読者モデルって本当に稼げるの?「読モ」のお仕事の実情

4 min
コラム

読モ(読者モデル)とは?


基本的に「読者モデル」とは、ファッション雑誌などに一般人として登場する人たちのことを指します。
読モの中には、プロのモデルを超えるほどの人気を集めている人もいます。テレビなどで見ることがある読モも、そういった類の人たちです。彼女たちは「読者モデル」として世間に知られていますが、最初は「一般の読者」からスタートしています。
多くの場合、読者モデルは一般人であり「アマチュア」に分類されるファッションモデルです。

読モの仕事内容

主な仕事は、雑誌に自分の姿を映した写真が掲載されることです。ファッションやライフスタイルなど、読者がイメージする理想を雑誌の中で演じます。
読モの仕事をする上で重要なのは、「読者にとって身近な存在」として雑誌に乗ることです。事務所に専属して働いているモデルとは異なり、読者に親近感を覚えさせることが重要になってきます。

プロのモデルとの違い

読者モデルとプロのモデルとの違いは「本業かどうか」です。プロのモデルの多くはモデル事務所と専属契約を結び、職業を「モデル」として活動しています。
一方、読者モデルの肩書きはあくまでも一般人です。名乗る肩書きも「女子大生」「OL」などが一般的です。業界内でも「アマチュアとして活動している人」という扱いになっています。

読モからプロモデルになれる?

読者モデルとして活動していくうちに能力や才能が認められモデル事務所からスカウトされる、というケースは珍しくありません。地道に活動していくうちに、プロモデルとしての道を切り開いた有名人もたくさんいます。
プロモデルを目指すのであれば、モデルとしての技術を磨き、人脈づくりを積極的にしていくようにしましょう。コツコツと努力を積み重ねていけば、プロモデルになれる可能性も高まります。

読モのお金事情


読者モデルは、稼げるお仕事なのでしょうか。また、お金の面ではどのような待遇を受けるのかも気になりますよね。
そこで、読モの経済事情をご紹介します。

給料はかなり安い

実際のところ、読者モデルのお給料はかなり安いです。一回の出演料が数千円ということも珍しくありません。下手をすると、交通費しか出ないという場合もあります。
給料は出演する雑誌によって大きく異なるので、相場というものがありません。普段の生活との兼ね合いもあり、モデルとしての活動に制限があるため安定した収入は得られないことがほとんどです。

洋服代や交通費は?読モをするにあたってかかる費用

プロのモデルは、雑誌出演にかかる洋服代や交通費をクライアント側から出してもらえます。一方で読者モデルは、出演するためにかかる費用を自己負担しなければならないことも多いです。
衣装、メイク、ヘアセットなどは、すべて自分で用意しなければなりません。それらにかかった費用は、ほとんどの場合自己負担です。交通費ですら自腹であることも珍しくありません。

読モに向いているのはこんな人!


経済面での負担が大きい一方で、いつ花開くか分からないのが読者モデルのお仕事です。他に仕事をしていて、経済的に安定していれば長く続けられるかもしれません。
スケジュールの融通がきくことも、読者モデルをやっていく上で必要な要素です。撮影のスケジュールは突然入ってきます。すぐに対応できるよう、あらかじめ予定を空けておくなどの工夫が必要です。
仕事として成立させるために最も大切なのは、粘り強さです。どんなに困難な立場に陥っても、踏ん張れる人は読モに向いていると言えるでしょう。
時間的な意味でも、経済的な意味でも、常に工夫をしていくことで長く読者モデルとして活動していけるようになります。

チャンスは若い人だけ?読モの年齢


若ければ若いほど有利、というのが読者モデルの実情です。活躍している読モの多くが10代後半から30代前半が中心になっています。
モデル事務所の多くも、事前の応募要項の中で年齢制限を設けていいます。13歳から24歳が一つの目安です。
年齢が若い方がチャンスがあるのは確かですが、読者モデルを起用する雑誌にとって重要なのは「読者のイメージを膨らませられるか」です。そのため、雑誌によっては年齢層が高い人(30代後半以上)を募集していることもあります。
読者モデルになるチャンスを広げたいのであれば、どんな読者を想定して雑誌が作られているかを調べなければなりません。探していくと、自分にあった雑誌が見つかり、活躍できるチャンスを掴めるようになります。

読モになる方法


それでは次に、どのようにしたら読者モデルになれるのかをご紹介します。読者モデルになる方法はたくさんあります。自分にあったやり方を選ぶことで、より活躍の場を広げられるようになります。

雑誌に応募

雑誌の読者としてモデルの活動を始めるのが「読者モデル」です。雑誌に応募するのは、読者モデルになる方法としては王道と言えるでしょう。自分の好きな雑誌で募集をしているのを見かけたら、ぜひ応募してみてください。
雑誌選びで重要なのは「自分のキャラクターや雰囲気と合っているかどうか」です。そのためにも自分が好きな雑誌を選択することがとても重要です。自分好みの雑誌であれば、活躍できる可能性が高まるでしょう。

モデルオーディションを受ける

読者モデルのオーディションは頻繁に開催されています。オーディションは比較的すぐに挑戦できる方法です。
オーディションは書類審査だけでなく、面接やカメラテストなどがある場合もあります。中には読者からの投票で結果が決まるオーディションも、数多く開催されています。
まずは書類審査対策をするようにしましょう。自己PR文を工夫し、自分の良さが生かされた写真を使うようにしてください。

SNSで発信する

最近ではTwitterやインスタグラムなどSNSから、読者モデルとしての道が開けるケースも存在します。読者モデルになりたいのであれば、こまめに投稿し、注目を集めるようにしてみましょう
ファッションスナップだけでなく、読者から親近感を得られるライフスタイルも発信してください。フォロワー数が増えていけば、雑誌側からスカウトされる確率も高まります。

雑誌のスナップ撮影・スカウトから

雑誌のスナップ写真が注目を集めて、読者モデルになる人もいます。また、街中でスカウトをしている出版社や事務所も少なくありません。
スナップ写真に写ったり、スカウトされるためには、街中にいてもかっこよく目立つファッションをしなければなりません。スカウトマンが集まる場所に頻繁に出かけることも必要です。

読モ(読者モデル)の募集情報


キッズからジュニア世代が読者モデルになるのであれば、

などの雑誌をチェックしてみましょう。雑誌の中に書いてある募集要項を確認し、必要書類を送ればオーディションに参加できます。
女子大生からママ世代・キャリアウーマン世代であれば、

がおすすめです。比較的年齢層の高い読者モデルたちが数多く活躍しています。

読者モデルは厳しい世界だけどやりがいがあるお仕事


実際に読モになり、続けていくためにはそれだけの努力と工夫が必要になってきます。
続けていく上ではさまざまな困難がありますが、読者モデルはやりがいもあるお仕事です。若さが武器になることが多いので、やってみたいと思う人はすぐに行動するようにしましょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です