マイレージプラスとは?お得に利用する方法を徹底解説!

4 min
懸賞・ポイ活

マイルを効率よく貯められることで人気なマイレージプラス。国内の様々なサービスにマイルを交換できるだけでなく、貯め方のレパートリーも豊富です。

せっかくマイレージプラスを利用するのであれば、マイルのお得な貯め方や使い方を知っておくのがおすすめ

そこで当記事では、マイレージプラスをお得に利用する方法を徹底解説していきます。マイルの貯め方や使い方を効率よくしたい方はぜひ参考にしてください。

マイレージプラスとは?

マイレージプラスとは?

マイレージプラスとは、ユナイテッド航空のマイルシステムのことを指しています。旅行や食事など様々なジャンルのサービスを利用することでマイルが貯められるお得なマイルサービスです。

マイレージプラスは誰にでも発券できるマイル構造

ANAやJALなどを含め、多くの航空会社でマイルを航空券に交換することができます。しかし、ANAの特典航空券に関しては二親等までの親族にしか発見できないという決まりがあります。「せっかくマイルを貯めたし家族・親族で旅行に行こう」と思っても、二親等までという制約があるためマイルを最大限に活用することができないというデメリットがあります。

それに対しユナイテッド航空の特典航空券は、制約なしで誰にでも発券できる仕様となっています。二親等以上の親族だけでなく、彼氏・彼女・友人など誰にでも発券できます。

ユナイテッド航空の特典航空券交換に必要なマイル数

  セーバー(エコノミー) スタンダード(エコノミー) セーバー(ビジネス) スタンダード(ビジネス)
国内 1万~1万6,000マイル 3万2,000マイル 2万4,000マイル 4万8,000マイル
北アジア 3万マイル 6万マイル 5万マイル 10万マイル
南アジア 4万5,000マイル 8万マイル 7万マイル 12万マイル
中央アジア 7万マイル 18万マイル 11万マイル 36万マイル
ハワイ 5万マイル 12万マイル 8万マイル 20万マイル

ANAの特典航空券への交換がお得!

マイレージプラスで貯めたマイルはユナイテッド航空の特典航空券に交換できますが、正直なところ交換に必要なマイル数が高く、あまり人気がありません。

実はマイレージプラスで貯めたマイルは、提携先航空会社の特典航空券に交換することができるのです。しかも、ユナイテッド航空の特典航空券に交換するよりもマイルの必要数が少ないため、マイレージプラスでマイルを貯めてANAを利用するといった臨機応変な使い分けが可能です。

マイルの有効期限は?

マイレージプラスで貯めたマイルの有効期限は『18か月』です。ANAやJALの『36か月』に比べると短く感じますが、マイレージプラスのマイルプログラムは最終利用日から起算された有効期限になっています。

したがって、マイルを貯めたり使ったりする期間が18か月以上伸びることがなければ、実質的な有効期限は無期限だと言えます。

例えば、2019年1月1日に利用した場合、2020年6月30日が有効期限となりますが、2020年6月29日に利用すればそこから18か月間有効期限が伸びるのです。

有効期限を過ぎても取り戻せる!

万が一マイルの有効期限が切れてしまったとしても、マイルに応じた手数料を支払うことで復活させることができます。マイルの復活手数料は以下の表を参考にしてください。

復元マイル数 復元手数料(ドル)
~5,000マイル 50ドル
5,001~2万マイル 100ドル
2万1~3万5,000マイル 150ドル
5万1~7万5,000マイル 250ドル
7万5,001~10万マイル 300ドル
10万1~15万マイル 400ドル
15万1~20万マイル 500ドル
20万1~50万マイル 600ドル
50万1~75万マイル 700ドル

マイレージプラスは効率よくマイルを貯められる!

マイレージプラスは効率よくマイルを貯められる!

マイレージプラスで貯めたマイルの使い方を理解した後は、貯め方に関して解説していきます。マイレージプラスは様々な方法でマイルを貯めることができますが、その中でも効率良い貯め方を紹介します。

ホテル宿泊でマイルを貯める

マイレージプラスは世界各地1万5,000軒以上のホテルと提携しており、提携ホテルを利用することでマイルを貯めることができます。

中でもKALIGOではホテルから航空会社まで全ての利用金額をマイルとして貯められます。やることはホテル予約時に自分のマイレージ番号を入力するのみ。簡単なステップで効率よくマイルを貯めていくことができるのでおすすめです。

提携クレジットカードの利用でマイルを貯める

最も手軽に効率よくマイルを貯められるのが提携クレジットカードの利用です。カードの利用金額に応じてマイルが貯まるクレジットカードから、カード会社独自のポイントを貯めて後々マイレージプラスのマイルに交換できるカードまで種類が豊富です。ここではお得にマイルが貯まる3種類のクレジットカードを解説していきます。

MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカード
出典元:価格.COM

マイレージプラスセゾンカードは通常時のマイル還元率が0.5%ですが、『マイルアップメンバーズ』に加入するとマイル還元率1.5%になります。例えばマイレージプラスセゾンカードで1,000円分のお買物をした場合、通常時の5マイル+10マイルが加算され、合計15マイルを獲得することができます。さらに、ガソリンスタンド『コスモ石油』の利用時においては+5マイルを追加で受け取ることもできます。

年会費 1,620円
マイル還元率 0.5%
ETCカード 無料
家族カード なし
付帯保険 海外旅行時最高3,000万円補償

MileagePlus JCBカード クラシックカード

MileagePlus JCBカード クラシックカード
出典元:価格.COM

スターアライアンス加盟航空会社のフライトを利用するごとにマイルが加算されるだけでなく、通常時のショッピング利用にておいてもマイルが貯まるお得なクレジットカードです。さらに、『マイレージプラスダイニング』に加盟しているレストランを利用する際は、利用金額100円ごとに5マイルを追加で獲得することもできます。いつでも好きなときにマイルを貯められるのがマイレージプラスJCBカードの特徴です。

年会費 1,350円
マイル還元率 0.5%
ETCカード 無料
家族カード 無料
付帯保険 海外旅行時最高2,000万円補償

MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス

MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス
出典元:価格.COM

マイレージプラスのマイルを貯められるMUFGのビジネスカードです。国内主要空港の専用ラウンジを無料で利用できるだけでなく、健康・介護相談サービスも利用できる特典満載なクレジットカードです。

年会費 1万800円
マイル還元率 0.49%
ETCカード 無料
家族カード 年会費2,160円
付帯保険 海外旅行時最高5,000万円補償

マイレージプラスでお得なマイル生活を送ろう

マイレージプラスでお得なマイル生活を送ろう

マイレージプラスのマイル獲得システムを有効活用することで、特典航空券やその他サービスをお得に利用することができます。提携先ホテル宿泊時に提携クレジットカードを利用すればマイルの二重取りも可能です。マイレージプラスを活用してちょっとお得なライフスタイルを送っていきましょう。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です