2019年のおすすめポイントサイトはこれ!マイルを貯めよう!

4 min
懸賞・ポイ活

ポイントサイトは、貯まったポイントを現金や商品券などに交換できるお得なサービスです。

ちょっとした隙間時間にお小遣い稼ぎができることもあり、主婦の方を始め多くの方が利用しています。

しかし、ポイントサイトを使ったことがない方にとって「本当に換金できるの?」「なんか怪しくない?」などの疑問が湧くのも事実。

そこで当記事では、2019年におすすめのポイントサイトを徹底解説していきます。マイルに交換できるポイントサイトが気になる方も参考にしてください。

ポイントサイトとは?選び方も大切!

ポイントサイトとは?選び方も大切!-h2.jpg
出典元:写真AC

ポイントサイトを利用したことがない方にとって、具体的にどのようなことができるのか気になるものです。

まずはポイントサイトの基礎知識や、おすすめの選び方を解説していきます。

ポイントサイトとは

獲得ポイントが一定に達すると、現金や商品など様々なサービスに交換できる点がポイントサイトの特徴です。

一般的に1ポイント1円分の価値があり、300円程で交換できる優良ポイントサイトもあります。

もちろんポイントサイトの利用者が支払うお金は1円もなく、完全無料でお小遣い稼ぎができるのです。

ポイントサイトのおすすめな選び方3選

ポイントサイトは完全無料で利用できるため、複数のサイトを利用しているツワモノもいます。

ただ、ポイントサイト初心者の方は、使い勝手に慣れるためにも、まずは1つのサイトを厳選して利用していくのがおすすめです。

そこで鍵を握るのは『ポイントサイトの選び方』になります。10種類以上あるポイントサイトの中から自分に合ったサイトを選ぶためにも、おすすめの選び方を抑えておきましょう。

①交換できる商品数の量で選ぶ

ポイントサイトによって交換できる商品数が異なります。

もちろん相対的な数も大事ですが、換金できる銀行口座の数や電子マネーの数、商品券の数など、比較対象を決めた上でポイントサイト選びをしていく方法がおすすめです。

例えば、『お財布.com』は全国の金融機関で換金できますが、『ポイントタウン』では10の金融機関にしか対応していません。

ポイントサイトによって特色が異なるため、後半で解説する各ポイントサイトの特徴を抑えた選び方をしていきましょう

②ポイント交換のしやすさで選ぶ

ポイントサイトの中には、交換可能ポイントが3,000P~であったり、はたまた数万ポイントを必要とするケースもあります。

大量ポイントを獲得できる案件をこなしていない限り、数万ポイント貯まるまでの道のりは果てしないため、100ポイント~1,000ポイント以内で交換できるポイントサイトがおすすめです。

各ポイントサイトには、最低交換ポイントが記載されていますので、気になるポイントサイトを見つけた際は確認しておきましょう。

③案件の量で選ぶ

クレジットカードの発行や銀行口座の開設などといった大型案件は、どのポイントサイトでも用意されています。

そのため、独自の案件を用意するポイントサイトを選ぶのがおすすめです。

例えば、会員数約360万人を超える『ちょびリッチ』では、毎日10人以上が500円分のポイントを獲得できるサービスを提供しています。

このサービスに応募は必要なく、アカウントを所持しているだけで勝手に当選されるのです。

これは案件というよりも『ちょびリッチ』が身銭を切っているわけですが、やはり何もせずにポイントを獲得できるチャンスがあるのは魅力的です。

他にはない、独自性の高い案件を持つポイントサイトを選んでいきましょう。

2019年におすすめのポイントサイト3選!

2019年におすすめのポイントサイト3選!-h2.jpg
出典元:写真AC

ここからは、2019年におすすめのポイントサイトをご紹介していきます。冒頭で解説した『選び方』を参考に、ご自身に合ったポイントサイトを見つけてください。

①会員数700万人超え!「モッピー」

①会員数700万人超え!「モッピー」-h3.jpg
出典元:モッピー

2005年からサービスを開始した『モッピー』。今や総会員数700万人を超えており、性別問わず幅広い世代の方が利用している人気ポイントサイトです。

まずはモッピーの基本情報を確認していきましょう。

概要 内容
運営会社 株式会社セレス
会員数 約700万人
ポイントレート 1ポイント=1円
最低交換ポイント 300ポイント
ポイント有効期限 最終利用日から6ヵ月
換金先 楽天銀行(手数料105ポイント)

ゆうちょ銀行(手数料65ポイント)

三井住友銀行(手数料30ポイント)

みずほ銀行(手数料147ポイント)

三菱東京UFJ銀行(手数料147ポイント)

ジャパンネット銀行(手数料54ポイント)

GMOあおぞらネット銀行(手数料147ポイント)

セブン銀行(手数料162ポイント)

その他銀行・信用金庫(手数料147ポイント)

PayPal(手数料無料)

【公式】モッピー

モッピーのおすすめポイント

『モッピー』は、300ポイントから商品との交換や換金などに対応しています。

換金の際は換金手数料が発生しますが、ポイントサイトとしては珍しく『PayPal』に対応しています。

PayPalは5万円以上の出金であれば手数料無料となっているため、振込まで日数を要しますが、手数料分のポイントを無駄にしたくない方はPayPalの開設がおすすめです。

【公式】ペイパル

「もう少しモッピーについて知りたい!」という方は、こちらの記事も参考にしてください。

https://life.link-a.net/useful/expertise/179/

②会員数360万人超え!「ちょびリッチ」

②会員数360万人超え!「ちょびリッチ」-h3.png
出典元:ちょびリッチ

2002年よりサービスを開始した『ちょびリッチ』。会員数は360万人を超えており、人気なポイントサイトの1つです。

ちょびリッチは換金について魅力的なポイントがあるため、まずは基本情報を確認していきましょう。

概要 内容
運営会社 株式会社ちょびリッチ
会員数 約360万人
ポイントレート 2ポイント=1円
最低交換ポイント 800ポイント
ポイント有効期限 最終利用日から1年
換金先 pring(手数料0円)

PayPal(手数料0円)

住信SBIネット銀行(手数料0円)

楽天銀行(手数料0円)

ジャパンネット銀行(手数料0円)

ゆうちょ銀行(手数料150円)

その他金融機関(手数料150円)

ちょびリッチのおすすめポイント

ほとんどのポイントサイトでは、換金の際に手数料が発生します。

ところが、『ちょびリッチ』は2つの資金移動サービス+3つの金融機関が手数料無料となっているのです。

また、『Pex』ポイントへの交換が可能となっているため、実質的にマイルを獲得することができます

【公式】ちょびリッチ

③会員数1,000万人以上!「げん玉」

③会員数1000万人以上!「げん玉」-h3.png
出典元:げん玉

2005年よりサービスを開始した『げん玉』は、1,000万人と業界トップクラスの会員数を誇ります。

なぜここまで利用者数が伸び続けているのか、魅力的なポイントを確認していきましょう。

概要 内容
運営会社 株式会社リアルX
会員数 約1,000万人
ポイントレート 10ポイント=1円
最低交換ポイント 3,000ポイント
ポイント有効期限 最終利用日から180日
換金先 ゆうちょ銀行(手数料165円)

三菱東京UFJ銀行(手数料206円)

みずほ銀行(手数料206円)

ジャパンネット銀行(手数料93円)

住信SBIネット銀行(手数料82円)

楽天銀行(175円)

その他金融機関(手数料206円)

げん玉のおすすめポイント

げん玉は100件近くの案件数を用意する業界トップクラスのポイントサイトです。

最大の特徴は利息ポイントが付くこと。年利1%以上(月利0.083%)と利率が高く、保有ポイントに応じて毎月10日に付与されます。

有効期限180日と短いですが、有効期限内に動画視聴やアンケート回答などのサービスを利用していれば問題ありません。

銀行預金よりも利率が高いので、ポイントサイトで得をしたい方におすすめです。

【公式】げん玉

ポイントサイトを活用してお得なライフスタイルを送ろう!

ポイントサイトを活用してお得なライフスタイルを送ろう!-h2.jpg
出典元:写真AC

ポイントサイトを有効活用することで、毎月の生活費を稼ぐことも可能です。中には複数のポイントサイトを活用してお得なライフスタイルを送る方もいます。

ただ、どのサイトにも用意されている案件ばかりをこなしていては、いずれ稼ぎに限界が訪れます。

長期間お得な生活を送るためには、やはり独自性の高い案件を用意するポイントサイトがおすすめです。

そこで話題になっているのが『ポイ活』。具体的な稼ぎ方やメリットなどが気になる方は、こちらの記事も参考にしてください。

https://life.link-a.net/useful/expertise/1490/

記事内の情報は2019/09/15時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です