無理無茶なしで節約したい!電気・水道・通信などを見直す方法

3 min
コラム

食費を節約する方法


節約と言えば代表的なものが食費の節約です。
具体的な方法としては以下のものが挙げられます。

  • できる範囲で節約をする
  • 冷蔵庫の中身、ストックを把握しておく
  • セールや割引に惑わされない
  • 食材を使い切る、長持ちさせる工夫をする

できる範囲で節約をする

食費を節約する場合にはできる範囲で節約することが大切です。
というのも、禁欲しすぎてしまうと、我慢し続けられなくなり、反動で食費が大きくなる場合があります。
さらにそれで健康を損なってしまったら、治療費でむしろ逆効果なんてことも。
そんな事態を避けるためにもまずはできる範囲からはじめましょう。

冷蔵庫の中身、ストックを把握しておく

食費を節約したい場合には冷蔵庫の中身やストックの量を把握しておきましょう。
冷蔵庫の中身を把握することで、効率的な買い物ができるようになります。
これをせずに買い物をするとついつい買いすぎてしまったり、冷蔵庫の中で腐らせてしまう食材が出てきてしまいます。

セールや割引に惑わされない

食費を節約したい場合に注意するべきなのがセールです。
セールや割引などがあると、ついつい買いすぎてしまう、そんな体験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。
セールを見かけたときにはまず、「これは本当に自分に必要なのか」について検証することからはじめましょう。

食材を使い切る、長持ちさせる工夫をする

食費を節約するなら食材を使い切ることがとても大切です。
また長持ちさせることも大切です。
食材を使い切る意識を持つことで、捨ててしまう食材を減らせばその分食費は減りますし、長持ちさせる工夫をすれば、必要以上に作って余らせてしまうなんて自体にもなりにくいです。

電気代を節約する方法


節約する上で、電気代の見直しも効果的です。

  • 契約プランを見直す
  • 待機電力を減らす
  • エアコンのフィルターを掃除する
  • 冷蔵庫にものを入れすぎない
  • 電球をLEDに変える

これらの方法が効果的です。

契約プランを見直す

電気代を節約するためにまず真っ先にするべきなのは契約プランの見直しです。
特に契約アンペア数は電気代に直結します。
自分が使う家具を思い浮かべながら、どのくらいの電力を使うか意識して最低限必要な電力を計算しましょう。

待機電力を減らす

待機電力を減らすのも効果的です。
待機電力とは、コンセントに差し込んでいるだけで使っていなくても消費される電力のこと。
使わない電化製品はコンセントから抜いておくだけでも節約につながります。

エアコンのフィルターを掃除する

エアコンのフィルターを掃除するのもおすすめです。
というのも、エアコンのフィルターを掃除することでエアコンの運転効率が向上し、負荷が軽減します。

冷蔵庫にものを詰め込みすぎない

冷蔵庫の使い方を変えるだけでも効果的です。
設定温度を低めにして、ものを詰め込みすぎないようにすると、ものを冷やすのに必要な電力を減らすのに貢献します。
年間で1400円ほどの節電効果が期待できます。

電球をLEDライトに変える

電球をLEDライトにするのも節約に効果的です。
というのもLEDライトは消費電力が少ないからです。
電球一つLEDに切り替えるだけで200円ほど節約できますよ。

水道代を節約する方法


水道代金を節約する方法は以下の方法です。

  • シャワーはこまめに止める
  • 洗濯はお風呂の残り湯を再利用する
  • 食器洗いはためすすぎをする

シャワーはこまめに止める

シャワーはこまめに止めましょう。
家族4人いた場合、こまめに止めるかそうではないかで3000リットル節約できます。

洗濯はお風呂の残り湯を再利用する

洗濯はお風呂の残り湯を再利用するのがおすすめです。
というのもお風呂は節水しやすい部分。
使えるだけ再利用しておくことで、節水効果が期待できます。
洗濯以外にも、庭の水やりなどで使うと、無駄な水を減らせますよ。

食器洗いはためすすぎをする

食器洗いはためすすぎすると効果的です。
食器を洗うときに水を流しっぱなしにしてしている場合、おけなどになるべく水をためて洗うことで効率できに食器を洗え1ヶ月で3700リットルほどの節約効果が期待できます。

通信費を節約する方法


意外と無駄な出費が多いのが通信費です。
具体的には以下の方法があります。

  • スマホとネットをまとめる
  • 格安SIMに乗り換える
  • 通信費を節約する時の注意点

スマホとネットをまとめる

通信費を節約したいときにまず検討してみるべきなのがスマホとネットをまとめられないかということです。
例えばドコモの光セット割という、スマホとインターネットの契約を揃えることで、月額最大3,500円割引を受けられます。
また家族で利用しているような場合であればより減額できますよ。

格安SIMに乗り換える

「あまり携帯で通話しない」
「通信費もそれほど必要ない」
そんな場合は格安SIMに乗り換えることも選択肢です。
例えば、ドコモのかけ放題プランだと安くても合計で8,000円程度かかります。
これに対して、格安SIMの場合、安いプランで2,500円程度からプランがあります。
もしあまり携帯電話を頻繁に使わないのであれば、格安SIMに乗り換えることで、月々の利用料を大幅に節約できます。

通信費を節約する時の注意点

「通信費を節約したい」
という場合、注意点もあります。
それは解約する場合には違約金が発生することがあること。
ソフトバンク、au、docomoなどの3大キャリアの場合、2年契約が一般的です。
そのため、2年の契約が終わったとき、更新月に解約しないと、違約金がかかってしまいます。
またその違約金は10,000円前後と決して安くはないので、格安SIMへの乗り換えを検討する場合にはこの点にも注意しましょう。

節約する方法はたくさんある!


今回は節約する方法について具体的にお伝えしました。
節約と一口に言っても、その方法は様々です。
食費、電気代、水道代、通信費、様々なアプローチがあります。
この中に一つくらいは実践していないこともあったのではないでしょうか。
まずは自分が実践していないものを一つだけでもよいので、実践することからはじめてみてはいかがでしょうか。
こちらも参考にしてみてください。

平均を参考に月々の固定費を見直そう!効率よく節約する方法

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です