収納から溢れる洋服を賢く断捨離する方法

4 min
コラム

洋服を断捨離するメリット


洋服を断捨離することで以下のメリットを得ることができます。
・着回し上手になれる
・自分に似合う服がわかる
・収納スペースが広がる
それぞれについて順番に見ていきましょう!

着回し上手になれる

洋服を断捨離すると、ズバリ着回し上手になれます。というのも、洋服を大量に捨て去ることで限られた洋服での着回ししかできないため、自然とセンスが磨かれていくのです。
このメリットはファッションに敏感な女性にはかなり嬉しいポイントではないでしょうか。

自分に似合う服がわかる

洋服を断捨離していくと、自然と自分に似合う洋服だけが残りやすいです。つまり、断捨離によって自分に似合う洋服のジャンルが明確になるので、新しい洋服を購入する時にとても役立ちます。
洋服を買ってみたものの、家に帰って試着してみると「あんまり似合ってない」ということがありますよね。洋服を断捨離することで自分に必要な洋服を知ることができ、なおかつ無駄な出費も抑えることができます。

収納スペースが広がる

断捨離の醍醐味は、なんといっても収納スペースが一気に増えることです。洋服いちまい一枚は大した厚みではないですが、数が多くなるととてもかさばり収納も一苦労。洋服を取り出すのも大変ですよね。
断捨離をすることでスペースが増えるということは、それだけ片付けるのも楽になります。余裕を持って収納することができるので、洋服を取り出す時もあちこち引き出さなくてもお目当ての洋服を取り出しやすくなります。

洋服を断捨離するデメリット


洋服の断捨離は収納が増えたり、ファッションセンスが磨かれるなどメリットばかり目立ちますが、実は以下のデメリットも存在するんです。
・あとで後悔することもある
・着る服が無くて困ることも
・新しい服を衝動買いしたくなる
それぞれについて順番に見てみましょう。

あとで後悔することもある

洋服の断捨離は、勢いがつき過ぎてしまうと大事な洋服や思い入れのある洋服も思い切って捨ててしまうことがあります。その時は「これはもう着ないから! 」なんて思っていても、あとになって「なんで捨てちゃったんだろう……」と後悔しても手遅れです。
そうならないために、思い入れのある洋服や高いブランド物、とくにオフシーズンの洋服は冷静になって考えましょう。シーズン前の洋服は、今着る必要がないため捨てる選択をしてしまいがちですが、時期が来た頃に「どこに仕舞ったかな? 」と既に捨てた洋服を探すハメになることもあります。

着る服が無くて困ることも

洋服を一気に断捨離すると、今度は着る服が無くて困ってしまうこともあります。限られた洋服で着回し上手になることもありますが、それは残った洋服にもよりますし、自分のセンス次第です。着回しのことを考えずに捨ててしまうと、こうした事態を招きやすいので注意しておきましょう。

新しい服を衝動買いしたくなる

断捨離の最大のデメリットともいえるのが、収納が増えたことや洋服が少なくなったことで“新しい服を衝動買いしたくなる”ことです。
ガランと空いた収納スペースを見ているとなぜか寂しい気持ちになりますし、物を捨てると新しい物が欲しくなる『物欲』が湧いてきます。
物欲に支配されてしまうと、せっかく生まれたスペースが新しい洋服でドンドン埋まってしまうので、当初の目的を見失わないようにしましょう。

洋服を断捨離する方法


断捨離のメリット・デメリットについてご紹介してきました。次はいよいよ洋服を断捨離する実践方法について解説したいと思います。洋服の断捨離が始めての方は、以下を参考に自分なりの捨てる基準を考えてみてください。

所持枚数によって残す洋服を考える

洋服を断捨離する時は、現在の所持枚数から残すべき洋服の枚数を考えてみましょう。例えば、「200着以上あるなら100着にする」「100着なら50着に」という風に考えておくと、断捨離の終わりを設定することができます。洋服の枚数を数えるのが面倒な方は、全体の1/2、1/3の量を感覚で把握しておきましょう。
漠然とした計画で洋服を捨ててしまうと、つい捨て過ぎてしまうことや逆にまったく捨てられないということが起こりやすいです。それを防ぐ意味でも、残したい洋服の枚数はあらかじめ決めておきましょう。

最後に着た日を覚えていない洋服は捨てる

捨てる決断がなかなかつかない時は、その洋服を最後に着た日を思い出してみましょう。もう何年も着ていない、最後には着た日を覚えていないということは、おそらく今後も着る機会はないはず。
つまり、最後に着た日を覚えていない洋服はあなたにとって必要のない物です。迷わず捨ててしまいましょう。

今現在着れない洋服は捨てる

洋服の中には、今現在着れない洋服が数多く存在するはずです。例えば、年齢的に着るのがキツくなった洋服や当時と今とでセンスが変わってしまった趣味じゃない洋服たち。
今の感覚で「着れない」と思った洋服は、今後も絶対に着ません。迷わず捨てて大丈夫です。

痩せたら・いつかは絶対に着ない

断捨離をしていると“痩せたら着られる洋服”が少なからず出てきます。その中には思い入れのある洋服もあり「いつか着るから」と捨てない選択を取ることがありますが、捨てて問題ありません。
「痩せたら・いつかは」と思って着た服はありますか? おそらく大半の方は経験がないはずです。確かに痩せたら着られる日も着ますが、それはだいぶ先の話になってしまいます。それくらいなら思い切って捨ててしまい、スペースを広げる方が得策です。

悩む洋服は捨てない

どうしても捨てる選択ができない洋服は、あえて捨てない選択を取りましょう。1着の服に時間を掛けてしまうよりも、次の洋服の断捨離に取り掛かる方が効率的です。
断捨離を行う機会は何度でもありますし、今は捨てれない洋服でも次は捨てることができるかもしれません。洋服の断捨離はテンポが大事です。少しでも考え込んでしまう洋服は次の機会に改めて選択してみましょう。

断捨離した洋服の処分方法


大量に出た捨てる洋服はそのまま処分するのいいですが、以下の方法も検討してみてください。
・SNSで貰い手を探してみる
・フリマアプリに出品してみる
・古着屋さんに持ち込み買い取り
それぞれの方法について順番に見てみましょう。

SNSで貰い手を探してみる

捨てるのがもったいない、誰かに着てほしいと思う洋服はSNSで貰い手を探してみましょう。あなたの知人の中には、捨てたい洋服を欲しいという人がいるかもしれません。
捨ててしまうよりも、誰か知っている人に着てもらうと嬉しいと思いますよ。また、貰い手が多く現れた場合は、あなたの服のセンスが良いという証明にもなります。

フリマアプリに出品してみる

洋服を処分する前に、フリマアプリに出品する方法も検討してみましょう。値段や状態によってはすぐ売れることもありますし、有名ブランドやメーカーによっては高く売れることもあります。
購入時に高かった洋服や未使用品は以外と高値がつくことがあるので、同じ洋服が出品されていないか検索してみましょう。断捨離ついでにちょっとしたお小遣い稼ぎにもなるのでお得です。

古着屋さんに持ち込み買い取り

フリマアプリで売れそうにない洋服は、近所の古着屋さんに持ち込み買い取りしてもらいましょう。古着屋さんの場合、そこまで高い買取金額は期待できませんが、査定額0円の洋服を無料で引き取ってくれます。
自分で処分する手間がはぶけるので、大量の洋服は古着屋さんに持ち込んで処分する方法もおすすめですよ。

断捨離後の収納方法


さいごは、断捨離後の収納方法についてご紹介します。せっかく広げた収納スペース、この機会に少しだけ工夫して洋服を片付けてみましょう!

クローゼットに収納する時はコーナーを分ける

とてもシンプルな方法ですが、クローゼットに収納する時は洋服のジャンルによってコーナーを分けてみましょう。
ジャンル別のコーナーを決めることで、どこにどんな服が入っているか把握しやすくなります。取り出す時や片付ける時にとても便利になるので、これまで適当に収納していた方はこの機会に分かりやすい収納を目指してみましょう。

収納BOXやハンガーを統一

洋服を仕舞う時は、100均で手に入る収納BOXやハンガーに統一するのもおすすめです。洋服の断捨離をすると大量のハンガーが出てきますが、よく見るとどれも形や長さが違うはず。
ハンガーは同じ種類や長さの物で統一させ、合わせて収納BOXも同じサイズで統一するとスッキリとした収納に仕上がりますよ。

洋服の断捨離はお金にしよう!


洋服の断捨離は、想像以上に大量の洋服が出てきます。それらを全て処分してしまうより、まずは売れそうな洋服がないかチェックしてみましょう。フリマアプリを活用してみると、意外とお金になるのでおすすめですよ。
こちらも参考にしてください
断捨離のやり方は?物や人間関係の考え方]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です