会社員や主婦におすすめの副業バイトは?注意点や探し方をわかりやすく解説!

5 min
副業

、副業が認められている場合でも注意するべきことがあります。
今回は、副業バイトについて詳しく見ていきましょう。

副業バイトのメリット


では副業バイトのメリットとは何でしょうか。大きく2つのメリットがあります。
・得られる収入が増える
・会社以外の繋がりができる
副業バイトの最大のメリットは、得られる収入が増えることです。空いた時間を副業に当てて収入を増やすことで、自由に使えるお金を増やすことができます。
会社以外の繋がりができることもメリットです。
社会人になって働き出すと、会社での繋がり以外が希薄になりがち。副業バイトをすることで、会社以外の人脈ができ、新しい発見や気分転換にも繋がります。
また、会社以外での仕事が評価されることで、会社への依存度が下がることもメリットと言えるでしょう。選ぶ仕事によっては、本業のスキルアップにも繋がり、本業の評価にも繋げられるかもしれません。

副業・ダブルワークOKのバイトを探すときのポイント

副業・ダブルワークOKのバイトを探すときには、どんなポイントがあるでしょうか。具体的に見ていきましょう。

日払い・手渡しなど給与形態で選ぶ

副業バイトを選ぶポイントは日払い・手渡しなどの給与形態で選ぶことです。副業でお金を稼ぐと一言で言っても、その方法はいろいろあります。
・日払い・手渡し
・給料払い
・業務委託払い
ただし、どの支払い方法を選んでも基本的に納税義務が発生します。企業から源泉徴収されない場合には、確定申告を行わなければいけない点には注意が必要です。
日払い・手渡しのバイトが副業に向いている理由は、会社にバレる危険性が少ないからです。
給与で支払われた場合、住民税をアルバイト先では引き落としできないため、本業の会社から給料以上の住民税が支払われることがバレてしまう可能性があります。
日払いや手渡しの場合は雑所得として扱われるため、個人で確認申請を行うことで会社にバレにくい、というメリットがあるのです。
しかしマイナンバーが導入されてからは、そういったことが難しくなってきました。
アルバイト先が提出する給与支払報告書にはマイナンバーを記載する必要があることから、副業していることを確認しやすくなっています。
そのためアルバイト先などでマイナンバーの提出を求められた場合は、必要に応じて確定申告を行う必要があることには注意が必要です。
確定申告しなければいけないのにしなかった場合は、申告漏れとして余分な税金を請求されます。また、ほぼ確実にバレるため、確定申告は必ず行ったほうがよいでしょう。

働きたい時間や曜日で選ぶ

本業がある人は必然的に働ける時間や曜日が限られるため、本業に支障が出て、最悪の場合会社にバレてしまいます。時間や曜日は慎重に選ぶべきです。
・「早朝・夜間」で働けるコンビニやファミレス
・「土日のみ」で働ける交通量調査やデータ入力
・イベント会場の設営など「1日のみ」で完結するバイト
・時間の融通をきかせやすい「在宅可能」なバイト
…などが、副業で選ぶのにおすすめのバイトです。

仕事内容・業種で選ぶ

選択肢としては、本業に関係ある仕事を選ぶ場合と、まったく異なる業種を選ぶ場合があります。
本業に関係のあるバイトを選ぶメリットは、本業に生かせることです。もし本業の会社で副業が認められているのであれば、本業に関わりのあるものを選ぶことがおすすめ。本業の会社での評価に繋がる場合もありますし、本業と副業双方での成果を出しやすくなります。
ただし、本業以外の接点がなくなってしまうことがデメリットです。いずれ独立や転職を考える人にとっては、選べる選択肢を狭めてしまうかもしれません。
本業とは関係ないバイトを選ぶメリットは、本業とは異なる視点や繋がりができることです。異なる人脈を作れることで、将来的な転職や起業する人には役立つ可能性があります。ただし、本業とは勝手が違う分成果を出すことが難しくなることがデメリットです。
どちらの場合を選ぶにしても、メリットとデメリットがあるため、よく考えて選ぶようにしましょう。

副業バイトをするときの注意点


副業バイトをするときには、注意するべき点があります。
それを守らないと、隠していたのに会社にバレてしまったり、副業が知られたときに大きな問題になることも。ここでは副業バイトをするときの注意点を見ていきましょう。

会社の就業規則を確認!

まず確認するべきなのが、会社の就業規則です。
就業規則で副業が禁止されている場合、無断で副業を始めるのは大きな危険が伴います。最悪の場合、解雇されてしまう可能性もあります。
就業規則の制定は労働基準法で定められているため、従業員がいつでも見ることができます。どこにあるかわからない場合は、会社の上司や人事部に確認しましょう。

確定申告に備えて年間の収入と税金は事前に計算を!

副業をするときの注意点は、確定申告で納税義務が発生する可能性があることです。副業の収入が20万円を超えている場合には、確定申告をしなければいけなくなります。
ちなみに、どのくらいの税金がかかるのかは総合的な年収がいくらになるかで異なります。参考ですが、195万円〜330万円までなら10%、330万円〜695万円なら20%の税金がかかります。
また20万円以下であっても、アルバイトとして給与をもらっている場合には、確定申告をしなければいけません。確定申告をするべきなのにしていないと申告漏れとして追加課税が徴収されてしまうため、確定申告が必要かどうかをしっかりと計算しておきましょう。

副業バイトの種類

副業バイトと一口に言っても、たくさんの種類があります。どんな種類があるのか、詳しく見ていきましょう。

飲食店や販売のサービス業のバイト

副業バイトというと、真っ先に飲食店や販売のアルバイトを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。本業と関係していなくてもはじめやすく、夜や早朝に働くこともできるため、はじめやすいアルバイトでしょう。
ただし人前に出る仕事のため、会社の人にバレるリスクも高めです。会社の人にバレたくないのであれば、働く場所をよく検討する必要があります。

警備員や工事現場などの体を使うバイト

副業バイトでよくあるのが、警備員や工事現場などでの肉体労働です。夜間に働けるものもあります。肉体作業できつい仕事も多いですが、そのぶん高単価なものも多いのが特徴。体力に自信のある人であればおすすめです。

家庭教師や講師など特技を活かしたバイト

副業バイトには、家庭教師や講師のバイトもあります。本業で専門知識がある人などであれば、そのスキルを生かせる仕事です。
仕事を見つけるのが難しい場合もありますが、近年ではこうしたスキルを求める人と必要としている人とのマッチングサービスも増えており、見つけるまでのハードルは確実に下がりつつあります。個人契約で仕事を見つけることができれば、時間の融通もつけやすくなるかもしれません。

イベントスタッフなど短期のバイト

イベントスタッフなどの短期バイトは、スケジュールを調整しやすい仕事です。タウンワークなどは短期のバイトで募集してあるものも多く、自分のスケジュールに合わせやすいバイトが見つけやすいです。
また単価も高く、1日仕事で1万円を超えるものも多いです。ただし、単発で終わってしまうものも多いため、継続して続けることが難しい場合があることには注意しましょう。

在宅で出来る求人が多いネット系バイト

在宅でできる副業バイトも増えてきています。
特別な経験や知識がなくてもできるものから、難易度が高く専門性を求めるものまで、幅広い仕事がネット上で募集されています。
ただし、仕事の中には単価が安く、時給換算で利益が出しにくいものもあり、選ぶ仕事はよく吟味する必要があるでしょう。

副業バイトの探し方


「副業バイトはどうやって探せばいいの?」という人も多いと思います。
最近は副業バイトの種類が増えてきただけではなく、その探し方も増えていています。ここではどんな探し方があるのか、詳しく見ていきましょう。

求人サイト(バイトル、an、タウンワーク、フロムエーナビ、マイナビバイト)

副業バイトを指す方法で代表的なのが求人サイトです。求人サイトで探す最大のメリットは、働きたいエリアや職種を設定して探せること。副業バイトを探すなら、いくつかのサイトで登録しておきましょう。

クラウドソーシング(ランサーズ、クラウドワークス、ココナラ)

副業バイトを探すのは、クラウドソーシングでも可能です。
クラウドソーシングは在宅でできるものが多く、場所を選ばずにできるものが多いのが特徴です。未経験でも十分に対応可能な仕事もあるため、新しい業種を経験したい人にもおすすめです。

その他(講師(ストアカ)、SNSで発信など)

専門技術があれば、その専門分野に特化したサイトで募集をかけることができます。
人に教えられる技術がある場合におすすめなのが、ストアカです。ストアカでは自分を講師として登録して、仕事を探すことができます。
発信力や人脈がある人であれば、SNSで仕事を募集することもおすすめです。
ハードルは高いですが、意識して人脈を広げる工夫をしていると、そう言った仕事を見つけることができる場合もあります。

自分や会社の状況に合わせて副業バイトを選びましょう


今回は副業アルバイトをするメリットや、副業バイトをするときの注意点について、どうやって探すのかなど具体的な情報を紹介してきました。
副業バイトは、会社で認められていれば、収入を増やすことができるなどたくさんのメリットがあります。自分のできることやスケジュールに合わせて、最適な副業バイトを探してみてください。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です