サラリーマンが副業するのは当たり前?「副業解禁」の現状とおすすめの副業

4 min
副業

サラリーマンで副業をしている人ってどれぐらいいるの?


政府が副業を推進するようになり、副業を解禁する会社も増えてきました。副業をすることは当たり前になりつつあります。今後も副業をするサラリーマンは増えていくでしょう。

副業解禁している会社の割合

2014年の段階では、副業を就業規則などで正式に許可している会社は15%もありませんでした。
けれども2017年、政府は働き方改革を進めながらサラリーマンの副業に対する意識の変革を目指し、具体的に動き始めます。多くの企業が就業規則を作る際に参考にする「モデル就業規則」を改定し、副業を許可する旨を記したり、副業に対する新しいガイドラインを設けました。
2018年からは新しいガイドラインや改訂版の「モデル就業規則」が作られ、企業は「副業」への対応を大きく変えざるを得ませんでした。その結果、2018年には副業を解禁した企業は36.9%まで増えたと言われています。
社員の副業を許可することで、会社への定着率が上がったり、一人ひとりのスキルが向上し会社の収益が伸びたという効果を実感している企業も、すで存在します。副業解禁は企業としても大きなメリットがあるのです。今後も副業を解禁する企業の割合は増えていくことが予想されます。

副業をしているサラリーマンの割合

会社での「副業」の扱い方が大きく変わり、実際に副業を始めるサラリーマンも増加しています。最近ではおよそ3割のサラリーマンが副業をしているとも言われています。
さらに、その多くが「会社が副業を許可している」と答えていました。大手企業やIT関連、ベンチャー企業を中心に「副業解禁」は広まっています。今後は金融業界やサービス業界でも広がっていくでしょう。

副業の仕事内容とその収入

人気の副業は、

  • 不用品や仕入れた商品をネットで転売
  • クラウドソーシングを使ったライター
  • 不動産投資

などが挙がっています。他にも、イラスト制作など、もともと趣味でやっていたことを副業にしてお金を稼いでいる人もいます。上手に探せば自分にぴったりの副業が見つかるでしょう。

副業での年間収入額


このグラフを見ると、副業をしている人の8割が「副業による収入は100万以下」と答えています。「100万〜200万稼いでいる」人は全体の1割です。つまり、副業はあくまでも副業であり、本業の収入を補うものでしかないということです。
参考:https://mynavi.agentsearch.jp/useful/agent_times/vo3
(上記サイトを参考にexcelでグラフを作成しました)

サラリーマンが副業をするメリット


本業以外の仕事をすることで、会社員にもいくつかのメリットが得られます。
1つは収入が増えることです。会社からの収入だけでなく、他の場所からも収入が得られるようになることで、より生活が豊かになることが期待できます。複数の収入源を確保することで、勤めている会社に万が一のことがあった場合も安心です。
2つ目は本業での業務能力が上がることです。副業の選び方によっては、本業で活かせるスキルを身につけることができます。本業と関連するスキルを磨くことで、会社での評価が上がった人も少なくありません。

サラリーマンが副業を始めるにあたっての注意点


企業に勤めている人が副業をする際には、いくつか覚えておかなければならない注意点があります。誤った副業の働き方をすると、処罰の対象になることもあるので念頭に入れておきましょう。

本業に支障はないか

勤めている会社が副業を許可していたとしても、本業に支障をきたすような状態になってしまうと処罰の対象となります。
たとえば副業に専念しすぎて夜更かしをしてしまい、会社での業務中に居眠りをしてしまうことなどが挙げられます。こうなってしまうと会社も副業を禁止せざるをえません。副業のスケジュールの関係で会社の始業時間に遅刻することも問題です。
あくまでも本業に影響を及ぼさない範囲で、副業を行うようにしましょう。

就業規則に副業禁止規定はないか

就業規則の中で副業が禁止されている場合、副業をするのは規則違反と見なされてしまうかもしれません。副業禁止と定められているにもかかわらず副業をすることには、会社に何らかの措置を取られるリスクがあります。
時には裁判沙汰になることも。過去には企業と社員が、副業を争点に裁判で争った事例も存在します。
裁判で副業をしていた社員が勝訴した例も数多くありますが、大ごとにしないためにも副業をする前に就業規則は確認するようにしてください。

副収入にかかる税金や源泉徴収

会社員が副業で所得20万円を超える場合、確定申告をしなければなりません。確定申告をすることによって所得税、住民税、社会保険料なども変わってきます。
さらに副業のやり方によっては源泉徴収が必要なケースもあります。給与所得であるパート・アルバイトは毎月の給料から源泉徴収されます。
一方、事業所得や雑所得を稼ぐ個人事業主としての収入には、源泉徴収があるものとないものがあります。個人事業主として副業をする場合は、事前に源泉徴収の有無を確認しておきましょう。

土日や夜間を活用!サラリーマンにおすすめの副業


会社員が土日や夜間などの空いた時間を使って副業をする場所として、最近人気を集めている業種があります。

  • 代行業

家事や運転などを、誰かに代わって行う仕事です。人気商品の発売時に行列に並ぶなどと言った業務内容もあります。得意な分野があり、まとまった時間が確保できる人におすすめの副業です。

  • ミステリーショッパー

飲食店や美容エステなどのお店に行き、一般客になりすましてサービスを受けた上でレポートを書く仕事です。空いた隙間時間を活用してお小遣いが稼げます。

隙間時間を使って!サラリーマンにおすすめの在宅でできる副業


副業の中には家にいながらできるものもあります。インターネットを活用してお金を稼ぐ方法が、近年増えてきました。

  • クラウドソーシングを使った仕事

クラウドソーシングサービスによって、個人がネット上で仕事を受注できるようになりました。ライターとして記事を執筆したり、データ入力の仕事などが人気です。他にも翻訳やシステム・アプリの開発など、幅広い案件が探せます。
本業でのスキルアップを目指せる副業が探しやすいのが、クラウドソーシングを利用した働き方の特徴です。働く時間を自分でコントロールできることも多いので、挑戦しやすいでしょう。

  • 転売業

モノを安く仕入れ、仕入れ値よりも高い値段をつけて販売する転売業も、副業としての人気を集めています。ヤフオクやメルカリなどの通販アプリで仕事ができるので、隙間時間を有効活用できます。

サラリーマンの副業がスタンダードになる日は近い!


政府が国を挙げて副業を推進している中、今後も副業を解禁する企業が増えていくことが予想されます。今までは副業禁止だったとしても、これからは副業するのが当たり前の時代になっていくことでしょう。
副業によってスキルアップがはかれたり、収入が安定するなどのメリットが得られます。興味のある仕事があれば、少しずつ挑戦してみてはいかがでしょうか?]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です