仕事を辞めたい…人間関係で悩んだ時にはどうすればいい?

4 min
転職

人間関係に悩み仕事を辞めたいあなたへ

人間関係については、職場となるとその場で関係を切るようなことはできないものです。このため、どうしても我慢をしてしまう人は多いでしょう。

同性に対しての悩みについて

同性同士の悩みというのは、よくあるもの。例えば自分よりも年齢が上の同性の先輩に、気を遣い、褒めたくないのに褒めなければいけない。こういう時に「どうしてこんなに努力する必要があるのだろう…」と自分で思うようなケースもあるでしょう。

異性とのやりとりについての悩み

異性についてのやりとりで、うまくいかない場合もあります。元々異性とは考え方が違う場合が多いので、衝突するような場面もあるでしょう。
これに対しては、無理に相手について認めようとせずに、自分らしさを優先してみる必要があります。でも相手の目の前では、相手を優先しているように見せると、これにより相手が気を良くする可能性もあるでしょう。
全て順風満帆にいかなくても、ここから逃げることなくどのように接すれば良いのかを模索していくと、必ず自分自身の成長につながるものです。「こういうタイプの人もいるんだ」と、少し客観的に見るようにしてみるのも、ひとつの方法でしょう。

これは辞めるべき!職場の人間関係の悩み

耐えてみたほうが良い人間関係の悩みもあれば、辞めた方が良い悩みもあります。この境目は、とても難しいものです。でも客観的に見てみると、自分の進むべき方向や選択する道が分かるケースもあるでしょう。

パワハラ・セクハラ

上司ではなくても、パワハラをしてくる人はいます。自分にとってはこれが正しい、だからこの通りにしろというような態度。これについては、その通りにしなければ相手は不機嫌になる可能性があります。でも相手の言うことや態度が本当に正しいのかを、冷静に考えてみましょう。
そして、こちらの思いについても伝えたうえで、相手の反応を見る必要があります。これでも変わらないとしたら、こちらのストレスは溜まるばかり。仕事を辞めた方が良いと言えるでしょう。
セクハラについても、自分ではどうしようもないような場面もあります。仕事がしにくくなってしまったり、本当に困ってしまったりするでしょう。このような中では、仕事をまともにすることが出来ませんよね。職場の人に相談をして、状況が改善しないのであれば、仕事を辞めることも考えるようにしましょう。

悪質ないじめ

誰か標的を作らないと気が済まない、このようなタイプもいます。こういう場合は、仕事をするうえで大切なデータを盗んだり、削除したりするような人もいるでしょう。自分の担当の仕事とは聞いていなかったのに、納期が過ぎてから上司に怒られて、先輩がわざと伝えずにいたような例もあります。
「私は、聞いていませんでした」と言っても、先輩は「私はちゃんと伝えました」と言ってくるので、悪質ですよね。このようないじめはエスカレートしていく可能性があるため、精神的にも良くないのでその場から去った方が賢いでしょう。

常に職場の空気が悪い

職場にいても、どこか居心地が悪くて元気が出ない。笑顔が全然なくて暗いイメージがあるような職場にいると、この場所の空気に自分も染まってしまいそうになります。こういう場合にも、できれば違う職場に移った方が、気持ちが明るくなれるでしょう。

鬱になりそう・なってしまった

職場にいかなければと思っても、朝に起きることができずに、何もやる気が出ない。どうしたらいいのか分からないくらいに、落ち込んでしまう。
クリニックに行ったら鬱だと診断されるケースもあります。おそらく職場での人間関係で努力をしすぎて、無理をしてしまったのでしょう。このような状態になってまで、続ける必要はないので辞める勇気を持ち、退職をするようにした方がいいのです。

改善できるかも?人間関係の悩みと解決策

改善できる可能性のある人間関係の悩みもあります。解決策についてお伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。

苦手な人がいる

苦手な人が職場にいると、なんとなく職場が楽しいものではなくなってしまうもの。接し方に悩んでいると、仕事に支障が出てしまうこともあります。できれば皆と仲良くしたいですよね。

解決策

もし苦手だと思うのなら、この人とは少し距離を保ってやりとりをするようにしてみましょう。どの職場にも苦手な人がいる可能性はあるものです。自分から上手に距離を取るようにすると、案外うまくいくものです。全ての人と、同じような接し方をする必要はないと思うと、気持ちが楽になりますよね。

上司が厳しい

自分では努力をしているのに、怒られてばかり。上司が厳しすぎてついていけない…と思うと、不安になってしまいますよね。できれば褒めてほしいと思いながらも、これがなくて悩んでしまうケースも。

解決策

上司が良かれと思い、指導をしている場合もあります。もう少しやりとりをしてみて、上司の反応を見てみましょう。でも上司の反応ばかり窺うのは辛いため、自分らしさを大切にしながら、仕事自体を楽しむようにするといいですね。

入社したばかりで馴染めない・嫌われている気がする

入社したばかりで馴染めず、なんとなく嫌われているようで辛い…と思う時も。こういう時には、他に味方がいないように思うので、辞めることを考えてしまうものです。

解決策

しばらく同じ場所で頑張るようにすると、今よりも居心地の良い場所になるかもしれません。嫌われていると思い込んでいるだけの場合も、案外多いものです。笑顔で過ごすようにしているうちに、自然と馴染めるような場合もあるでしょう。

人間関係以外の条件に不満はない

人間関係以外の条件について満たされているのなら、辞めるのはとてももったいないのです。
給料の面や仕事内容などについて問題がないのなら、後は人間関係を少し自分なりに改善していくだけだと思い、それについてモチベーションアップをしていきましょう。

解決策

人間関係で悩むのは、どこの職場でもあり得ること。こう思うようにすると、自分は今どのように動けば良いのかが分かってくるはずです。
人間関係が嫌だからと辞めてしまうと、後悔をする場合もあるので、この場で接し方について、少し工夫をしてみるようにしたいですね。

人間関係が原因で退職する人が抱えがちな悩みの対処法

人間関係が原因で退職をする時の悩みについて、どう対処をすれば良いのかひとつずつ見ていきましょう。

退職の言い出し方・タイミング

退職の言い出し方については、直属の上司にまず時間を取ってもらいましょう。これがマナーなのです。
そして、退職をする1~2か月前には、伝えるようにしましょう。引き継ぎなどや、会社の規約もありますので、こういった情報については事前にリサーチしておく必要があります。

親や周囲からの目が気になる

退職となると、周囲や親からの目が気になるものです。でも自分自身の人生なのですから、自分がどうしたいのかが一番大切。
こう考えると、自分の進みたい道、進むべき方向性がはっきりしてくるでしょう。誰かのための人生ではない、このように思ってみると行動がしやすくなるのです。

自分が悪い?自信がなく自分を責めてしまう

退職については、自責の念を持つ人もいます。でも自責の念をあまり持つと、努力をしてきた自分が、とても辛くなってしまいますよね。
人には適材適所というものがあるため、合わない場所にずっといてもメリットがない場合もあるのです。自分に合う場所を見つけるためだと思うようにすると、自責の念よりも新しい場所への希望を持つことができるはず。

仕事を辞めたい…と人間関係で悩む人が多いのはなぜ?

仕事を辞めたいと人間関係について悩む人が多いのは、コミュニケーションを苦手とする人が増えているのも原因なのです。
でも今回職場にて、努力をしたことがそういった能力の向上につながる場合もあるため、経験値を上げたと思い、転職をする時にも自信を持って行動をするようにしたいですね。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です