せどりってどう稼ぐの?稼ぎやすいい人、準備、メリット

4 min
副業

せどりとは?


ここでは以下の点について見ていきましょう。

  • 「せどり」とは
  • 本意外のせどりもある
  • せどりではどのくらい儲かるの?収入は?

「せどり」とは

せどりとは、中古の本を安く売って、違う人に高く売る商売のことです。
元々は、本の背表紙を見て、その商品が高値で売れるかどうか見極める必要があることからこのような名前がつきました。
このせどりはかつてはかなりの商品知識と経験が求められるため、難しい仕事でした。
ですが、ネットが普及した今その商品価値について知ることがそれほど難しくなくなってきています。

最近では本以外のせどりも

「せどり」とはかつては本やCD・DVDが中心でしたが、それ以外のジャンルでもいくつかあります。
せどりで扱われるのが多い分野だと

  • CD・DVD
  • ゲーム
  • おもちゃ
  • 家電

などが多いです。
自分が特に知識がある分野ではじめるのもおすすめですよ。

せどりは儲かるの?収入は?

「せどりはどのくらい儲かるの?」
ということが気になる人も多いですよね。
大雑把ですが、50万円程度が最大ではないかと思います。
ある程度までは稼げますが、どうしても手作業のため、作業できる量に限界がきてしまうからです。
副業であれば、月10万程度稼いでいる人もいますし、専業でやっている人であれば、もっと稼いでいる人もおり、中には月の売上が100万円を超える人もいます。

せどり(転売)って違法じゃないの?


「せどりって違法じゃないの?」
という人も中にはいます。
せどりで捕まった事例は確かにありますが、せどりそのものは違法ではありません。
せどりで逮捕される可能性があるのは以下のようなケースです。

  • チケットを転売した場合
  • 古物商許可証がない場合
  • 偽物の販売

これら以外の場合にせどりそのものが違法になることはありません。

チケットを転売した場合

チケットなどの販売は違法です。
というのも迷惑防止条例に違反するから。
ただしもともと行く予定だったのに、止むを得ず転売するという場合は法律違反になりません。
迷惑防止条例に違反する場合には、営利目的の場合に限ります。

偽物の販売

偽物の販売は商標法に触れる可能性があります。
例えば以下のようなものが偽物に該当します。

  • 偽物のキャラクターもの
  • 海賊版のDVD
  • 偽のブランド物

この場合には10年以下の懲役または、1000万円以下の罰金、またはその両方に処される可能性があります。

古物商許可証がない場合

せどりで中古品を取り扱う場合、は古物商許可証がないと販売できないものがあります。
自分が使っていて不要になったものを販売する、という場合には該当しませんが、営利目的で中古商品を取り扱う場合には必要になってきます。
特にせどりでしっかりと稼ぎたいという場合には、ほぼ必須の資格だと言えるでしょう。
取得に必要なものも費用も特にありませんので、本格的にはじめるなら取得しておいて損はありません。

せどりを始めるにあたって必要な準備


「せどりをはじめるのに必要な準備は?」
ということが気になる人も多いのではないでしょうか。
具体的には以下のものが必要になります。

  • 仕入れ資金
  • 在庫管理スペース
  • 人材

仕入れ資金

転売をするのにまず必要になるのが仕入れ資金です。
扱う商品によって必要な資金は変わりますが、最初であれば、10万円ほどはそのための資金として準備しておきましょう。
具体的に必要になるものが以下の通りです。

  • スマホ(月10,000円)
  • せどり用の検索ツール(月額3,000円〜)
  • 商品発送のための備品(月5,000円程度)
  • 仕入れにかかる交通費(2,000円〜)
  • クレジットカード
  • パソコン(10万円程度)
  • そのほかヤフオクなどを使用する場合の会員費

上記のものが経費としてかかります。
また商品そのものを購入する代金も必要です。
仕入れ代はあればあるほど、多くの商品を入れられます。

在庫管理スペース

せどりに必要なのが、在庫を管理するためのスペースです。
どのくらいのスペースが必要になるのかは、扱う商品のジャンルによって変わりますが、せどりで本格的に稼ごうとするなら、在庫を抱えるためのスペースが必要になるでしょう。
ただし、在庫を置けるスペースがあれば大丈夫ということではなく、できるだけ早めに回転することを心がけましょう。

人材

せどりを一人でやるのではなければ、人材が必要になります。
例えば、以下のような分け方ができます。

  • 商品の仕入れ担当
  • 発送担当

という分け方をすることで、作業効率を高められます。
副業のみでやっている人は一人でやっていることも多いですが、本格的に稼ぐことを目的にする場合には2人または複数でやっている場合も。
ただし複数でやっている場合には以下のことに注意しましょう。

  • それぞれの役割分担をはっきりさせる
  • お金の管理をしっかりと話し合う

これらのことをしっかりしていないとトラブルに発展することもありますので注意しましょう。

せどりのメリット・デメリット


ここではせどりのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

せどりのメリットは以下の通りです。

  • 入金が早く回収しやすい
  • リスクコントロールがしやすい
  • 特別な技術は特に不要
  • すきま時間でも活動できる
  • 入金が早く回収しやすい

せどりは商品が売れてから入金までのスピードが早いため、回収がしやすいビジネスです。
もちろん仕入れる商品によって回転率が変わりますが、仕入れる商品によっては高い利益率で売れることも。

  • リスクコントロールがしやすい

  • せどりはリスクコントロールしやすく赤字になりにくいのが特徴です。

商品相場をきちんと把握して仕入れられれば、それをより高く販売するだけなので、大幅な赤字にはなりにくいです。
ツールの管理に費用はもちろん発生しますがそれほど高額にもならないため、安心です。

特別な技術は特に不要

せどりをするのにはせどり用のツールを使うだけなので、特別な商品知識やスキルなどは特に必要ありません。

すきま時間でも活動できる

すきま時間でも活動できるのがせどりのメリットです。
休日を活用して仕入れをするなどすることで、副業として続けやすいのが特徴です。

デメリット

せどりのデメリットは以下の通りです。

  • 労働し続ける必要がある
  • 在庫スペースが部屋を圧迫することも
  • 労働し続ける必要がある

せどりは商品が売れれば、発送など様々な業務が発生するため、労働しなければお金が発生しません。
そのため、売り上げを上げ続けたいのであれば、常に動き続ける必要があり、そうしたことが精神的な負担になる人も中にはいます。
せどりはその性質上在庫をどうしても抱える必要があります。
在庫として確保するものを置くスペースが部屋を圧迫してしまうかもしれません。

こんな人に向いている!

「せどりはどんな人に向いているの?」
ということが気になる人もいますよね。
せどりがおすすめできる人は、コツコツとした作業を継続できる人です。
せどりで必要な作業に特別なスキルは必要ありません。
ですが、せどりで売り上げを上げるためには様々な作業が必須になります。

  • 商品の仕入れ
  • 商品のリサーチ
  • 商品の検品
  • 商品管理
  • 商品の発送
  • お客様との連絡のやりとり

これらの細かい作業が欠かせません。
そうした点を考えると、コツコツと細かい作業をいやにならずに続けられる人におすすめだと言えるでしょう。

せどりは、初心者でも簡単なビジネス


今回はせどりとは何か、稼ぐ方法について具体的に開設しました。
せどりは一見すると難しく感じますが、誰でもはじめることができます。
「副業で堅実に稼ぎたい」
そんな人はぜひせどりをはじめてみてはいかがでしょうか。
こちらも参考にしてください。

せどりで初心者が稼ぐためのお勧め情報ブログ10選!

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です