食費節約でより豊かに!月々の食費を工夫する方法

4 min
コラム

家族人数別!食費の相場


何人家族かによって、当然、月々の食費の金額も変わってきます。家族の人数が多ければ多いほど食費が増えることは想像に難くないでしょう。
同じ人数の世帯であっても、家族構成や子供の年齢、性別によっても食費は変わります。食費の平均値は参考までにとどめるようにし、節約する方法を考えていきましょう。

2人家族の平均食費

夫婦二人で生活している場合など2人家族の場合、月々平均で3〜4万円ほど食費としてお金を使っていると言われています。実家などからお米や野菜がもらえる世帯も多いのも特徴です。
子供がいない世帯の場合、節約の工夫は比較的しやすいでしょう。節約する上で目安とする金額は平均よりもエンゲル係数をおすすめします。
エンゲル係数は、「食費÷消費支出×100」で計算することができ、この数字が20%台になるように工夫してください。

3人家族の平均食費

夫婦と子供1人の3人家族の家庭では、毎月5万円ほど食費に使っていると言われています。
まだ小さな子供である場合、ミルクや離乳食などにお金がかかります。食べ盛りの子供がいる場合はさらに食費がかかることもあるでしょう。
極端に食費を切り詰めてしまうと、子供に十分な食事を与えることができなくなってしまう恐れもあります。育ち盛りのお子さんがいる間は、無理に節約をすることはあまりおすすめではありません。
エンゲル係数を目安に食費の予算を立てるようにすることで、無理せず節約ができるようになります。家族のエンゲル係数が20%台になるように工夫をしましょう。
1週間分の献立をあらかじめ考えた上で買い物に行き、まとめ買いをすることも節約する上で効果的です。

4人家族の平均食費

4人家族の1ヶ月あたりの食費の平均8万円と言われています。しかしこの数字はあくまでも平均であり、子供の年齢や地域差によって食費は大きく変わってきます。
平均を上回っているからといって慌ててはいけません。無理に平均であろうとすると、ストレスになってしまいます。参考程度にとどめておきましょう。
4人家族の家庭が食費を節約したいのであれば、まず外食の回数を減らすことをおすすめします。なるべく自炊をするようにすることで食費を減らすことができるでしょう。
家計簿につけるときに、食費を細かく分類して記録することも節約をしやすくなる秘訣です。「食費」とするのは食材のみに限定し、お酒やおやつなどは別の項目で整理するとわかりやすくなります。

節約するなら食費から!

より家計を安定させ、ゆとりを持たせるためには食費の節約をしましょう。月々の出費の中で食費は最も工夫しやすい項目でもあります。節約術初心者は、まずは食費から見直すようにしてください。
家族の食費を考える上では平均よりもエンゲル係数を意識することをおすすめします。2人家族の項目でも説明しましたが、「食費÷消費支出×100」で出す数字が20%台になる工夫をすることで、無理せず食費を節約できます。

食費を節約する簡単な方法5つ


月々の食費を節約することで、より家計を安定させることができます。貯金をするゆとりも生まれるでしょう。家計の中でも食費は特に工夫しやすい項目です。
節約初心者でもできる、簡単な食費節約方法を5つご紹介します。できることから少しずつ始めていき、食費節約をマスターを目指しましょう。

週予算・月予算を決める

月の初めや収入が入った時など、タイミングを決めて1ヶ月間の食費の予算を決めましょう。はっきりと予算を決めることで、より食費を節約しやすくなります。
予算を決めれば、無意識のうちに「食費を予算内に収めるようにしよう」と思うようになります。買い物の際にも予算を考え、よりお得な買い物ができるようになるでしょう。
予算を決める期間は1ヶ月間でも1週間でも構いません。長い期間で予算を決めることで支出にメリハリをつけられる一方、短い期間での予算はより節約意識を高める効果があります。
自分の経済状況にあった予算期間を設定することがおすすめです。

まとめ買いをする

食費を節約したいのであれば、1回の買い物でまとめ買いをし、買い物に出かける回数を減らす工夫をしましょう。
買い物に行く回数が増えればその分出費も多くなります。スーパーなどで陳列された商品を見ていると、「必要かもしれない」などと感じさせられます。結果として必要ないものまでたくさん買い込んでしまうのです。
余分なものを買うことを防ぐためにも、買い物に行く回数は制限することをおすすめします。食品はまとめ買いをし、スーパーに行く回数をなるべく減らすようにしましょう。
必要なものをあらかじめリストなどにメモしておくことは、いらないものを買うことを防ぐ効果もあります。

外食代を抑える

どうしても外食をすると出費がかさみます。節約をしたいのであれば食事はなるべく自宅ですませるようにしましょう。自宅で作った方が、外食よりも食費を安くおさえることができます。
月々の外食の回数を決めましょう。回数を決めることで、外食による出費は減らせます。また、外食の際に利用するお店もあまり高級な場所を選ばないようにしてください。お店選びに気を配ることで、節約もできるようになります。
自宅で食事をすませる工夫をすることも重要です。料理をする時間を確保したり、家族の中で当番制にするなどすることで、自宅で食事がしやすくなります。

ネットスーパーや宅配を利用する

お店にはものが欲しくなるような誘惑がたくさんあります。買い物に行くと、ついつい余分な必要ないものまで買ってしまうという人は少なくありません。むしろお店は、意図してお客さんにたくさんものを買わせようと工夫しています。
誘惑に弱い人は、ネットスーパーや宅配を利用するようにしましょう。必要ないものを見ることがないので、無駄づかいを減らせます。手数料や送料などがかかることもありますが、余分なものを買うよりも出費が減ることがほとんどです。
買い物に行く回数を減らすことは、食費の節約の上でとても効果があります。誘惑に弱い人は、お店に行くのではなく自宅にいながら食品が買える方法を選びましょう。実際にお店に行く手間も省けるので、時間の節約にもなります。

節約食材・節約レシピを試す

節約レシピを使って食費を節約することは、特に料理が好きな人におすすめの方法です。本やインターネットを使えば節約レシピがたくさん見つかります。
「これが節約レシピ?!」と驚くようなものが作れることもあるので、楽しみながら食費を節約できます。
食材の中にも節約の工夫ができるものはたくさんあります。料理の際に使う食材の選び方を考えるだけで、食費はかなり安くおさえることができるでしょう。
日々の料理で節約ができると、モチベーションも上がります。節約レシピや節約食材による方法は、気持ちの中で豊かさも保ちながら節約できる方法です。

各家庭にあった節約術を見つけて実践しよう


収入や家庭の事情によって食費の節約方法は大きく変わってきます。各家庭にあった節約術を実践することで、効果的に節約ができるようになるでしょう。
まずは現状の食費を見直すところから始め、少しずつできることから挑戦していってください。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です