SIMロック解除とは?メリットとデメリットはあるの?ドコモ・au・ソフトバンクの解除方法まとめ

4 min
SIMロック解除

[megane pose=”komaru” align=”left” text=’SIMロック解除って…何?
結局なんなの?よくわからない…
‘]

意味不明ワードにランクインしそうな「SIMロック解除」。

必要かどうかの前にそもそも何なのか分からない…という方も多いです。

そこで今回は、SIMロック解除について初心者向けに分かりやすく解説していきたいと思います。

メリット・デメリットも含め、キャリア別のSIMロック解除方法も簡単にまとめてみました。

[jin-fusen2 text=”この記事の内容”]
[ボックス]
[リスト type=”check”]
[li text=”SIM(シム)カードとは”]
[li text=”SIMロックとは”]
[li text=”SIMロック解除とは”]
[li text=”SIMロック解除のメリット・デメリット”]
[li text=”SIMロック解除の手段は?”]
[li text=”キャリア別のSIMロック解除方法”]
[/リスト]
[/ボックス]

SIM(シム)カードとは

SIMカードとは
スマートフォンに挿入されている自分の電話番号や個人情報が入っているカードのこと。

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)でスマホを購入した場合、最初から入っています。

なので知ってはいるけど、自分で取り出して触ったことはない人が多いと思います。

SIMロックとは

SIMロックとは
契約したキャリア回線しか使えないよう、スマホにかかっているロックのこと。

例えば、ドコモのスマホからだとau・ソフトバンク回線の電話やインターネットが使えません。

勝手に使えちゃったらキャリアが困りますよね。

そのため、キャリアのスマホにはSIMロックがかかっているんです。

SIMロック解除とは

SIMロック解除とは
キャリアのスマホにかかっているSIMロックを解除するということ。

契約しているキャリアに申し込むと解除してくれます。

このSIMロック解除をすれば、ドコモのスマホでもau・ソフトバンク回線の電話やインターネットが使えるようになるんです。(SIMフリーになったということ)

[box05 title=”SIMフリーとは?”]SIMロックがかかっていないスマホのことを「SIMフリー」とも言います。
「SIMロック解除したスマホ」と意味は一緒です。[/box05]

ちなみにSIMロック解除ができるのは、2015年5月以降に購入したスマホが条件です。

iPhoneだと6s以降。(〜iPhone6、iPhone6 Plus以前は解除不可)

5年近く前なので少数だとは思いますが、2015年5月以前のスマホは解除できないので注意してください。(自力なら可能)

SIMロック解除のメリット・デメリット

SIMロック解除のメリット・デメリット
SIMロック解除のことがなんとなく分かったと思いますが、解除するメリット・デメリットはなんでしょうか。

SIMロック解除するメリット

[メリット]
[li text=”格安SIMを自由に選べる”]
[li text=”海外SIMも自由に利用できる”]
[li text=”スマホが売りやすくなる”]
[li text=”人に譲りやすくなる”]
[/メリット]

SIMロック解除する一番のメリットは、どの格安SIMでも自由に乗り換えられることですね。

解除をしていないと同じ回線の格安SIMしか選べないので。

さらに海外SIMやプリペイドSIMも使えるようになるので、海外旅行に行くときなんて超便利。

現地でSIMカードを買って挿せばすぐ使えちゃうんですよ。

あと、SIMロック解除は契約者本人しかできないので解除しておいたほうが中古ショップなどでスマホが売りやすくなります。

解除していないと安く買い取られることがあるみたい。

まあ売らないとしても、友達や家族に譲りやすくなるのもメリットですね。

SIMロック解除するデメリット

[デメリット][li text=”特になし”][/デメリット]

SIMロック解除するデメリットは特にありません。

あえていうなら解除する手間くらい。

メリットしかないので、SIMロック解除しておくと確実に便利ですよ。

SIMロック解除の手段は?

SIMロックはキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に申し込めば解除できます。

手段としては3通りですね。

手段 メリット 手数料
店舗・ショップ 店員さんにやってもらえるので一番簡単で確実。 3,000円(税別)
電話(ドコモのみ) 電話で手順を追って教えてもらえるので簡単。 3,000円(税別)
ウェブサイト いつでもできるし無料。 無料

おすすめなのはやっぱり「ウェブサイト」ですね。

なりよりも無料だから。(重要)

そんなに難しい操作でもないのに3,000円は高すぎです。。

そうとうな機械音痴でもない限り、ウェブサイトにて自分でSIMロック解除しましょう。

キャリア別のSIMロック解除方法

最後に各キャリア別のSIMロック解除方法をまとめました。

解除の適用条件もあるので、それぞれ確認してSIMロック解除を検討してみてください。

ドコモのSIMロック解除方法

ドコモのSIMロック解除方法
ドコモのスマホでSIMロック解除が適用できる条件はこちら。

[jin-fusen2 text=”適用条件”]
[ボックス]
[リスト type=”check”]
[li text=”SIMロック解除対応端末(2015年5月以降)”]
[li text=”機種購入日から100日経過であること”]
[li text=”ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと”]
[li text=”利用料金を滞納していないこと”]
[li text=”解約後でもSIMロック解除可能”]
[/リスト]
[/ボックス]

SIMロック解除の受付はこちら。

電話 ドコモの携帯電話からは局番なしの「151」(無料) 午前9時〜午後8時
ウェブサイト My docomo 24時間

auのSIMロック解除方法

auのSIMロック解除方法
auのスマホでSIMロック解除が適用できる条件はこちら。

[jin-fusen2 text=”適用条件”]
[ボックス]
[リスト type=”check”]
[li text=”SIMロック解除対応端末(2015年5月以降)”]
[li text=”機種購入日から101日目以降であること”]
[li text=”ネットワーク利用制限中でないこと”]
[li text=”利用料金を滞納していないこと”]
[li text=”解約後でもSIMロック解除可能”]
[/リスト]
[/ボックス]

SIMロック解除の受付はこちら。

ウェブサイト My au 午前9時〜午後9時半

ソフトバンクのSIMロック解除方法

ソフトバンクのSIMロック解除方法
ソフトバンクのスマホでSIMロック解除が適用できる条件はこちら。

[jin-fusen2 text=”適用条件”]
[ボックス]
[リスト type=”check”]
[li text=”SIMロック解除対応端末(2015年5月以降)”]
[li text=”機種購入日から101日目以降であること”]
[li text=”ネットワーク利用制限がかかっていないこと”]
[li text=”利用料金を滞納していないこと”]
[li text=”解約後はいつでもSIMロック解除可能”]
[/リスト]
[/ボックス]

SIMロック解除の受付はこちら。

ウェブサイト My SoftBank [文字 text=”※ 次に利用予定のソフトバンク以外のSIMカードが必要” color=”red”] 24時間

ソフトバンクのみ注意点があるんですが、次に乗り換え予定のSIMカードが必要なことです。

乗り換え先が格安SIMなら先に申し込んでおいて、SIMカードが届いてからSIMロック解除するという手順になります。

ちょっとめんどい。

ワイモバイルのSIMロック解除方法

ワイモバイルのSIMロック解除方法
ワイモバイルのスマホでSIMロック解除が適用できる条件はこちら。

[jin-fusen2 text=”適用条件”]
[ボックス]
[リスト type=”check”]
[li text=”SIMロック解除対応端末(2015年5月以降)”]
[li text=”機種購入日から101日目以降であること”]
[li text=”ネットワーク利用制限がかかっていないこと”]
[li text=”利用料金を滞納していないこと”]
[li text=”解約後でもSIMロック解除可能”]
[/リスト]
[/ボックス]

SIMロック解除の受付はこちら。

ウェブサイト My Y!mobile 24時間
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です