副業で確定申告する必要はある?手順や対象をわかりやすく!

3 min
副業

副業とは?会社に稼ぎが知られてしまう?

「副業ってそもそもなに?」
という人も中にはいるかもしれません。
副業に正確な定義はなく、本業以外にする仕事だと考えてほぼ問題ありません。
兼業・Wワークなども細かいニュアンスの違いはあれどほぼ同じ意味だと考えてよいでしょう。
副業で収入が発生した場合は、ほとんどのケースで確定申告をする必要があります。副業でいくら稼いでいるかどうかまで、本来であれば会社が感知することはできません。
ただし、副業で収入があるかどうかがバレてしまう場合もあります。

いくら副業で稼いだら確定申告をしなければいけない?

「副業でいくら稼いだら確定申告しなければいけないの?」
ということが悩みどころの人も多いかと思います。
大まかに言えば以下の場合に確定申告が必要になります。

  • 月20万円以上の収入がある場合
  • 副業の収入が「給与所得」の場合

上記の条件のどちらかを満たす場合には、給料の額に関わらず確定申告しなければいけません。

副業の確定申告の手順・仕組み


ここでは、副業で確定申告をする手順や仕組みを以下の流れで詳しく説明します。

  • 確定申告が必要な理由
  • 確定申告の流れ
  • 税金の還付を受けられる場合
  • 副業と所得の種類

確定申告が必要な理由

確定申告とは、所得がいくらあるのか申告し、その額に応じた税金を払う手続きのこと。
会社員であれば、企業が年末調整を行うときに納税を済ませています。
ですが、副業をしている場合は副業の収入があるため、話が変わります。
副業をしている分の収入がいくらなのか、税金をいくら支払わなければいけないのか申告しなければいけません。

確定申告の流れ

確定申告は、以下いずれかの方法で行います。

  1. 管轄の税務署で書類を記入し提出する
  2. インターネットにて必要事項を記入し郵送する

税金の還付を受けられる場合

副業では赤字の場合、確定申告をすることで税金が一部戻ってきます。
赤字とは、副業で得た売上よりもかかった経費の方が高い状態のこと。
ただし、下記4種類の所得の場合に限られますので、注意しましょう。

  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 譲渡所得
  • 山林所得

副業と所得の種類

副業で得られる所得には、いくつか種類があります。

  1. 給料として得られる給与所得
  2. 事業から発生する事業所得
  3. 株などの投資による配当所得
  4. 不動産などから発生する不動産所得
  5. 事業用の固定資産などを売却して得られる譲渡所得
  6. 山林を伐採して売る山林所得
  7. そのほか本業以外から得られる雑所得

この中でも区分が少し難しいのが事業所得と雑所得です。
例えば、アフィリエイト・クラウドソーシングなどを本業としている場合は、事業所得として扱われます。副業として収入を得てる場合には雑所得に分類されます。
ただし、継続していて一定以上の収入がある場合や、開業届を出し個人事業主として活動している場合には、事業所得として扱われます。
これらは明確に定義されているわけではありませんので、税務署次第で申告が認められず修正を求められる可能性があることには留意しておきましょう。

確定申告をすることのメリット

確定申告をすることで、赤字の場合には還付金が得られます。
確定申告はすることのメリットよりも、しないことのデメリットが極めて大きいです。
デメリットとしては、具体的に以下の2つがあります。

  1. 追加徴税がされてしまう
  2. 会社に通知がいき、副業がバレる恐れがある

追加徴税は、「黙っていればバレない」というものではなく、いずれ必ずバレてしまいます。
本来納めるべき税金よりも高額な税金を納めることになってしまいますので、忘れずに確定申告して納税するようにしましょう。

確定申告に必要な書類は?


所得の計算を行うためには、以下の書類が必要です。

  • 確定申告書
  • 本業の源泉徴収票
  • アルバイトの場合、副業先の源泉徴収票
  • かかった経費の領収書
  • 控除を受けられるものの領収書

これらの書類を準備しておきましょう。

確定申告で副業がばれる?


結論から言えば、確定申告をしたことで副業がバレてしまう可能性はありますが、申告するべき人が申告していない場合の方がバレてしまう可能性が高いです。

無申告の場合のリスク

確定申告をするべき人が申告していない場合、以下のリスクがあります。

  • 追加徴税がされる可能性がある
  • 追加徴税の場合、通常よりも高額の税金が課せられる
  • 確定申告するべき人がしていない場合かなり高い確率でバレる

確定申告をするべき人が確定申告をしていない場合、いずれ必ずバレます。
バレてしまった場合には通常よりも高額な追加徴税が課されてしまいますので、忘れずに申告するようにしましょう。

副業がばれないようにする方法

副業を会社にバレたくない場合は、確定申告をしなければいけません。
ただし、確定申告をしても手続きが間違っていると副業がバレてしまう可能性があります。
それを防ぐには、住民税の徴収方法を変えなくてはなりません。
住民税には2つの徴収方法があります。

  • 特別徴収
  • 普通徴収

特別徴収とは給与から天引きされる徴収方法のこと。
自分で支払う必要がないため楽に見えますが、本来納付するべき税金よりも多く徴収されていることが会社に通知されてしまいます。
誰が副業しているかまでは通知されることはありませんが、個人が特定されてしまう可能性は十分ありえます。
普通徴収であれば、自分で直接納税する必要があるものの、会社には通知がいかないため、確定申告をきっかけに副業がバレる可能性はぐっと少なくなります。
ただし、それ以外にも副業がバレる可能性はあります。
例えば以下のようなケースです。

  • 同僚の誰かがバラしてしまった
  • 副業で働いているところを直接見られてしまった

こうしたきっかけでバレないよう、安易に人に話したり、人目につくような副業は避けるようにしましょう。

副業でも確定申告は必要!しっかり準備して忘れずに申告しよう


今回は副業と確定申告の関係について詳しくお伝えしました。
副業でも一定以上の収入がある場合や給料でもらっている場合には確定申告が必要です。
うっかり忘れると高い追加徴税が課されてしまいますので、忘れないようにしっかりと申告しましょう。
確定申告は普段やり慣れていない分難しく感じるかもしれませんが、しっかりと準備しておけばそれほど難しくありません。
もし副業をするのであれば、自分が確認申告する必要があるのかどうか、まずは確認してみてください。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です