転売の仕入れ先やそのコツとは?

3 min
副業

仕入れのコツ

仕入れのコツ
まず、転売をする際に必要なことは『仕入れ』になります。仕入れとは、商売のために他社から商品や材料を買うことを仕入と言います。
他社から買った材料を加工して販売したり、他社から購入した商品に自社のブランド名を付けて販売することになります。

利益率が高いものを狙う

単純に利益率が高いものを狙うという場合でも構いません。実際には『売れたもん勝ち』ですので、当然利益率が高ければその分利益になりますので、狙うのはありでしょう。
ただし、利益率の高い商品にを見つける方法は、現在のところ確立されておりません。 でも、はっきり言えるのは、まだ誰も販売していないオリジナル商品を作ったり、日本で売られていない商品を輸入したりすると、 自分で好きなだけ利益を乗せられます。

自分の得意な商品をつくる

転売をする際には、自分が商品について理解していないと成り立ちません。この商品は売れるといった目利きが重要になります。
基本的にどのジャンルでも、 「せどりと転売」はできます。しかし、 『自分の得意なジャンルをリサーチする時』と『あまり得意ではないジャンルをリサーチする時』ではそこに使うエネルギーが違ってきます。
使うエネルギー量 ≠ 利益
ですので、やはりできれば・・・ あまりエネルギーはかけたくないものですし、得意ジャンルの場合は、商品の仕入れも簡単ですし 「仕入れができるから楽しい」という気持ちが出てくると思います。

転売におすすめの商品

転売におすすめの商品
最初におすすめするのは消耗品です。これはヘルスアンドビューティーというカテゴリーにあるシャンプーや化粧品が該当します。 定期的に購入をする需要がある商品であるため、一度買ったら終わりではなく、同じ商品が何度も売れます。 また同時購入も誘発しやすく、大量に仕入れても売れるまでの期間が短い傾向にあります。
同じように食品もまた、大量仕入れ大量販売に適しています。 この分野は賞味期限や保管管理に注意が必要というデメリットがあるものの、やはり消耗品であるため、高回転をさせる事が可能です。
次に家電ですが、これに関しては有名なので誰もが知っていると思います。単価が高く、まとまった利益を出すのに適しています。一方で本、ゲーム、CD、DVD、ブルーレイといった分野は、配信サービスの普及に伴い、売れにくくなっています。もちろんまだ一定の需要がありますが、ここにジャンルを絞った転売は期待値が取れない手法であると言えるでしょう。

転売の仕入れ先

転売の仕入れ先
では、転売の仕入先はどこがいいのか、おすすめなども踏まえて紹介をします。

ネット

アマゾン

Amazonは、様々なジャンルがそろっており、例えばメルカリで販売されている商品と、Amazonで出品されている商品を比較して、メルカリの販売価格の方が高ければ利益がでます。特にノーブランド品や中国製品は利益が出やすいので、Amazonでぜひ調べてみてください。ちなみに、海外のAmazonを活用するのも有効です。海外のAmazonは、日本のAmazonよりも安く仕入れることができるケースがあります。ただし、輸送費用なども考慮してください。

楽天

楽天市場から仕入れて 転売を考えている人は、結構います。セール品で、数量限定や期間限定でもないのに 利益が出そうな商品は、全国のせどらーも狙っている可能性大と考えてください。せっかく仕入れたのに、Amazonに出品したとたん、値崩れしていったという商品も多くありますので、注意が必要です。
楽天市場で仕入れた時には、 出品者がほとんどいなかった商品も、 数日後にはその出品者の数が何倍にも 膨れあがっていたという事例もあります。

ヤフーショップ

Yahoo!ショップは 国内で楽天市場の次に市場規模が 大きいショッピングサイトになります。
市場規模が大きければ 出品されている商品点数も多い為、『仕入可能な商品も多い』ということになります。 更に、Yahoo!ショップでは、 出品者が未だに増え続けている という特徴もあります。 2013年にヤフーショップは 出店費用を無料にしたことで 一時ニュースにもなりました。
企業はもちろん、 個人でも出店が可能な為、出店数が増え続けています。 出店数が増えるとどうなるか? 同じ商品の出品数が増えて 価格競争が起きることも多くなります。 価格競争はあなたもアマゾンで 経験されているかもしれませんが、 特に個人の出品者は早く売り切ると為に、 値段を下げる傾向があります。 その為、個人の出店者から仕入れを行う事で、格安で商品を購入できる可能性もあります。

店舗

家電量販店

初心者は特に、家電量販店を狙うのが良いでしょう。決算セール・閉店セール・チラシからのお知らせセールなど数多くの価格がやすくなる時期はあります。

リサイクルショップ

掘り出し物を見つける場合はリサイクルショップはおすすめです。リサイクルショップでも新品の商品があったりしますので、定期的に顔を出す形で見つけに行くのが良いでしょう。ただし、在庫を確保するという点では少し疑問点がつきますので、『掘り出し物を見つけて高く売る』ということを意識すれば良いでしょう。

メルカリ

個人でやっているメルカリは比較的価格が抑えられた商品が多くあります。さらにメルカリの場合は値下げ交渉のシステムもありますので、さらに安く仕入れる事ができます。

ヤフオク

ヤフオクの場合は、基本的にオークションですので価格が高くなりがちです。1円スタートのものを入札して実際は定価以下に購入できたというパターンもあります。
出来るだけ安く購入したいと考えている人は、Amazonで値段を確認し、店舗でも値段を確認して安い商品を買います。欲しい時に初めてチェックしてお望みの商品があった時に初めて購入を決断します。という事は、たまたまお客さんが商品を見ていないこともあります。そういった商品を狙うのも良いでしょう。ただし、あまりその場面は少ないため仕入れ先として利用するのはやめておきましょう。
こちらも参考にして下さい

転売は違法なの?合法な転売もある?

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です