断捨離のコツを覚えて快適な生活を手に入れよう!

4 min
コラム

断捨離のコツを覚えて手に入る生活とは


断捨離は物を捨てるだけが目的ではありません。断捨離後の生活にこそ本質が詰まっており、その本質を知ることが本当の意味での断捨離につながるのです。
断捨離のコツを覚えることで手に入る生活とはどういうものなのかご紹介していきます。

本当に必要な物だけが家に残る

断捨離は不要な物を捨て去り、本当に必要な物だけを残したシンプルな生活を手に入れることが目的です。日常の中には無くても困らない物がたくさんあり、それらを捨て去ることで物欲とは無縁のゆとりある生活を送ることができます。
例えば、家電製品など必要な物が揃っていればそれ以上買う必要はありませんよね。続々と発売される新製品を追い求めるとお金がいくらあっても足りませんし、服や食器にしても最低限の物があれば本来は十分なんです。
断捨離は自分にとって必要な物を考えるきっかけとなります。物欲から無縁の生活というのは現代社会においてとても魅力的なことではないでしょうか。

不要な物は買わなくなる

断捨離には「不要な物を家に入れない」という考え方があります。つまり、自分にとって本当に必要な物以外は購入しなくなるのです。
例えば買い物をする時、レジ横の商品をつい買ってしまうことはないでしょうか。本来は買うべき物がリストとしてあったはずなのに、「なんとなく使えるかな?」という思いから、必要でない物を買ってしまい「どうして買ってしまったんだろう」と後悔したことがありませんか?
断捨離のコツが身につくことで、物を購入する時には今まで以上に「本当に必要なのか? 」ということを冷静に考えられるようになります。

部屋が散らかりにくい

断捨離後は各部屋の収納スペースが増えるため、部屋が散らかることなくキレイな状態を保ちやすくなります。
収納に十分なスペースが無いと片付けが大変になり、仮置きと言いつつ床や部屋の隅に物を置いたりしていないでしょうか。家に不要な物が多いと収納スペースから物が溢れやすく、部屋が散らかる原因となります。
断捨離により収納がキレイに整理・整頓されるため片付けが楽になりますし、「折角キレイにしたのだから」という気持ちが部屋を常にキレイにしてくれます。

気持ちが明るくなる

不要な物を思い切って断捨離してみると、不思議と心がスッキリします。その感覚は気持ちを明るくさせ、性格まで前向きに変えてくれる効果があります。
今まで物を捨てれずにいた自分へのイラ立ちや、思い出のある物への執着心からの開放感が心を明るい気分にさせてくれるのです。

断捨離を上手く進めるにはコツが必要


断捨離は思いつきで始めると、なかなか作業が進まなかったり、失敗や後悔に繋がりやすいです。一時的な感情(やる気)は正常な判断力を鈍らせるため、その時は必要ないと思っても「やっぱり捨てなきゃよかった」という事態を招く原因となります。
これからご紹介する断捨離のコツを参考に、不要な物を捨ててみましょう。
断捨離のやり方は?物や人間関係の考え方

ジャンル別に進める

部屋中を一斉に断捨離するという方法もありますが、慣れないうちは収拾がつかなくなりやすいため、片付けやすいジャンルを決めて取り掛かるのがおすすめです。
断捨離をしようと思ったきっかけが「洋服」であれば、まずは洋服の断捨離に絞って行ってみましょう。「洋服を捨てたい」という気持ちが強いため、手際よく断捨離を進められるはずです。
また、ペースをつかむことで断捨離のコツがわかってくるので、別のジャンルでも応用することができます。

現在使っていない物から捨てる

断捨離を実際に始めてみると、意外と物を捨てられないものです。そういう時は、「現在使っていない物・使用頻度の低い物」を基準に物を捨ててみましょう。
最後にいつ使ったかもわからない物や買ってから一度も使っていない物は、今後も使うことはありませんし、自分にとって不要な物です。

断捨離のコツは“決断する意思”が重要

断捨離は、“物を捨てる決断力”がないと前に進みません。断捨離中によくあるのが、「もったいない」という気持ちから、なかなか物を捨てる決心がつかないことです。
それを防ぐためには、「これは自分には必要ない」と自分に強く言い聞かせてみましょう。強い決心が断捨離の効率をあげてくれます。

断捨離のゴールを決める

断捨離を行う時は目標となるゴールを設定しておきましょう。ゴールが定まらないと延々と断捨離が続くため、肉体的・精神的に大変です。
例えば、洋服であれば何着残すか決める、食器棚を3スペース程度空にするなど、最初に明確なゴールを決めておくと断捨離をキリのいいところで終わらすことができます。

迷ったら“捨てない”こと

どうしても捨てられない物、捨てるか迷う物は無理して捨てる必要はありません。断捨離には捨てる決断力が必要です。しかしそれは物を捨てる決断だけではなく、あえて物を残す決断も必要だといえます。
迷ったあげく捨ててしまうとあとで後悔してしまいますし、悩んでいる時間が無駄にもなります。それならいっそ捨てないことを決断し、次の物を捨てる選択について考えるようにしましょう。

上位互換だけを残す選択

同じ物が複数ある時は、それらを見比べて使いやすい物、上位互換の物だけを残してみましょう。単純なことですが、上位互換だけを残す選択を取ることで物を捨てるスピードがアップします。

「そのうち使うかも」は考えない

断捨離をしていると、「これはいつか使えるかもしれない」という物に必ず出会いますが、「そのうち使うかも」はあまり考えないようにしましょう。
これまでを振り返ってみて「いつか使う物」を実際に使ったことがあるでしょうか。おそらくそういう経験はあまりないはずです。
確かに、いつか使えるかもしれない物はありますが、それはいつ来るかわかりませんし、永遠に来ないかもしれません。今現在使い道のハッキリしない物を残しておくよりも、使う物を残すようにしましょう。

1日で片付けようと思わない

断捨離の作業はとても大変です。そのため1日で終わらせようと考えてしまいがちですが、できれば数日掛けて行うのがおすすめです。
捨てたい物の量にもよりますが、1日で片付けようという意気込みは焦りや判断ミスを招く原因となります。2日〜3日ほど掛けて断捨離をすれば、落ち着いて考えることができますし、「昨日はいらないと思ったけど、次の日になるとやっぱり必要だ」と思うこともあります。
断捨離は週末など時間に余裕がある時に行うようにしましょう。

断捨離のコツと合わせて覚えておきたい注意点


断捨離には思いもよらぬところに失敗と後悔が潜んでいます。それを防ぐために、断捨離のコツと合わせて以下の注意点についても覚えておきましょう。

思い出の品は慎重に考えるべき

思い出の品を捨てたくて断捨離を決意する人もいますが、捨ててしまうともう二度と戻ってきません。思い出の品はほかの物より慎重に考えるべきです。
まずは捨てたあとのことを考えてみましょう。少しでも悲しい気持ちになったり、後悔することがわかっていれば今すぐに捨てる決断をしなくても大丈夫です。
断捨離をする機会は何度もありますので、その都度冷静になって考えるようにしましょう。

カバンなどを捨てる時は中身をチェック

カバンなど袋類を捨てる際、よくあるのが“カバンの中に貴重品が入っていた”というケースです。現金や大事な書類など、自分で仕舞ったことを忘れてしまうことはよくあります。
カバンにはたくさんの収納ポケットがあるタイプもあるので、捨てる前には中身が入っていないことをしっかり確かめておきましょう。

捨てる前に“売れないか”確認しておく

捨てる物の中には、実は高く売れる物があるかもしれません。昨今は空前の転売ブームなので、捨てる前には売れる物がないかチェックしておくのがおすすめです。
「売れないだろう」と決めつけず、気になる物や当時高額だった物の相場を調べてフリマアプリなどに出品してみましょう。

勢いだけで捨てないこと

断捨離には勢いも大事ですが、勢い任せで捨ててしまうとあとで後悔することもあります。断捨離を決意した時は、一旦落ち着いてどんな物を捨てたいか、どこまで捨てるかなど、少し頭の中でシミュレーションしておきましょう。
真っ白な紙に捨てたい物をリストアップしてもいいですし、片付けたい場所をスマホのカメラで写真を撮影して客観的にイメージするなど、計画を立てておくと失敗しない断捨離を行うことができます。

断捨離のコツを上手くつかんで充実した毎日を!


断捨離のコツが身につくことで、これまでと違う快適な生活が手に入ります。物を捨てるという行為は実際に行ってみると意外とむつかしいものですが、断捨離のコツを覚えると“捨てる技術”が身につくので効率良く物を捨てることができます。
今の環境を変えたいと思っている方は、断捨離をして素敵な日々を送ってください。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です