断捨離にはどんな方法があるの? さまざまなやり方を一挙公開!

5 min
コラム

断捨離のやり方は?物や人間関係の考え方

そもそも断捨離とは?


2010年に流行語にもなった断捨離。“不要な物を捨てる”という意味は広く知られていますが、実際のところ本当の意味について知らない人は多いです。
断捨離という言葉にはそれぞれ意味があり、それぞれの漢字をバラしてみることで断捨離の本質が見えてきます。
「断捨離って物を捨てるだけの意味じゃないの? 」という方は、まず断捨離の意味や目的について知っておきましょう。

不要な物を「断つ」

断捨離の「断」という言葉には、「欲に惑わされず“本当に必要な物なのか”を考える」という意味が込められています。
例えば買い物中にそこまで必要でない物をつい購入してしまったり、知人がタダでくれるということで興味のない物をもらってしまった、という経験はないでしょうか。
視界に入る商品のキャッチーなフレーズに誘惑されたり、“タダでもらえる”というお得感が不要な物を増やしてしまう原因となります。
物を買う時、他人から物をもらう時は一旦落ち着き、自分にとって本当に必要なのかどうかを考えることが断捨離のスタートです。

不要な物を「捨てる」

断捨離の「捨」という言葉には、「不要な物を捨てる」という意味が込められています。家の中を見渡してみると、使っていない物や捨てれずに取ってある物がたくさんあるはずです。
そうした物の多くは「まだ使える」「もったいない」という考え方により捨てることができません。断捨離の「捨」は、そうした“今使っていない物を捨てる技術”を養ってくれます。
必要な物を残し、不要な物を思い切って捨てることにより、気持ちにゆとりのある生活を手に入れることができます。

物への執着から「離れる」

断捨離の「離」という言葉には、「物への執着から離れる」という意味が込められています。思い出の品やお気に入りの物は、執着心からなかなか手放すことができませんよね。
しかしいくら大事な物でも使わなければ無駄ですし、残したままだと延々と場所を陣取ってしまいます。そのため執着がある物に対しては、「今は使っていないから不要だ」という風に離れる選択をすることも時には必要です。
断捨離の「離」には、大事な物を不要な物に変えさせる決断力を培う力があります。断捨離の漢字に込められて意味を知り、これからの生活に役立ててみましょう。

「衣類」の断捨離方法と収納の仕方


ここからは、ジャンル別の断捨離方法についてご紹介します! まずは「衣類」の断捨離方法と収納の仕方について見ていきましょう。

着られない服は捨てる

衣類の断捨離していると、「これはもう着られないなあ」という服が必ずあります。そう思った服は間髪入れずに捨てる選択をしましょう。どうしたら着られるかについて考えてしまうと断捨離が一向に進みません。
ここで上手くペースをつかめると、その後の断捨離スピードがアップしていきます。

痩せたら着るは捨てる

体型の変化により着られなくなった服は迷わず捨てましょう。「痩せたら着られるから」という考えを持ってはいけません。痩せて着られる日はいつやって来るでしょうか。数年先かもしれませんし、もしかしたら永遠に痩せないで終わるかもしれません。
それくらいなら思い切って捨ててしまい、空いたスペースを有効活用する方が健全です。どうしても思い入れのある服の場合は、ダイエットを行うきっかけとなる場合もあるので、数着程度は残してもいいかもしれませんね。

流行遅れは捨てる

昔流行った服は捨ててしまいましょう。過去の流行が再び来ることもありますが、それはいつになるかわかりません。流行の過ぎた服はほとんど着る機会がないので、捨ててしまって問題ありません。
再ブームが来たら「やっぱ捨てなきゃよかった」と後悔することもありますが、その時は断捨離の考えに沿ってもう一度買うかどうか検討すればいいのです。

着こなしがわからない服は捨てる

着こなしがワンパターンしかない、合わせ方がわからないという服は捨ててしまいましょう。別のアイテムを組み合わせることで新しい着こなしも生まれてきますが、そのために物を増やしてしまうのはナンセンスです。
今現在着れる服だけを残すことが断捨離の目的なので、着こなしを考える必要はありません。迷わず捨てましょう。

年齢的にキツイ服は捨てる

20代の時に着ていた服でも、体型が当時と一緒であれば着ることはできます。しかし服のデザインやジャンルによっては年齢的にキツいこともあります。その服を鏡で客観的に見て、「正直キツイかも」と思う服は迷わず捨ててしまいましょう。

処分する時はフリマアプリを活用

大量に出た不要な衣類はそのまま処分しても構いませんが、「フリマアプリ」の活用を検討してみましょう。自分にとって不要な衣類でも、ほかの人にとっては必要だと思える衣類があるかもしれません。
服のデザインやブランドによっては高く売れることもあるので、断捨離ついでにちょっとしたお小遣い稼ぎにもなりますよ。

収納する時はジャンルで分ける

断捨離で残った衣類を片付ける時は、衣類のジャンルで分ける工夫をしてみましょう。例えばシーズンごとにコーナーをもうけてみたり、着用頻度の高い洋服を手前に収納するなどすれば、見た目もスッキリします。

「本」の断捨離方法と収納の仕方


本も数が多いと場所を取りますし、かといってなかなか処分する気にはなりませんよね。続いては、「本」の断捨離方法と収納の仕方について解説していきます。

つまらない・参考にならない本は捨てる

家にある本の中には、内容が「つまらなかった」「参考にならなかった」という本はないでしょうか。内容のつまらない・参考にならない本は、おそらく二度と読むことはないので思い切って捨ててしまいましょう。

好きな本は電子書籍に切り替える

「本が大量にあるけど、好きな本だからどうしても捨てられない」という方は、大事な本や好きな本を電子書籍に切り替えるのも一つの手です。切り替えにお金は掛かるものの、データで所持すれば劣化することもありませんし、場所を取る心配もありません。

痛みの激しい本は捨てる

日焼けによるシミやインクがかすれて読めない本は捨ててしまいましょう。読みづらい本を改めて読む機会はそこまでありませんので、いつまでも置いておいても仕方がありません。

処分する時は古本屋さんに買い取ってもらう

大量に出た本を処分する際は、近所の古本屋さんで買い取ってもらいましょう。冊数によっては出張買取もしてくれるので、わざわざ持ち込む手間も掛かりません。
また、買い取り額が0円であっても無料で処分引取してくれることが多いので、自分で処分する手間も省けます。

収納する時は愛着のある本を手前に

本を収納する時は、よく読む本や愛着のある本を手前に片付けましょう。お気に入りの本を見えやすい場所に置くことでいつでも手にとって楽しむことができます。
また、収納する時に「やっぱこの本はいらないな」ということもあるので、さらに本を減らすこともできます。

「キッチン」の断捨離方法と収納の仕方


続いては、主婦にとっての戦場「キッチン」です。忙しい家事の合間に片付けていると、いつの間にか収納がグチャグチャになりますし、気づくと同じ物がいくつもあったりするもの。
さいごはキッチンの断捨離方法と収納の仕方について解説していきます。

使っていない食器は捨てる

家庭の食器の中には、よく使う「一軍食器」と滅多に使わない「二軍食器」があります。二軍食器は来客などのイザという時に便利ですが、正直そこまで必要でない食器は多いです。
そう考えてみると、必要のない食器がたくさん見えてくるはずなので、使わない食器は思い切って捨ててしまいましょう。

保存容器は必要な分以外は捨てる

タッパーなどの保存容器は、気づくとかさばっているものです。形状によって重ねられない容器も多いですし、使う容器も実は限られていたりするもの。
使用頻度の高い容器や普段の家事で必要な分だけ残してあとは捨ててしまいましょう。

同じ調理器具は使いにくい方を捨てる

調理器具も意外と同じ種類の物が多いものです。食器と同じく調理器具にも一軍と二軍があるもので、おそらく二軍も食器と同様に使いにくい理由から一軍落ちしているはず。
そういう使いにくい調理器具は捨ててしまって問題ありません。あれば便利というだけで、実際は無くても困ることは少ないです。

滅多に使わない道具は捨てる

最後にいつ使ったか覚えていないミキサーやコーヒーメーカーなどが、キッチンの奥で眠っていないでしょうか。最後に使った記憶がわからないということは、自分にとって必要ない物と同じです。
もう使い方がわからない物や新しい道具を買っているのであれば、以前の道具の出番は滅多にまわってきません。思い切って断捨離しましょう。

処分する時はリサイクルショップを活用

食器やミキサーなどの道具は、そのまま捨てるのではなく、リサイクルショップに持ち込んでみましょう。状態が良ければ買取額もそれなりに見込めますし、「捨てるのがもったいない」という気持ちも少なくなります。

収納する時は統一感を意識する

食器を収納する時は、「統一感」を意識してみましょう。例えば白の食器や形状が近いもので並べてみたり、食器の種類ごとに配置してみてください。
たったそれだけでも視覚的にもキレイですし、旦那さんやお子さんでもパッと見ただけで配置がわかるため簡単に片付けることができます。

断捨離の方法は自分の意思を基準に!


いかがでしたか? 断捨離の意味や方法についてご紹介してきましたが、結局のところ捨てる判断をするのは自分です。
自分にとって必要な物はなんのかをよく考えて、あとで後悔しないように上手く断捨離をしてみてください。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です