転売ってできるの?合法的に他人にチケットを譲渡する方法

3 min
副業

チケット売買の規制が厳しくなった


2019年6月からチケット転売規制法が施行されることになります。それに伴いチケットの転売が難しくなることが予想されます。
チケット転売規制法は、営利目的で反復的にチケットを転売する行為を規制するものです。転売目的でチケットを大量購入したり、販売価格よりも利益分を上乗せして転売することを繰り返すことで規制対象となります。
違法サイトでの売買も規制されるようになります。サイト内で「チケットの転売は禁止しています」とうたっていても、実際に取り締まりが行われていなかった場合に検挙対象になったケースも存在します。
今後は違法サイトやSNSなどでのチケット転売業は難しくなっていくことでしょう。警察などでもインターネット上での取り締まりを強化しています。

チケット転売サイトを選ぶ際の注意点


しかしチケットの転売が完全に禁止されたというわけではありません。転売可能なチケットも存在し、転売行為が合法と認められるケースもあります。
「チケットを購入したが急な用事で行けなくなった」などの場合に転売することは今後も可能です。
チケット転売サイトを利用すれば、不要になったチケットを販売している人を見つけられるかもしれません。自身で入手できなかった場合などに活用してみましょう。

キャンセルや送られてこなかった時の保証があるかどうかを確認する

チケット転売サイトを利用する場合は「あんしん決済」などのシステムが整っているサイトを選びましょう。
一時的にサイト運営側がチケット代金を預かり、チケットが無事に手に入った後に決済が完了するシステムがあると安心して利用できます。
支払いシステムが整備されているサイトでは、不正な転売を規制していることもあるので、「転売されたチケットを購入することによって犯罪に巻き込まれるのではないか」という不安もなく安心して利用できます。

手数料を確認する

チケット転売サイトを利用する場合は手数料もしっかりと確認するようにしましょう。「手数料一律○円」や「チケット販売価格の○%」など、チケット転売サイトでは独自の手数料を設定しています。
手数料をチェックせずに利用してしまうと、思わぬ出費になってしまうことも。チケットが定価以下の値段で販売されている場合、手数料が無料ということもあります。
チケット転売サイトを使う場合には事前に必ず支払わなければならない手数料をチェックしてください。

運営元が信用できるかどうか

サイトの運営元が信用できるかどうかも利用する前に必ずチェックしなければなりません。違法なサイトではないかを事前に確認しましょう。
利用規約がサイトのみやすいところに明記されているかどうかを調べましょう。また、実際に利用する前に利用規約は必ず読んでください。

チケット転売の違法サイトと公式サイトの違い


チケット転売サイトの中でも合法のものは販売されるチケットをしっかりと管理しています。
転売可能であるチケットはいくつかの条件を満たしている必要があります。サイト内で取り扱われているチケットが条件を満たしているかどうかをしっかり取り締まっているサイトを利用するようにしましょう。
また、支払いシステムなどが整っているサイトを利用することもおすすめです。販売者とのトラブルを回避し、安心してチケットの売買が可能になります。

安心!おすすめの公式チケット転売サイト4選


公式でチケットの転売が可能なサイトを4つご紹介します。以下のサイトでは安心してチケットの売買が可能です。

1.安心して法律の規制を守れる「チケトレ」

チケット販売元が転売を許可しているチケットだけを取り扱っているサイトです。チケット転売規制法では「販売元が転売を禁止しているチケットは転売できない」ということになっています。
転売可能なチケットだけを扱ってくれるサイトは安心してチケット売買に利用できるでしょう。

取り扱っているチケットのジャンル

チケットを販売しているアーティストが転売を公認しているチケットだけを取り扱っています。SEKAI NO OWARIなどの有名アーティストのチケットも入手可能なサイトです。

手数料

3,999円以下のチケットは一律400円の手数料がかかります。4,000円以上のチケットは10%の手数料です。

リンク

https://tiketore.com

2.国際的なチケット販売ショップ「viagogo」

世界50カ国に展開しているため、海外のチケットも購入できます。
海外のチケットを購入することに不安を覚える人も多いでしょうが、viagogoであれば公演自体がキャンセルになった場合などの払い戻しのシステムもしっかりとしているので安心して利用できるでしょう。

取り扱っているチケットのジャンル

海外のチケットの取り扱いに長けているチケットショップです。

手数料

他のサイトと比べると若干手数料が高いのが特徴です。購入の際に必要な手数料はチケットの値段の15%です。

リンク

https://www.viagogo.jp

3.気軽にチケットを転売できる「Tiffoo」

チケット転売規制法が成立し、チケットの転売がしにくくなる中で、Tiffooでは違法になる不安もなく安心してチケットの転売が可能です。
取引から決済までのシステムも整っており、売り手と買い手間のトラブルもなくチケットの売買ができます。

取り扱っているチケットのジャンル

国内外のライブやフェスのチケットの取り扱いが充実しています。音楽好きの人におすすめのチケット転売サイトです。
サイトに自分の欲しいチケットを登録しておくと、チケットが出品された場合に通知が届く昨日もあります。

手数料

5,000円以下のチケットの場合手数料は245円です。5,001円以上のチケットの場合はチケット代の4.95%を手数料として支払わなければなりません。

リンク

https://tiffoo.com/

4.安心して使える「チケット流通センター」

チケットが手元に届くまで決済を完了させず、売り手と買い手間のトラブルもなく利用できるサイトです。チケットが届かない場合は全額返金してもらえます。
他にも個人情報を明かすことなく取引ができることや、出品者の身元確認を徹底しているところなどもチケット流通センターの特徴です。

取り扱っているチケットのジャンル

音楽やスポーツ観戦など、幅広いジャンルのチケットに対応しています。

手数料

手数料は2,000〜10,000円のチケットであれば432円。
10,001〜30,000円であれば756円。
30,001円以上のチケットはチケット代金の3.24%です。

リンク

https://www.ticket.co.jp

チケット転売をしたい場合は安心して利用できるサイトを選ぼう


今後はチケットを転売して儲けることが難しくなります。チケットを個人間で売買したい場合は、安心して利用できるサイトを選ぶようにしましょう。
合法的にチケットの転売をしたり、転売されたチケットを購入できます。
こちらも参考にしてください。

全て違法になるの?チケット転売規制法について詳しく解説

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です