貯金が苦手な人も大丈夫!無理なく1年で100万円貯めるための方法を伝授

5 min
コラム

貯金あなたはいくらありますか?

とにかく毎日の生活に必死で、なかなか貯金をする余裕がないという人も多いのではないでしょうか。

毎月少しずつでも貯金ができれば、困ったときはもちろん心の余裕にもつながってくるので、できればしてみたいものです。

そこで今回は、できるだけ毎月の生活を圧迫することもなく気軽に貯金するための方法をご紹介したいと思います。

この時期を最後まで読んでいただけると、今まで何度も貯金にチャレンジしても成功しなかった人もきっと貯金ができるようになるはずなので、しっかり最後までご一読ください。

貯金を始める前にチェック!改めて必要な確認項目

貯金を始める前にチェック!改めて必要な確認項目-h2
出典元:123RF

貯金をできる人とできない人違いについて、あなたはどこに違いがあるのか考えたことはありますか。
実は、貯金ができる人とできない人とでは、簡単で単純な部分に違いがあります。その違いとは以下のような部分です。

  • 収入と支出をしっかり把握していない
  • 無駄と呼ばれる支出が多くある
  • 家計簿をつけていない
  •  

その違いは上記の3点です。中でも見落としがちになっているのは、2点目の「無駄と呼ばれる支出が多くある」という点です。

それでは、この3点についてさらに詳しく解説しましょう。

収入と支出を確認する

貯金をしっかり行うためのポイントひとつ目は、収入と支出をしっかり把握しているかいないかという点です。

実は、なかなか貯金が成功しないと嘆いている人の多くは、毎月の収入と支出を把握していないという人が多いのです。

給料などの収入や保育料やローンなど、毎月の定期的な出入りは把握してるのに…。

という声が聞こえてきそうですが、定期的な収入・支出はもちろんですが、突発的な出費となる交際費や慶弔費に加え、外食を含めた毎月の食費などもしっかり把握していないと把握しているという事にはならないのです。

毎月少しずつでもいいから貯金をしていきたいと思ったときは、まず1円単位まで細かく明記した1ヵ月の収入と支出について、改めて確認してみるようにしましょう。

支出の項目から削れそうな所を確認する

ポイントふたつ目は、支出の項目から削れそうな所を確認する事です。

支出の中から削れそうな所を確認する。これは、1ヵ月の収入・支出の確認ができると、簡単に見えきます。

たとえば、仕事中のランチを外食からお弁当に変えたり、スーパーへの買い物を車で行ってたのを自転車に変えたりするだけで、食費やガソリン代を削ることができます。

また、いざというときに役立つからと、特売の日に洗濯洗剤や調味料を購入して多量にストックしていませんか。実は、このストックこそが貯金への道を邪魔している要因のひとつなのです。

貯金が上手な人は、「物を多く持たない」とか「部屋に物が少ない」と言われています。その理由がこのストックです。

備品のストックはあるととても安心します。しかし、すぐに使うものでもないものを、特売だからという理由で購入するのは、それだけお金を使っていることにもつながります。

ストックするのをやめて、なくなりそうになる直前に購入するというスタイルに変えるだけでも、出費を防ぐことができるので、家計を見直し削る努力をしてみましょう。

家計簿を習慣化するようにする

ポイントみっつ目は、家計簿を習慣化です。

ポイントひとつ目・二つ目にあたる、毎月の収支や無駄を省くための確認は家計簿をつけていると即確認することができます。

家計簿を毎日つけていると、その日の出費が数字となってハッキリ出てきます。あまりにも明確に出るため、「今日は使い過ぎた」とか「今日は昨日ほど使わなかった」など、自分の意識も変わってきます。

しかし、「毎日ノートを開きレシートを出して電卓で計算する」となると長続きするかどうか不安に感じることもあるでしょう。

そんな人におすすめしたいのが、2秒かんたん家計簿おカネレコなどのスマホのアプリを利用する方法です。アプリの種類にもよりますが、利用した分の金額を入力するだけで1ヵ月の収支管理を行ってくれる便利なアプリもあります。

ノートだけでなくアプリも上手に利用して、家計簿を習慣化してみましょう。

手軽に始められる家計簿 2秒かんたん家計簿おカネレコ

さっそく貯金にチャレンジしてみよう!

さっそく貯金にチャレンジしてみよう!-h2
出典元:123RF

貯金を成功させるための3つのポイントは理解していただけたかと思います。それでは、先に紹介した3つのポイントをおさえつつ貯金を成功させるため実践すべき5つの項目をご紹介します。

  • 目標や目的をきめる
  • 給料日にすぐに貯金する
  • 会社の福利厚生をうまく利用する
  • 保険も上手に活用する
  • たまのご褒美のデーを作る

大げさな事のようにも感じられますが、この5つの項目を実践できるか・できないかで貯金の成功率は変わってきます。

そこで、次の項ではこの5項目についてさらに詳しく紹介したいと思います。

目標や目的をきめる

まずは「目標や目的をきめる」ことです。何事もとにかく成功させるためには、目標や目的を決めることが大切です。

自分の目標を明確にすることで、その目標を達成させるためにどうすればいいのか、自然と頭は働いてくれるようになります。

しかし、いきなり「来年マイホームを建てたい」など達成し辛い目標では意味がありません。できれば確実に達成できそうな目標にすることがおすすめです。

「年末までに5万貯金する」でも大丈夫!「目標を達成できた」という結果が大切なのです。

給料日にすぐに貯金する

貯金を成功させるためには給料日にすぐに貯金することが大切です。

給料を迎えると、さまざまな支払いなどの振り分けを行うため、全ての現金をいったん手にするでしょう。そして、振り分けを行い数日後に口座へ入金し貯金をする人がほとんどかと思います。

しかし、貯金ができない人の多くは、その入金までの数日間が落とし穴になっているのです。

なぜなら、少しでも現金を手元に置いてしまうと「お金を持っている」という錯覚が起こってしまい、無駄に買い物などをして貯金するはずのお金を使ってしまうことがあるからです。

よって、しっかり貯金をするためには、貯金するお金は手元に置かず、即口座へ入金することがおすすめです。余分な現金は手にしない方が貯金成功への近道になるのです。

会社の福利厚生をうまく利用する

仕事の都合などで、給料日に即別の口座へ入金して貯金をする!という事が難しいという人も中にはいるでしょう。そんな人におすすめしたいのが、給料から天引きさる財形貯蓄が便利です。

財形貯蓄とは、勤労者財産形成促進法に基づいて会社が導入している福利厚生のひとつで、毎月の給与から一定の金額を天引きし、金融機関に送金を行う貯蓄方法です。

この制度なら現金を手にすることもなく給料から天引きとなるため、気が付かないうちにお金が貯まっていくという友好的なシステムです。

自分が勤めている会社では、この財形貯蓄ができるかどうかわからないという人は、一度事務担当者に、財形貯蓄の制度があるかどうか確認してみると良いでしょう。

三菱UFJ銀行の財形貯蓄(財形預金)を調べるならこちら

保険も上手に活用する

現金を直接貯金することがどうしても苦手という人には、保険を使った貯金がおすすめです。

一般的な保険は、病気やケガなどに対し補償をメインとしたものです。しかし、保険の種類によっては、補償のほかに貯蓄を目的とした保険もあります。

貯蓄をメインとした保険には、養老保険・学資保険・個人年金保険などがあります。目的はそれぞれ違いますが、どの保険も補償と貯蓄の両方が備わっています。

よく、家計を見直すなら保険も見直しましょう!という言葉を聞きますが、貯蓄がどうしても苦手だという人は、このような貯蓄型の保険を利用してみるのも手段のひとつです。

また、補償を重視した掛け捨てタイプの保険でも、種類によっては満期時に小学ではありますが返戻金が受け取れるものもあるので、いろいろ検討してみると良いでしょう。

かんぽ生命の貯蓄型保険をチェックするならこちら

たまのご褒美のデーを作る

最後は「たまのご褒美のデーを作る」ことです。貯金を始めたばかりの頃は、できるだけお金を使わないように意識して過ごすかと思います。

そうすることはもちろん素晴らしいことですが、切り詰めすぎた生活を送っていると逆にストレスを感じて息苦しくなってしまうこともあります。

そこでそのストレスをため込まないために、たまに美味しいものを食べたり好きなものを買ったりするご褒美デーを作ることが大切です。

ご褒美デーを作ることにより、貯金を意識しすぎるストレスも発散できるはずなので、貯金を始めた際はぜひ取り入れましょう。

貯金を習慣化して楽しく過ごそう!

貯金を習慣化して楽しく過ごそう!-h2
出典元:123RF

貯金は毎日の生活を豊かにしてくれる素晴らしいことです。お金があることで心に余裕も生まれてきます。しかし、なかなか貯金ができないという人もたくさんいます。

今回貯金をするためのポイントや実践項目をいくつかご紹介しました。ぜひ今回称したことを参考に、少しの金額でもいいので、貯金にチャレンジしてみてください。

貯金についてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェックしてみてください。

上手な節約術で貯金額アップを目指そう!

記事内の情報は2019/08/06時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です