券との交換』『その他の商品・サービスとの交換』であり、ANAの場合だと以下の交換対象があります。

  • ANA国内線特典航空券
  • ANA国際線特典航空券
  • 提携航空会社特典航空券
  • 指定商品やサービスとの交換
  • 指定ショップでの支払い
  • 寄付や支援
  • 提携ポイントプログラムへの移行、など
  •  

マイルに有効期限はある?

マイルには有効期限があり、ANAの場合だとその付与から36か月後の月末が有効期限として設定されています(ANA、JALともに同じ条件)。

例えば、2019年10月3日に付与されたマイルであれば、2022年10月31日までが有効期限となります。

飛行機にはたまにしか乗らないけど意味がない?

マイルを貯めるアクションの代名詞は『フライトの利用』ですが、では、『たまにしか飛行機に乗らない人』はマイルを貯める意味があるのでしょうか。

答えは『イエス』です。

マイルを貯めること自体にコストはかからず(運賃の支払い等は必要ですが)、飛行機の利用以外でも貯められるので、マイレージに入会しないのは単純に損なのです。

マイレージカードの作り方

マイレージカードの作り方
出典元:123RF

次に、マイルを貯めるために必要な『マイレージカード』について解説します。

マイルを貯めるにはカードを作ろう!

マイルを貯めるためには専用のカードが必要です。

マイルを貯められるカードにはいくつか種類があり、マイルを貯めるだけのタイプや電子マネー機能付き、クレジットカード機能付きなど、さまざまなタイプがあります。

作りたいカードの種類によって年齢制限等の条件が異なるので注意が必要です。 

どこで入会できる?

マイルを貯めるカードには、いくつかの作成方法があります。

一般的には『ネット上で』あるいは『空港で』入会することが可能です。

詳しくは、マイレージプログラムの公式サイトに掲載されていますので確認してください。

入会に必要な手続き

マイルを貯めるためには、所定の入会手続きが必要です。

必要なもの

マイレージプログラムの入会自体には、書類等は必要ありません。

ただし、クレジットカード付きのマイルカードを作成する場合には本人確認書類やキャッシュカードなどを必要とします。

詳しくは各カードの申し込み画面で確認してください。 

登録情報

ANAの場合、以下のページにアクセスし、必要情報を入力して入会手続きを行います。

ANAマイレージクラブ入会のご案内

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 作成するカードの種類
  • 住所 電話番号(携帯電話の番号は任意)
  • 勤め先の情報(任意)
  • メールアドレス
  • 希望パスワード 
  •  

発行にかかる時間

手続き後、マイルカードが手元に届くまでには通常3~4週間程度かかるとされています。

そのため、旅行などでマイレージへの申し込みを行う場合、その日程の1~2か月前までに余裕をもって手続きしておくことをおすすめします。

ただし、3週間以上経過しないと絶対に届かないというわけではなく、中には10日ほどで届いたという話もあります。

マイレージプログラムの種類は?おすすめの3社

マイレージプログラムの種類は?おすすめの3社
出典元:123RF

現在、国内では2社の航空会社がマイレージプログラムを提供しています。

海外にもマイル関連のサービスを提供している航空会社がありますので、今回は国内の2社と海外の1社が提供しているマイレージプログラムについて紹介します。

1.利用するほど上位ランクに『ANAマイレージクラブ』

後述する『JALマイレージバンク』に次ぐ会員数を持つ、ANAが提供するマイレージプログラムです。

年間の登場実績に応じて『ブロンズ』『プラチナ』『ダイヤモンド』のステイタスがよういされており、ANAのフライトをより充実したものに変えてくれます。

『ヅターアライアンス』に加盟しており、10以上の航空会社ともマイレージ提携を結んでいます。

  • 入会費:無料
  • 年会費:無料
  • マイル付与条件:フライトの利用、カードショッピング、提携ポイントからの移行 
  •  

ポイント付与

国内線フライトマイレージの場合、搭乗区間の基本マイレージに搭乗時の運賃種別ごとに所定の積算率をかけたマイル数が積算されます。

国際線フライトマイルの場合は、搭乗した区間の基本マイレージと利用した予約クラスごとに所定の積算率をかけて算出されてマイルが積算されます。

他にも、対象となるツアーやホテルの予約や、対象ショップでのANAカードを使ってのショッピングなどで、その方法や決済金額に応じたマイルが付与されます。 

ポイント利用

貯まったマイルは、ANAの特典航空券と交換することができます。

国内線は片道5000マイルから、国際線は往復12000マイルから交換可能です。

また、マイルを使用することで航空券のアップグレード(エコノミー→ビジネス→ファースト)もできます。

他にも提携ポイントへの交換や商品・サービスとの交換も用意されています。 

キャッチ

ANA国内線・国際線やスターアライアンス加盟航空会社のフライトを利用する人は、ANAマイレージクラブでマイルを貯めやすいです。

また、年間の登場実績に応じて『ブロンズ』などのステイタスが用意されており、ステイタスに応じてフライトや航空券の予約の利便性を向上させたり、マイルの期間が延長(通常は約36か月間)したりさまざまなサービスを利用できるなどの特典が用意されています。

2.国内最大級の会員数『JALマイレージバンク』

国内で最大級の会員数を持つ、JALのマイレージプログラムです。

入会金・年会費無料のスタンダードな『JMBカード』だけでなく、海外での利便性が高い『JALグローバルウォレット』、クレジット機能付きの『JALカード』を選ぶことができます。

JALは航空会社連合『ワンワールド』に加盟している航空会社で、『アメリカン空港』『ブリティッシュエアウェイズ』などが加盟しています。

  • 入会費:無料
  • 年会費:無料
  • マイル付与条件:フライトの利用、カードショッピング、提携ポイントからの移行 
  •  

ポイント付与

JALグループの国内線や国際線だけでなく、ワンワールド加盟航空会社とJMB提携航空会社のフライトの利用でも対象となる予約クラスと区間の利用でマイルを貯めることができます。

搭乗した区間に定められた区間マイルと、利用運賃に対応したマイル積算率から付与されるマイルが算出されます。

その他、宿泊やツアー、ショッピングでも、決済金額や利用サービスなどに応じてマイルを貯められます。

ポイント利用

JALマイレージバンクで貯めたマイルは、JALが提供する特典航空券と交換することができます。

国内線は片道6000マイルから、国際線は片道7500マイルから、提携航空会社の航空券も12000マイルから交換できます。

他にも、提携ポイントへの交換や商品・サービスとの交換も用意されています。余ったマイルはチャリティへの寄付にも利用できます。

キャッチ

その規模の大きさゆえに、数多くのキャンペーンを実施しています。

提携ショップや提携ポイントが多く、貯まったマイルをさまざまな特典と交換することができる利便性があります。

今後も提携サービスや交換先が増えることが期待できるため、今は希望する交換先が無かったとしてもJALのフライトを頻繁に利用するのであれば入会しておいて損はしないでしょう。

イオングループの店舗を利用するのであれば『WAON』関連サービスも魅力です。

3.世界最大級の航空会社のマイレージプログラム『マイレージ・プラス』

2010年以降の数度の合併により、世界最大級の航空会社となった「ユナイテッド航空」が提供するマイレージプログラムです。

ユナイテッド航空は『スターアライアンス』に加盟しているため、ANAなどの加盟航空会社とのサービス連携も利用できます。

アメリカ国内だけでなく、日本でも『セゾンカード』『UCカード』などの提携クレジットカードが用意されています。

  • 入会費:無料
  • 年会費:無料
  • マイル付与条件:フライトの利用、カードショッピング、提携ポイントからの移行 
  •  

ポイント付与

マイレージ・プラスは、『ユナイテッド航空』または『ユナイテッド・エクスプレス』の利用で一気にマイルを貯められるとされています。

利用する路線により、運賃や飛行距離に応じたマイルが付与されます。

ほかにも、提携ホテルへの宿泊や対象交通機関の利用、提携クレジットカードを利用した決済に応じてマイルが付与されます。

また、マイレージ・プラスでは2000マイル以上を1000マイルにつき35.00ドルで購入することもできます。

ポイント利用

マイレージ・プラスで貯まったマイルは、ユナイテッド航空や提携航空会社のフライトの購入に充てることができます。

また、プレミアムキャビンへのアップグレードにもマイルを利用できます。

国内最大級の通販サイト『楽天市場』の『楽天スーパーポイント』への交換も可能です。その他のポイント等への移行や、寄付にもマイルを利用できます。

キャッチ

ユナイテッド航空では、取得マイルと利用区間に応じて『プレミアムシルバー』から『プレミアム1K』までの4つの上位ランクが用意されています。

ネット上では、上位ランクを獲得しやすいと評判です。

取得ランクに応じてユナイテッド航空や提携サービスの利便性が上がるので、ユナイテッド航空を利用する機会の多い人にとってお得なマイレージプログラムだといえます。

また、マイルの有効期限は18ヶ月となっていますが、期間内にマイルの付与があれば延長されるため、実質的に有効期限が無期限のマイルだといえるのです。

以下の記事でもマイルについて詳しく解説しています。ETCとマイルの関連性がよくわかる記事ですので、ぜひご覧ください。

マイレージサービスの登録方法やポイントルールを徹底解説!

執筆日:2019/06/04

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です