値段が安い食材を上手に使って楽しく美味しく節約しよう!

3 min
コラム

節約料理を作る時のポイント


満腹感もあり、しかも美味しい料理が節約食材では作れます。食材やレシピを工夫することで、無理せず楽しみながら節約ができるようになるでしょう。
節約料理を作る時のポイントをご紹介します。

あくまでも美味しく作ること!

節約料理を楽しむためには、第一に美味しく作ることを目指さなければなりません。料理が苦手な人でも、味にこだわることで、より楽しみながら節約レシピを作ることができるようになるでしょう。
むやみに節約にこだわるのではなく、美味しく作ることにこだわるようにしてください。自分で納得できる美味しい料理ができるようになると、節約生活を続けるモチベーションにもなります。

味付けをしっかりとする

しっかりとした味付けにすることで、より満腹感も得られるようになります。過度な味付けは体によくありませんが、食材を惜しんで薄味にしすぎてしまうのも節約が長続きしません。
満腹感が得られる適度な味付けを目指しましょう。毎回の食事が楽しくなり、節約を長く続けられます。

節約食材を賢く使う

スーパーに売られている商品の中でも、比較的安い食材が存在します。そういった価格の安い食材を活用して料理を作るようにしましょう。
節約食材を使うことによって、栄養バランスに偏りなく健康的な食生活を維持したまま節約ができるようになります。

節約食材を使った節約食材&節約メニュー


節約をする際には食材への工夫も必要になります。スーパーでも安く手に入れられる節約食材を使用して、美味しく楽しく節約をしていきましょう。

① 豆腐

赤ちゃんの離乳食から、大人のお酒のおつまみまで、幅広い用途で使える食材、豆腐。賞味期限が短いので、早めに食べなければなりませんが、かなり安い値段で販売されています。
良質なタンパク質がとれるのも豆腐の魅力です。そのまま食べるだけでなく、ハンバーグにして肉の代用として活用することもできます。

② もやし

節約食材の中でも代表的な野菜であるもやし。一袋20円で見かけることも珍しくありません。味付け次第でどんな料理にも変身できるところがまた魅力的です。
もやしは炒めて使うことが多いと思われます。ほんの少しひき肉などが余っている場合、一緒に炒めてカレー粉、醤油、鶏ガラスープの素で味付けをすると、ワンランク上の節約レシピが作れますよ。

③ 卵

豊富なタンパク質を含んでいる食材である卵。スーパーで安売りされていることも多く、安くなったタイミングで買いだめしておきたい食材でもあります。
レシピのバリエーションの幅が広いのも卵の特徴の一つです。ゆで卵や卵焼きなど、卵単体でも食べられますし、親子丼などのメインメニューを作る際にも活躍します。

④ じゃがいも

長期保存ができるため、安くなったタイミングで買いだめしておきたい食材です。ジャガイモは調理方法によって幅広い食感が楽しめるのも特徴です。
和洋中どの料理にも活用できる優れものでもあります。もちもちとした食感を利用してチヂミを作ることもできます。

⑤ たまねぎ

ジャガイモと同様、長期保存ができる食材の代表格であるたまねぎ。安いタイミングで買いだめをしておきたいものです。たまねぎも幅広い用途で使用できます。

⑥ 鶏むね肉

他の肉に比べて100gあたりの値段が安い鶏むね肉。脂身がほとんどないので、脂肪分などが気になる人からも人気の部位です。食べやすく、お腹にしっかりたまるので贅沢な気分にもなれます。
活用できるレシピも豊富。フライパンで蒸し焼きにし、めんつゆで味付けするだけでも美味しく食べられます。

⑦ 鶏ささみ

たんぱくな味が特徴なので、なかなかメイン料理に使いにくい鶏ささみ。しかし栄養価が高く、値段も安いので節約食材を考える際には外せません。
バンバンジーなどだけでなく、濃厚な味付けをすることでメイン料理としても楽しめます。

⑧ 豚こま

安いだけでなく、冷凍保存もしやすい豚こま肉。使い勝手もよく、満腹感も味わえるので楽しみながら節約ができます。
冷凍保存をする際に、形にこだわるだけでもメニューの幅が広がります。丸く重ねて冷凍することで、そのまま衣をつけて揚げることも可能になります。

⑨ うどん

スーパーで1袋20円前後で販売されていることもあるうどん。ゆでるだけで食べられるお手軽さも魅力的です。うどんは安くてしっかりエネルギーを補給できる食材として欠かせません。
シンプルに卵などをのせ、めんつゆで食べるのもおすすめです。野菜やドレッシングなどをかけるとサラダうどんになるなど、アレンジもしやすいでしょう。

⑩ パスタ

自宅にストックしておくだけで便利に活用できるパスタ。コスパもとてもいいです。主婦が自宅で一人で昼食を済ませる時などにも利用できます。パスタソースも200円以下で購入できるものも多いです。
うどんよりも長期保存ができるのも魅力的です。さっとゆでて、ソースをかけるだけで食べられる手軽さもあります。

いざというときに!冷凍で作り置き節約メニュー


冷凍庫を使うことでより節約がしやすくなります。食材の保存方法を考えたり、作り置きをしておくことで、家事の負担も減らせるようになるでしょう。

冷凍保存のポイント

食材が新鮮なうちに冷凍庫に入れることが基本です。放っておくと食材はどんどん品質が劣化していってしまいます。購入したらすぐに冷凍庫に入れるようにしましょう。
冷凍庫に入れる前に小分けにしておくこともおすすめです。小分けにすることで効率よく冷凍保存ができるだけでなく、使うときにも便利になります。しっかり密封して乾燥を防ぐことも忘れずに行いましょう。

冷凍に向かない食材

水分量が多い食材は冷凍に向きません。冷凍することによって水の体積が増え、食材の組織を破壊してしまうためです。組織が壊れてしまった食材は調理すると水が抜けてしまい、スカスカした食感になってしまいます。
基本的に野菜は冷凍に向いていません。レタスやきゅうりなどはできるだけ冷凍を避けるようにしましょう。ただしトマトだけは冷凍しても大丈夫です。

冷凍節約レシピ3選

冷凍保存ができる節約レシピを3つご紹介します。

ミートソース

ひき肉を炒め、ニンニクやたまねぎ、セロリなどを混ぜ、トマトソースで煮込んで作ります。小分けにして冷凍庫に保管しておくことで便利に使えるでしょう。

ミートソースパスタ

上記のミートソースに茹でたパスタをあえて保存することも可能です。グリーンピースやさやいんげんを加えることで、より便利になるでしょう。

ラタトゥイユソース

なす、ズッキーニ、たまねぎ、パプリカを炒めトマトソースで煮込みます。冷凍庫に入れておくと約3週間保存が可能です。

節約食材を使って楽しく節約!


スーパーで安く手に入る食材を活用することで、美味しく楽しい節約生活を送れます。節約食材の多くは栄養バランスもよく、健康的です。上手に活用して節約を成功させましょう。
節約のコツは無理せずに長く続けることです。料理を楽しみながら節約できる節約レシピを活用すれば、楽しみながら節約ができます。
 ]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です