正社員でも副業はできる!そのメリットや注意点

4 min
副業

正社員は副業ができるの?


「そもそも正社員は副業できるの?」
ということが気になる人もいるのではないでしょうか。
結論から言えば、それはあなたの会社によります。
それを確認するにはまずその会社の就業規則を確認しましょう。
その中に副業についてその会社の規則が明記されているはずです。
就業規則は社員がすぐに見れるところに保管していますので、事務所などでも確認可能です。
副業が禁止されているのであれば、副業をするには注意が必要。
もし会社にバレてしまうと、トラブルの元になりますし、場合によっては懲戒免職なんてことも。
バレずに副業をすることができる場合もありますが、バレないようにするために細心の注意を払い自己責任で行なってください。

副業のメリット・デメリット


副業をするメリットとデメリットについてここではみていきましょう。

副業するメリット

副業するメリットはおおまかに2つあります。
副収入が得られる
本業に役立てられる
副業をすることで、その内容やかける時間にもよりますが、副収入が得られることが最大のメリットでしょう。
月に5万円でも収入を増やすことができれば、自分の趣味などにより多くのお金を使うこともできますよね。
また副業で本業に関連することをすることで、本業によい影響を与えることも。
こうした点があるからこそ、サイボウズなどの企業では副業を認めている場合もあります。
うまく活用できれば、副業をすることで仕事や実生活にも役立てることができますよ。

副業するデメリット

副業することのデメリットは2つあります。
意図せず脱税する可能性がある
自己管理のリスク
副業であっても収入があった場合、原則として確定申告をしなければいけません。
もし自分が確定申告しなければいけないにも関わらず、確定申告をしないでいると、脱税として扱われ追加徴税の対象になります。
また収入が発生している場合、税務署が脱税のチェックを行なっているため、いずれ必ずバレると考えてよいでしょう。
もう一つのデメリットは、自己管理です。
本業以外に働く時間を作るため、「休息」の時間は必然的に減ります。
肉体労働などのアルバイトや、作業の内容によっては疲労で本業に影響が出ることも。
本業に影響が出ることで副業を隠していたことがバレる場合もありますし、評価に影響することもあります。
副業をすることで本業に悪影響を及ぼさないよう、はじめる前に対策しておいてください。

副業をする際の注意点

副業をするときにはいくつか注意点があります。

  • 自己管理をする
  • 副業禁止であれば、相談や交渉をする
  • 上司や周囲の理解を得る
  • 副業がバレる原因
  • 必要があれば確定申告をする

ではそれぞれの注意点をもう少し詳しく見ていきましょう。

自己管理をする

副業をする場合には自己管理がとても重要です。
副業を頑張りすぎることで、疲労がたまり本業に悪影響を及ぼしてしまうことがないように対策しなければいけません。
もし本業に影響が出てしまえば、評価が下がり給料に影響するなんてことも。
そうした事態にならないように、副業でどのくらいの時間が拘束されるのか、本業のパフォーマンスに影響を与えないためにはどうするのか、あらかじめよく検討しておきましょう。

副業禁止であれば、相談や交渉をする

「副業禁止だから隠れて副業しよう」
というのは極めてハイリスクなため避けましょう。
そうした環境で副業を行なった場合、減給の対象になることもあります。
最悪の場合、懲戒免職なんてことにもなりかねません。
副業ので得られるメリットに対してバレたときのリスクが非常に大きいため避けたほうが無難でしょう。
そうした事態を避けるために、副業禁止であれば、会社にまず相談・交渉してみるべきです。

  • 副業するメリット
  • 副業で起こりうる悪影響への対策

などをしっかり伝え誠意を伝えることで、許可が出る可能性もなくはありませんよ。

上司や周囲の理解を得る

上司や周囲の理解を得ることができればそれに越したことはありません。
副業しなければいけない理由が理解されていれば、副業をスムーズに進めることができます。
ただし、自分も副業で本業に影響を与えないよう配慮することも忘れないでくださいね。

副業がバレる原因

「副業を隠したい」
というのであれば、副業がバレてしまうときの原因を知っておきましょう。
副業がバレるのは以下のケースです。

  • 働いているところを直接見られてしまう
  • 同僚が上司にバラしてしまう
  • 住民税の納税額でバレてしまう

特に注意が必要なのは、住民税です。

  • 確定申告をしていない場合
  • 住民税の納税を給料から天引きにしている場合

どちらかの条件を満たしていると、会社の経理でバレてしまう可能性が高いです。
もし会社にバレないようにするのであれば、こうした点に注意し間違いないように対処しましょう。

必要があれば確定申告をする

副業で収入が発生した場合には原則として確定申告をしなければいけません。
サラリーマンの人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、確定申告とは自分の収入を報告し納税するべき税金を申告する手続きです。
もし確定申告をするべきなのに期日までにしていないと、「申告漏れ」として扱われ追加徴税の対象になります。
さらに会社の経理で誰かの税金が多めに徴税される旨が通知されるため、バレてしまう可能性が高いです。
副業をするのであれば、確定申告は一部の例外をのぞいて避けて通れません。

正社員にオススメの副業

「正社員で副業をするのであればどんな副業がいいの?」
そうお考えではありませんか?
具体的には以下のものがあります。

  • アフィリエイト
  • ライター
  • 株式投資
  • データ入力
  • 覆面調査
  • クラウドソーシング

ではそれぞれの特徴を見ていきましょう。

アフィリエイト

正社員の副業にアフィリエイトはおすすめです。
アフィリエイトとは、ブログなどに広告を貼り、そこから商品を購入してもらうことで収益が発生する仕組みのこと。
PCとネット環境があればどこでも作業ができるため、バレにくいことがメリットです。

ライター

WEBライターもおすすめです。
近年ではクラウドソーシングを利用して、ネットで仕事を探すことができるようになったため、アフィリエイトと同様場所に関係なく仕事をすることができます。

株式投資

株式投資は正社員の副業におすすめです。
まずメリットとしては本業に影響を与えにくく、株式投資は副業として認められている場合が少なくないことがあるでしょう。
ある程度の元手が必要なものの、大幅に利益を出せる可能性もあるため、おすすめの副業です。

データ入力

データ入力もおすすめです。
アルバイトなどで募集している場合もあれば、クラウドソーシングで募集している場合もあります。
時間が決められているため、管理しやすく、作業も簡単。
本業に影響を与えにくいですよ。

覆面調査

覆面調査とは、調査員であることを隠して飲食店などのサービスを調査する仕事のこと。
休みの日を使って作業できますし、副業していることもバレにくいのが特徴です。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとはネットでライティングなどの仕事を受注することです。
案件の量を調整することで、自己管理も簡単で、PCとネット環境があればすぐにはじめられます。
ランサーズ:https://www.lancers.jp/
クラウドワークス:https://crowdworks.jp/

正社員でも副業は難しくない!

今回は正社員が副業できるかどうかについて詳しくお伝えしました。
就業規則で問題ないのであれば、副業をはじめることは難しくなく仕事の種類も豊富です。
この機会に副業をはじめてみてはいかがでしょうか。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です