本業に影響を及ぼさない範囲内であれば副業が可能に

4 min
副業

副業の定義


一昔前までは就労規則などで「副業禁止」と定めている企業は多く存在し、実際に副業をする人もほとんどいませんでした。
けれども最近では、副業をしているサラリーマンも増えてきました。
どういった仕事のことを「副業」と呼ぶのか、そして副業による収入はどういった種類に分類されるのかをまずは理解するようにしましょう。

副業とは

「副業」の定義はさまざまなので時と場合により解釈が異なってきますが、「本業とは別に行う仕事」が大まかな意味です。自宅での内職から、アルバイト、株式投資、企業まで幅広い意味を持っています。
企業が「副業禁止」という場合の副業は、もう少し狭い意味を示します。

  • 会社での業務に支障をきたす
  • 会社に損害を与えたり、信用を損なう恐れがある

これらに当てはまらない形で、会社以外での収入を得ることを「副業」と呼びます。

副業収入の形態

そもそも働き方によって収入の形態は異なります。
会社に雇用されたり、アルバイトとして副業をする際に得られる収入を「給与所得」と呼びます。一方で、個人事業主として得られる収入は「事業所得」「雑所得」として扱われます。
これらの知識は確定申告の時に必要なので、副業によってどのような種類の収入が得られるのかを事前に調べておきましょう。
「事業所得」と「雑所得」に明確な区別はありません。一般的に事業所得は、

  • 継続性があり安定した収入が得られる
  • 将来的に儲かる可能性がある
  • 仕事に携わる時間が長い
  • 広く「職業」として知られている業務

といった条件に該当する仕事から得られる収入です。それ以外のことを「雑所得」と呼びます。
両者に明確な区別はなく所得から経費を落とせる点は同じですが、確定申告で青色申告をする際に「事業所得」として申告した方が有利になる場合もあります。

副業禁止と法律


「副業することによって法律に違反してしまうのではないか……」と不安に感じてしまう人は、実は少なくありません。
以下で、副業と法律についてご説明します。

本業に影響しない副業はOK

国民の権利に規定する日本国憲法では「職業選択の自由」が定められています。また、副業を明確に禁止している法律も存在しません。
ルールさえ守っていれば会社員は副業ができます。「本業の業務に支障をきたさない」などはもちろん、「会社に届出を出す」などの会社が定めた決まりを守れば副業ができます。

公務員の副業は法律で禁止されている

サラリーマンの副業を禁止する法律はありませんが、公務員の副業は国家公務員法の中で禁止されています。
もし公務員が副業をしてしまうと「秘密保持ができない」「(勤めている機関が)信用を失う」などのリスクが高まってしまいます。
公務員は国民に奉仕する仕事なので、サラリーマンなどよりも中立性・公平性が求められているため、副業が法律で禁止されているのです。

安全に副業をするためには


サラリーマンが副業をする際には、必ず就労規則をはじめとしたルールを事前に把握するようにしましょう。安全に副業をするためには、副業での仕事の選び方と、問題が起こった時の知識を身につけておくこともおすすめします。

本業に支障が出ない範囲で副業を選ぶ

もし副業をすることによって会社での本業に支障をきたしてしまった場合は、何らかの処罰対象になってしまう恐れがあります。最悪の場合懲戒処分をされる可能性も出てきます。
「副業のために夜更かしをしすぎて本業中に居眠りをしてしまう」といった状況にならないようにしましょう。
本業に関わる情報を、副業の業務の中で漏らしてしまうのも問題です。勤めている会社の信用を落としてしまう恐れがあります。
副業は、本業に支障にならない範囲で行うようにしてください。

いざという時の「労働審判制度」

労働者と事業主の間に起こった紛争を、迅速かつ適正に解決するための制度として「労働審判制度」と呼ばれるものがあります。
裁判所で原則として3回以内に両者が納得する形でトラブルが解決されるので、会社側も労働者側も負担をおさえられます。
副業が原因で会社側から処罰を受けた場合などに労働審判制度を利用することで、会社からの処分を免れることができるかもしれません。副業をする際には「労働審判制度」を念頭に入れておきましょう。

どんな副業ならOKか?


会社での仕事に影響を与えず、ルールを守りながらできる副業はたくさんあります。隙間時間に行えるものから、自分のスキルを活かせるものまで種類も豊富です。
自分にあったものを見つけて、副業で収入を得ましょう。

アンケートモニター

スマホやパソコンからアンケートに答えるだけで収入が得られるので、副業として人気を集めています。案件を取り扱っているサイトに登録することで行える仕事です。
たくさんの量をこなさないとまとまったお金は稼げませんが、隙間時間を見つけて作業することで毎月お小遣い程度に稼いでいる人も多いです。アンケートモニターで稼ぐには日々の中のちょっとした積み重ねが重要です。

フリマアプリ

メルカリなどのフリマアプリで家にある不用品を販売してみましょう。意外なものが、意外な金額で売れることがあります。まとまった収入が得やすい副業です。
中には自分でものを仕入れて、仕入れ値よりも高い売値をつけた上で販売する人もいます。古本や古着などが人気の商品です。流行に敏感な人や、消費者のニーズに敏感な人は、より多くの収入が得られる可能性があります。

データ入力

紙やPDFに書かれたデータをパソコンに打ち込む仕事です。たくさんの量をこなすことでまとまった収入が得られます。
最近では、クラウドソーシングサイトなどでデータ入力の仕事を受注できるようになりました。豊富な案件があり、空いた時間を活用して収入を得られるので副業としても人気です。

アフィリエイト

専門分野における知識があったり、好きな商品がある人はアフィリエイトに挑戦してみるのもおすすめです。サイトに広告を貼ることで収入が得られるようになります。
アフィリエイトを成功させるためには、たくさんの量の記事を執筆しなければなりません。サイトのデザインなどに関する知識も必要です。長期的に根気よく続けることで収益に結びついていくでしょう。

株・投資

資産運用をすることで収入を増やす方法です。株式会社が発行している株を購入したり、FXによって副収入を得るサラリーマンは昔からいました。株や投資は古くからある副業の一つです。
投資にはリスクも付きまといます。利益を出すためには常に社会情勢に敏感でなくてはなりません。また、投資について勉強し、知識を身につける必要もあります。
こつこつと努力することで、投資によって利益を得られるようになります。

副業をする際には会社のルールを守ろう


どんなに世間で副業解禁ムードが高まっていたとしても、勤めている会社のルールは守るようにしましょう。副業を禁止していなくても、一定の条件を設けている会社もあります。
サラリーマンが副業をするのであれば、事前に会社側のルールを調べておく必要があります。規則を守って副業をすることで、トラブルを回避しながら副収入を得られるようになるでしょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です