副業はバレるの?バレたらどんなリスクがある?理由と対処法

3 min
副業

副業がバレるとどうなる?


まずは、副業がバレるとどうなるのかについて見ていきましょう。

副業がバレた時のリスク

副業がバレたときのリスクとして考えられるのが、会社での評価が下がることです。
副業に理解がない上司や職場の場合には、白い目で見られることもありますし、何かあったときに「本業をおろそかにしているから」だと考えられてしまう可能性があります。
会社での評価に影響が出ることもありますし、給料に響いてしまうなんてことにもなりかねません。
さらに、就業規則で副業を禁止されている場合は話が変わります。この場合は、会社にバレてしまうと、最悪の場合には懲戒免職になることも。
つまり、副業がバレるとどうなるのかは職場の環境や就業規則によって大きく変わるというわけです。

会社の就業規則によっては副業を禁止している会社もある

副業がバレるとどうなるのか知りたいのであれば、まず確認するべきなのが会社の就業規則です。
副業が認められているかどうかは、会社の就業規則にはっきりと記載されています。就業規則は従業員が見えるところに置いておくことが労働基準法で義務づけられていますので、もし見つからない場合には、上司または人事部や総務部に聞いてみましょう。

会社に副業がバレてしまう理由


会社に副業がバレてしまう理由はいくつか考えられます。ここでは、会社にバレてしまう原因について見ていきましょう。

同僚に偶然見つけられてしまう

コンビニなどでアルバイトをしているところを、直接見られてしまうなどが原因として考えられます。副業がバレないようにするためには、そもそも人目につくような接客業はおすすめできません。
また、肉体労働なども人目につく可能性があるため、できるだけ避けたほうが無難です。

職場で告げ口される

告げ口に悪意があるかどうかは別として、人に話してしまうことで誰かから上司に話が漏れてしまうことも。
副業がうまくいくと、気分がよくなって、羽振りもよくなるかもしれませんが、不自然な行動の変化があると疑惑を持たれてしまうかもしれません。
そのため、仲がよい人であったとしても不用意に副業のことを話すべきではありません。

住民税の通知が会社に行く

副業をしているときに住民税の通知が会社にいくケースは、大まかに2通りあります。

  • 副業での税金が特別徴収になっている
  • 確定申告をしていない

副業をしていて特別徴収(会社で徴収する形)になっていると、会社の給料から追加で住民税が天引きされます。副業をしていると通常より住民税の金額が高くなってしまうため、会社にバレてしまうのです。
確定申告をしていない場合は脱税になってしまい、会社にバレるだけでなく追加徴税されてしまうことも。
副業がバレないためには確定申告についての理解が欠かせません。バレたくないのであれば忘れずに確定申告をしておくことと、住民税では普通徴税で納税するようにしましょう。

副業をバレないようにするには?


副業をバレないようにする方法について、見ていきましょう。

本業以外の収入は特別徴収ではなく普通徴収にする

副業がバレないようにするには、本業以外の収入にかかかる住民税を普通徴収にすることが必要です。
特別徴収とは、給与から住民税が天引きされる方法です。会社で支払っている給与分より多くの住民税が課税されることが、経理部に通知されてしまいます。
誰が副業しているかまでは特定できませんが、バレてしまうのは時間の問題です。普通徴収の場合には、副業に課せられる税金を自分で納めるのがベストです。

人目に触れる仕事をしない(在宅ワークがベスト)

副業をバレないようにしたいなら、人目につかない仕事をするのがおすすめです。
接客業や肉体労働の場合には直接目撃される可能性があります。さらに、人目に触れる仕事は時間に制約が生まれ、行動の変化が現れやすいため、会社の同僚に副業を疑われやすくなります。
そんな場合におすすめなのが在宅ワークです。
在宅ワークであれば、人目につく心配はほぼないため、確定申告の問題さえクリアすれば副業がバレる可能性はほぼないと言えるでしょう。
仕事の量を自分で調整しやすく、仕事へのパフォーマンスを最小限にできることもおすすめできるポイントです。

マイナンバーでバレることはあるのか?


「マイナンバーから副業がバレてしまうのでは?」と不安を感じる人もいるかもしれませんが、マイナンバーから副業が会社にバレることはありません。
ただし、マイナンバーを副業先で提出していいて、かつ確定申告を行なっている場合は、税務署にバレてしまいます。こうなると住民税の差し押さえが行われ会社にも通知がいくため、副業をしていることが会社にバレてしまいます。
マイナンバーそのものが副業がバレることに繋がることはありませんが、確定申告をするべき人がしていないと、間接的にバレてしまう可能性があることには注意しましょう。

会社にバレない副業


最後に、会社にバレないおすすめの副業を紹介いたします。

アフィリエイト

アフィリエイトは自分のブログなどに広告を貼り付けることで、広告収入を発生させるビジネスです。PCやスマホだけで完結するため、在宅での仕事が可能なため副業におすすめです。

クラウドソーシング

クラウドソーシングはネット上で仕事を探すことができます。ライティングやホームページ制作などの案件が多いですが、中にはデータ入力など比較的ハードルが低いものも多くあるのが特徴です。在宅でできる点で副業がバレにくくおすすめです。

アンケートモニター

アンケートモニターとは、アンケートに答えることでポイントを稼ぐことで収入を得る方法です。スマホで隙間時間を使って作業するため、本業にも影響が出にくくバレる可能性もほぼありません。

覆面捜査官(ミステリーショッパー)

ミステリーショッパーとは、特定のお店やサービスなどを覆面で調査する仕事です。仕事そのものはネットで探せますし、お店の利用は休日の行動として疑われにくいため副業がバレる可能性はほぼないと言えるでしょう。

データ入力

データ入力は、クラウドソーシングなどで探すことができる仕事です。ネット上で仕事を探せますし、在宅での仕事が可能なため、副業がバレにくいです。

株式・FX投資

株式・FX投資も副業におすすめです。投資は隙間時間でできますし、短期トレードを行わないのであれば、本業への影響もほとんどありません。また副業という認識がそれほど強くないため、万が一バレたとしても投資であれば認められている場合もあります。

副業がバレるリスクは自分で対処可能

今回は副業がバレたときのリスクや原因、バレにくい仕事について詳しく紹介しました。
副業がバレる原因はある程度決まっており、バレないためには人に言わない、確定申告を忘れない、見られる仕事をしない、という3点を守ればバレる可能性はぐっと少なくなります。
まずは副業をしてもよいのか、就業規則を確認することからはじめてみてください。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です