転売とは?合法的に取引するには古物商許可証が必要です

4 min
副業

そもそも転売とは?せどりとは何が違うの?

そもそも転売とは?せどりとは何が違うの?-h2
転売とせどりの違いについて解説します。
結論から言うと転売とせどりはどちらも『物を買って売る』という稼ぎ方で、本質的な意味としては同じです。安く仕入れてそれよりも高く売るというビジネスです。
 

転売

  • 予約商品または発売当初から定価を超えている商品を扱う。
  • 希少性が高く入手困難な商品を定価以上で販売する。

 
限定商品や入手が困難な商品を買い占めて販売することが多いです。人気があり価格が上がるであろう商品を買い占めることで価格をコントロールして売り抜けます。
 

せどり

  • 発売から一定の期間が経過してる商品を扱う。
  • 店舗で安く売ってる商品をネット販売して稼ぐ。

 
『時間が経つにつれて価値が高まった商品』を見つけてきてその差額で儲けることが多いです。発売から一定の時間が経過していて店舗価格とネット価格の金額の違いが起きてる商品を扱います。ネットではプレミアム価格であっても店舗では適正価格で売られている物を狙うのが重要です。
転売とせどりには上記のような違いがあると定義されていますが、物を売る仕事は、大きなくくりで見るとすべて転売と言えますし、正直、転売とせどりの2つに明確な違いはないというのが答えです。
 

転売のメリット・デメリット

転売のメリット・デメリット-h2

メリット

  • 初期費用が掛からない
  • スキルが必要ない
  • 結果がすぐに出る
  • 隙間時間を活用できる

 
まずは自分の身の回りの物を販売してみましょう。売れなければ自分で今後も使っていくのもよいでしょう。
物を買って売るという転売をするのであれば、必要なのは目利きだけです。目利きのコツをつかんでしまえば、商品をどんどん仕入れて回転させることができます。
また、ほかのネットビジネスと比べて、結果がすぐ出る傾向があります。ネットビジネスは意外と時間がかかり、積み重ねが重要になってきますが、転売の場合簡単に利益ができます。
隙間時間を使って、物の仕入れやリサーチすることが可能です。本業の他にも副業としてされてる方も多く存在するので誰でも参入できるビジネスだといえます。
 

デメリット

  • 在庫を抱えるリスクがある
  • 仕入ができないと収入に繋がらない
  • 検品、梱包がたいへん

 
参入するのが簡単である転売のビジネスにおいて、リスクやデメリットはあります。例えば、在庫を抱えるリスクがあります。売れるであろうと考えて仕入れた結果、全く売れず在庫がたまってしまうことがあるかもしれません。
そのほかにも仕入先の店舗がなくなってしまった、購入できなくなってしまった、などのリスクがあります。販売する物を準備できなければお金が入ってこないので、仕入先をいくつか用意するなどの努力が必要です。
また準備した商品を検品、梱包する作業は想像以上に大変です。1日に複数の商品が売れた場合の作業をうまくこなす必要があります。
 

転売は合法?違法?

転売は合法?違法?-h2
転売自体は違法ではありません。
転売はダフ屋や転売屋のイメージが強いので違法行為のように扱われることも多いです。ただし、販売する物によっては合法であるものと違法である物が存在するので注意が必要です。
ではどのようなものが合法なのか、違法なのか解説します。
 

合法に当たる例

  • 自分の不要なものを売る。
  • 古物に当たらない商品を仕入れて売る。
  • 古物商許可をとって古物に当たる商品を仕入れて売る。

 
これらは合法であり、違法ではありません。個人使用目的で購入して、必要なくなった場合はそれを売ることは違法にならないのです。
古物に当たらない商品とは、無償でもらったもの、相手から手数料をとって回収したもの、自分が売った相手から買い戻したもの、自分が海外で買ってきたものなどが該当します。
古物を無許可で仕入れて販売した場合違法になりますが、古物商許可をとれば違法になりません。
 

違法に当たる例

  • 鑑賞券、入場券、乗車券などのチケット類を転売目的で入手して売る。

 
チケット販売はダフ屋行為として都道府県の迷惑防止条例で取り締まられています。しかし、元々自分で行くつもりで買ったチケットを正規の値段以下で売る場合は、条例違反にはなりません。
 

転売は違法ではない!しかし法律違反になったケースもある!

転売は違法ではない!しかし法律違反になったケースもある!-h2
先ほどもお伝えしたとおり、転売自体は違法ではありません。しかし、取扱う物について間違いがあると法律違反になるケースがあるので注意してくださいね。ではどんなものが法律違反になるのか紹介します。

  • チケット転売(ダフ屋行為)
  • 偽ブランド品販売
  • お酒の販売
  • 古物営業法違反

 
はじめにチケット転売についてです。
有名な音楽アーティストのライブチケットの転売は問題になっています。購入金額以下で譲る場合は違反ではないですが、利益目的で転売すると違反になります。正規の値段より高い値段で売らないようにしましょう。完売しそうなチケットを買い占めて、どうしても欲しい方に何倍もの値段で売るなどの行為は絶対にしないでください。この転売はマナーの話ではなく、法律違反になります。
次に偽ブランド品の販売についてです。
コピー商品を売る行為は、商標法違反に該当し非常に重い罰則があります。また、企業から訴えられた場合は、法外な賠償金を請求されることも。ブランド品は、偽物が多く出回っておりオークションや店舗で購入しているうちに、知らずに偽物を手に入れて転売してしまう可能性も少なくないでしょう。ブランド品を扱う場合はご注意してください。
次にお酒の販売についてです。
身近で意外な違反商品としてお酒が挙げられます。お酒を転売目的で購入して販売すると、酒税法に違反します。一部の人気銘柄はプレミアがつくことがあるので転売としては魅力的な商品ですが、酒類免許がなければ法律違反ですのでご注意ください。
最後に古物営業法違反についてです。
古物商許可のない人が古物を扱って利益を上げると、古物営業法違反により罰せられることになるのご注意ください。
 

安心して転売をしたい場合は古物商許可証を取得しよう!

安心して転売をしたい場合は古物商許可証を取得しよう!-h2
日本では何かを販売するには、必ず関係した免許や許可が必要です。お酒を販売するなら酒類免許が必要ですし、食品を販売するなら食品衛生法許可、ペット販売なら動物取扱業許可が必要です。もちろん、転売にも当然ながら許可証が存在します。それが、『古物商許可証』です。
しかし、転売やせどりでよく議論になるのが「古物商許可証は必ず必要か」ということですが、一般消費者にわたっていない商品を販売するの場合は古物商の許可は必要ありません。
原則として、日本国内では一度消費者の手に渡った物品を古物といい、それを転売する場合は古物営業法に基づいて、古物商許可証を取る必要があります。『消費者の手に渡った』というところがポイントで、リサイクルショップで入手したり、個人や業者から使用された商品を販売目的で買い取ったりする場合には古物商が必要になります。
個人が転売で扱うもののほとんどは古物に該当しますので、厳密に言えば転売する場合には古物許可証が必要ということになります。
実際のところはどこまで取り締まっているのか、どの規模から古物商許可が必要なのかは、都道府県によってもばらつきがあるため、古物商許可が必要になるかどうかは、住んでいる地域の警察に問い合わせるのが一番確実です。
 

犯罪に手を染めないように気を付けましょう!

犯罪に手を染めないように気を付けましょう!-h2
最近、人気商品の買い占めによる社会問題で『転売は悪』と言われることも多いです。しかしすべての転売が悪いというわけではなく、一部の心無い人の行動のせいで真っ当なビジネスをしてる人も悪く思われるようになってしまっている現状です。
この記事では。安心して転売するために抑えておきたい知識を解説しました。必ず覚えて犯罪にならないように注意しましょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です