分かりやすい「節約生活ルール」を作って楽しく節約しよう!

4 min
コラム

節約生活を送るコツ


家計を節約したい時は、以下のコツを意識するとよりうまく節約ができるようになります。工夫次第で無理せず節約ができるので、自分にあったやり方を探してみましょう。

目的を明確にする

どうして節約したいと思ったのか、節約の目的ははっきりとさせるようにしましょう。目的がはっきりしていると、節約のモチベーションが維持しやすくなります。
日々の中のお金を使う場面でも、目的意識があればお金の使い方も変わるでしょう。

お金の流れを把握する

月にどれくらいの収入があり、逆にどれくらいの支出があるのかを把握するようにします。家計簿などをつけて一度自分の収入と支出の特徴を調べてみましょう。お金の流れの特徴が把握できれば、改善点も見つかります。

ご褒美を事前に決める

節約をして、目標の金額を貯金することができた時の自分へのご褒美を事前に決めておくのもおすすめです。ご褒美があることが分かっていると、節約へのモチベーションも維持しやすくなります。
節約が面倒になった時でもご褒美のことを思い浮かべて取り組めるでしょう。

我慢しすぎない

無理な節約や、達成できなさそうな目標を設定してしまうと逆に節約ができなくなります。むしろストレスがたまって無駄なお金を使ってしまうかもしれません。
節約をする際には無理のない目標を設定し、我慢するようなことがないようにしましょう。

クレジットカードの活用する

買い物の際にクレジットカードを利用すると、かえってお得に買い物ができることがあります。クレジットカードの中には買い物の金額に応じてポイントが付与されるものも多いです。
たまったポイントは別の買い物で利用できることもあるので、積極的にクレジットカードを利用することでかなりお得になります。

節約生活を送る:朝の節約方法


朝にできる節約方法をご紹介します。節約を意識して朝を過ごすことで、一日を気持ちよくスタートできます。

洗濯は最低でも1日置きに行う

毎日洗濯をしてしまうと、それだけ水や洗剤を多く使ってしまいます。できるだけ洗濯物をためてから洗濯機を回すようにしましょう。
毎日洗濯をすると年間で8000円かかると言われています。最低でも1日おきに洗濯を行うとかなりの節約になります。

歯磨きや洗顔は水をためる

歯磨きや洗顔をする時は蛇口の水を流しっぱなしにするのではなく、桶などに水をためるようにしましょう。コップ1杯の水で歯磨きをしたり、桶にためた水で洗顔をすると、水の節約ができます。

新聞の購入はやめて、テレビやアプリで読む

世間のニュースを知る上で新聞は便利ですが、テレビやアプリを活用することで十分と感じる人も多いのではないでしょうか。新聞が必要ないと思う人は新聞をとるのをやめましょう。

待機電力を減らす

家電の待機電力を節約することで、月に700円ほど電気代を浮かせられます。使用していない家電のコンセントをこまめに抜くことで待機電力の節約が可能です。

節約生活を送る:昼の節約方法


日中の生活でも節約の工夫はできます。ほんの少し手間をかけるだけで節約できるようになるので、できるところから始めていきましょう。

飲み物を持参する

自分でボトルを用意し、飲み物を持参することでかなりの金額を節約できるでしょう。
喉が渇いた時などにコンビニなどでペットボトル飲料を買っている人はいませんか?毎回ペットボトル飲料を買っていると結構な額のお金を使ってしまいます。
マイボトルで飲み物を持参することで、ペットボトル飲料代の100円以上節約ができます。

弁当のおかずはまとめて作り置きする

お弁当を持参することで昼食代を節約できます。それでも「お弁当を作るのは面倒」と感じている人は多いです。そんな人は週末などにお弁当のおかずをまとめて作り置きしておきましょう。
簡単な調理で食べられる状態にしておくことで、お弁当作りが楽しくなります。
作り置きをしておくことにはお弁当作りが楽になるだけではなく、買い物に行く回数を減らせるメリットもあります。買い物に行く回数を減らせれば、それだけお金を使う場面も少なくなるため節約ができます。

節約生活を送る:夜の節約方法


夜もできる節約術もあります。無理なく工夫していくことで、結構な金額を節約できるでしょう。

スーパーのタイムセールを狙う

夕方になるとスーパーなどではタイムセールが行われます。通常よりも安く買い物ができる時間帯です。その時間帯を狙って買い物に出かけるようにしましょう。
同じ商品でも30%引きや半額になっているものも目立ち始めます。特にお惣菜などは狙い目です。夕方以降にスーパーを利用することで、使うお金もかなり違ってきます。

飲み会の参加回数を減らす

1回の飲み会に参加することで結構な金額のお金を使ってしまいます。もちろん参加したい飲み会や、参加することにメリットのある飲み会を無理にキャンセルする必要はありません。
しかし必要性を感じない飲み会に参加することは極力避けるようにしましょう。
月々の飲み会参加回数を制限するのもおすすめです。参加したとしても「二次会に行かない」などの分かりやすいルールを設定しておくと節約がしやすくなります。

家電のつけっぱなしに注意する

夜はどうしても電気をたくさん使います。電気の使用量が多くなれば当然電気代も高くなります。使用していない部屋の電気をつけっぱなしにするのはやめましょう。
こまめに部屋の明かりは消すことを意識するだけでもかなり電気代を節約できます。
部屋の明かりだけでなく、家電の電気にも気を配るようにしましょう。必要ない家電がつけっぱなしになっているだけで、電気の使用量は増えてしまいます。

節約生活を送る:その他の節約方法


その他にも日常の中でできる節約方法はあります。節約効果のあるおすすめの方法をご紹介しましょう。

断捨離する

部屋の中に余分なものが多い人ほど無駄遣いをしやすいと言われています。実際に節約をする前にいらないものは一気に処分してしまいましょう。部屋の中がすっきりすると、意識も変わり、無駄遣いを減らせます。

服は質の良いものを買う

値段が安く質の悪い服をたくさん持っているよりも、多少値段が高くても質の高いものを数着持っているだけの方が結果として洋服代が安くなります。目先の値段にとらわれずに、服はなるべく質のいいものを買うようにしましょう。

電球をLEDに変える

部屋の明かりの電球をLEDに変えることで電気の消費量を減らし、電気代を節約できます。特に電気をつけている時間が長い居間などの照明をLEDに変えると節約効果が出やすくなります。

公共料金をクレジットカードで払う

電気代やガス代などの公共料金をクレジットカードで支払うようにすると、その代金分のポイントが貯まります。貯まったポイントは買い物などにも利用できます。
毎月必ず支払う公共料金をクレジットカードで支払うことで、一定額分のポイントを貯められるでしょう。

生活の中で節約を意識してお金を貯めよう


日々の生活の中でほんの少し節約の工夫をするだけでお金が貯まりやすくなります。無理のない範囲で自分なりの節約ルールを決め、実践していきましょう。毎月少しずつ家計に余裕が出てくるようになります。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です