転売に向かない人の特徴とは?

3 min
副業

意外と知らない転売(せどり)のルール|合法的に稼ぐポイントとは

転売に向かないものの特徴

転売に向かないものの特徴

仕入れの手間があるもの

仕入れは、転売をする上で必ず手間がかかる作業になります。更にいうと一番時間がかかります。物販において一番重要と言われています。理由としては利益になるのかならないのか判断が出来ないからです。
その仕入れをする際に手間がかかるものは数多くあります。代表的なものといえば、中国製製品を仕入れることです。OEMなどがそうですね。
初心者がよく利益を掴むためにOEMを利用して日本で販売する・・・。しかし、返品などが相次いだり中国製ということで買ってくれないなんてこともあります。
在庫を抱える可能性もある意味で、手間もかかりますし非常に厄介でしょう。

資本が必要なもの

転売をする上で資本は必ず必要になってきます。その中で周辺機器などを扱う場合は特に通常の転売をする以上にお金がかかります。
例えば、デバイス関連です。充電器やケーブル・スピーカーやイヤホン・iphoneなどのスマホ、スマホケース色々あります。
仕入先も10個や20個での購入はありませんので、100個単位であれば30万〜50万、多い場合は100万とかかります。

仕入れの管理が大変なもの

アクセサリーなどは管理が大変でしょう。特にやすくまとまったものは管理をしないと無くしてしまう場合もあります。

転売はジャンルを絞って稼ぐ!

転売はジャンルを絞って稼ぐ!
特に稼げそうだからこのジャンルで稼ごうというのはやめたほうがいいでしょう。
なるべく自分が得意なジャンルで初めて見るのがいいです。アクセサリーに興味がない人が「これ可愛らしい、かっこ良さげだから買うだろう」と仕入れても買ってくれないこともあります。また、アクセサリーはオリジナリティがあるものが売れますので、一つしかないものが売れる傾向があります。
物販ではなく、飲料や食品でもいいでしょう。扱いさえ気をつければ食品は万能ですから、安心安全の評価があるのであれば攻めてもいいかもしれません。食品は誰でも買いますし、生活に欠かせないものです。

転売でおすすめのジャンルの基準

転売でおすすめのジャンルの基準

回転率

売れやすいものを扱うのがいいでしょう。一昔前はiphoneケースや画面フィルムが流行りました。また食品であれば水なども売れました。
売れるということは回転率が早いため在庫残りがないですし、売り上げも伸びていきます。ただし、競合やライバルがいますので一長一短でしょう。

利益率

利益率で言えば、デバイス製品でしょう。有名なのはゲーム機、iphoneです。ゲーム機は発売から品薄になっていたNintendo Switchなんかは代表例でしょう。現在は在庫は大量にありますが、2年前までは品薄で定価の2万円オーバーで取引されても売れていました。恐ろしいですね・・・。
iphoneも同様に売れますし、1台あたりsimフリー版であれば1万から2万円と利益が出ることがあります。理由としては、海外にも使えるため売れますし、格安SIMが台頭してきている時代なので購入者が増えてきています。
いずれも発売して間もない・品薄という条件の元ですが1万以上の利益率になります。
中古カメラもニーズが高いジャンルです。
そして利益率が高いことも特長です。中には10万円を超えるものもあります。
中古カメラは、売上を上げたい人にはうってつけのジャンルと言えるでしょう。
仕入れもネットのみならず大手販売店などでも、処分品で安く買えるものがありますので、掘り出しものをみつけやすいです。

仕入れやすさ

仕入れやすさで言えば、食品系でしょう。市場市場にいけば市場価格で仕入れることができます。一般人も購入できますので、自営業や小さなスーパーを営んでいる人たちも買いに来る市場が、仕入れがしやすいでしょう。

転売初心者におすすめなジャンル

転売初心者におすすめなジャンル
転売する上で初心者におすすめなジャンルとしては、食品になります。その中で一番おすすめなのが水でしょう。
水は仮に売れ残っても他のジャンルと違ってダメージはほぼないです。自分で使えますし、多くあっても期限はありませんから、その心配はないです。また、レトルト食品もいいでしょう。1年以上の期限ですから、こちらも万が一売れ残っても安心です。
マニアック向けですが、アニメ系もおすすめです。特に現在放送中のグッズは特に売れ残りは少ないです。一番いい時期は、夏と冬です。理由としてはコミックマーケットという世界最大の同人誌即売会があるからです。この夏の時期に放送しているアニメなどはグッズとして販売されることが多く、更にこのコミックマーケット限定販売が多いです。1日20万が往来する即売会ですから、当然購入も大変ですが、その分コミックマーケットにいけない地方のアニメオタクだったりは「仕方なく転売品を購入してしまう」ことはほぼ毎年起きています。
8,000円のものがオークションやフリマアプリで出品したところ、1万2,000円になったりこの時点で4,000円の利益になります。他の商品と比べても利益率は非常に高いのでおすすめですが、コミックマーケットへ行ける方、そして炎天下、極寒の中長時間(4、5時間)満員電車のような人混みの中を待機できる方という非常に限定的な方はおすすめです。

転売初心者にはおすすめできないジャンル

転売初心者にはおすすめできないジャンル
おすすめできないものとしては、まず服です。これは以外に売れると思っても売れないものです。理由としては服に関しては現在色々なサイトが展開されています。その上でそれを利用される方が多くなっており、更に査定をしてくれるサービスがあるものが出来てしまっているためリピーターも増えており結果的に囲いが出来てしまいます。
また、コスメ系は売れると言われていますが、それは高級なコスメのみです。例えばドモホルンリンクルとかですね。通常のコスメであれば売れることはあまりありません。
他にも色々ありますが、利益率で考えるのか、回転率で考えるのかそして自分が知識のあるジャンルを売りさばくことで「これは売れるこれは売れない」がわかりますので在庫残りがなく全て売り捌けることにつながります。
転売をする上で、失敗は在庫残りです。定価よりやすく売ってしまい赤字も含めギャンブル的要素もありますのでじっくりと転売する商品やジャンルを調べてから仕入れ、売るようにしましょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です