SIMカードのサイズを解説!格安SIMに変更する際の注意点とは?

4 min
コラム

格安SIMに変更する際はSIMカードの種類やサイズを知っておく必要があります。大手キャリアを利用している方は、SIMカードの知識がなくても十分使いこなすことができますが、格安SIMに切り替える際は自分でサイズ指定をしなければいけません。

そこで当記事では、SIMカードのサイズや種類を徹底解説していきます。格安SIMへの変更を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

そもそもSIMカードとは?

そもそもSIMカードとは?-h2.jpg
出典元:123RF

SIMカードとは、スマホやガラケーといった携帯端末やタブレットに挿入されているICカードのことを指しています。通信会社が発行するSIMカードを各端末に挿入することで、電話やインターネットの利用が可能となるのです。

それぞれのSIMカードに固有の番号が記されており、携帯会社や通信量といった契約情報が登録されています。

SIMロックの解除とは?

SIMロックの解除とは?-h3.jpg
出典元:123RF

大手携帯会社(au・ドコモ・ソフトバンク)で購入した端末には、他回線を利用できないよう『SIMロック』がかけられています。SIMロックと聞くと、「SIMカードの抜き差しができないよう物理的にロックがかけられている」というイメージがつきものですが、そうではありません。

SIMカードの抜き差しはできますが、他会社のSIMカードを挿入しても通信ができないよう遠隔的にロックがかけられているのです。そのため、大手キャリアから格安SIMに切り替える際は、SIMロックの解除手続きを進める必要があります。

Wi-fiを利用すればSIMカードがなくてもインターネットの利用はできますが、各キャリアの通話機能が利用できないため、大手キャリアから格安SIMに切り替える際は『SIMロックの解除』と『SIMカードの交換』が必要です。

SIMカードのサイズは3種類

SIMカードのサイズは3種類-h2.jpg
出典元:123RF

SIMカードのサイズは次の3種類です。

  • 標準SIM:縦25mm×幅15mm
  • micro SIM:縦15mm×幅12mm
  • nano SIM:縦12.3m×幅8.8mm

SIMカードは規格が統一されているため、形状やサイズは全国共通です。

SIMカードの対応機種一覧

SIMカードに3種類のサイズが用意されているのは、端末によって挿入できるSIMカードが異なるからです。「格安SIMに変えたいけど、どのSIMカードを選べば良いか分からない…」という方は、以下の対応機種一覧を参考にしてください。

  対応機種例 特徴
標準 SIM

iPhone:~3GSまで


ソフトバンク:003Pや008Zなど

ガラケーや初期のiPhoneなどで利用されている。2019年現在ほとんど流通していない。
micro SIM

iPhone:~4sまで


ドコモ:F-07F・N-01Gなど


au:miraie・G Flex LGLなど


ソフトバンク:101F・101Kなど

2010年に普及したSIMサイズ。スマホ・ガラケーの両方に対応可。
nano SIM

iPhone:5シリーズ以降全ての機種


Xperia・Galaxy・arrows・AQUOSなど

2019年現在販売されているスマホはnano SIMが主流。2012年に発売開始されたiPhone5に初めて導入。

SIMカードの選び方は?

大手キャリアから格安SIMへ回線変更をおこなう際は、SIMカードのサイズに注意しなければいけません。大手キャリアで契約していたときは、携帯ショップがSIMカードの選択やサイズ調整をおこなっていましたので、格安SIMに切り替える際はご自身で適切なサイズを選ぶことが大切です。

MVNOのWebサイトでSIMカードのサイズを確認

格安SIMへ切り替える際に、ご自身の端末に合ったSIMカードがどれなのか判断に迷った際は、各MVNOのWebサイトで確認することができます。以下のサイトへアクセスすると、各MVNOで動作を確認できた端末が表示されます。

WebサイトでSIMサイズを確認する方法

各MVNOのサイトでSIMサイズを確認するのは簡単です。DMM Mobileを例に解説していきます。Webサイトへアクセスすると、画像のように端末のメーカーやモデルを選択する画面が表示されます。

WeサイトでSIMサイズを確認する方法-h4.png
出典元:DMM Mobile

試しにAppleから販売されているiPhoneシリーズで検索をかけてみたところ、以下のような結果が表示されました。

  • メーカー
  • 種別
  • 端末
  • LTE通信の可否
  • SIMカードのサイズ
  • デザリングの可否
  • 音声通話の可否
  • 動作確認時のバージョン
SIMカード動作確認端末一覧.png
出典元:DMM Mobile

◎や〇が表示されている端末は、動作確認済みという意味合いになります。ご自身の端末にどのSIMカードが適しているのか分からない場合は、このように簡単に調べることができますのでぜひお試しください。

SIMサイズ選択時の裏技とは?

SIMサイズ選択時の裏技とは?-h2.jpg
出典元:123RF

「SIMサイズを調べるのが面倒…」という方は、nanoSIMを選択するのがおすすめです。というのも、nanoSIMはSIMカードの中で最もコンパクトなサイズになっていますが、nanoSIMよりも大きなmicroSIMや標準SIMに調整することができるのです。

SIMサイズ変換アダプターを活用

SIMカードのサイズを変更できる『SIMサイズ変換アダプター』を使用すれば、簡単にSIMサイズを変えることができます。

「格安SIMに切り替えたけどSIMカードのサイズが合わなくてインターネットが使えない…」「端末を変えたいけどSIMカードを変えるのに発行手数料がかかる…」など、SIMカードのサイズに関する悩みを解決してくれるアイテムです。

個別であれば数十円程で販売されていますが、こちらの変換アダプターは少々値段が上がる分、nanoSIM・microSIM・標準SIMのどの規格にも適応させることができるのです。

  • 価格:470円
  • 付属品: microSIM→SIM変換アダプタ/nanoSIM→SIM変換アダプタ/nanoSIM→microSIM変換アダプタ/取り出し用SIMピン
  • カラー:ブラック/ピンク/ブルー
  • Amazon総合評価:5.0/4.3
SIMサイズ変換アダプターを活用-h4.png
出典元:Amazon

SIMカッターを使う方法も

SIM変換アダプターを使う以外にも、専用カッターでサイズ調整をする方法もあります。SIM専用カッターが普及する前はハサミでサイズ調整している方もいましたが、SIMカードは実に繊細なものであり、傷ついてしまうと使い物にならない可能性もあります。

SIMカードのサイズダウンをしたい方は、こちらの専用カッターを活用するのがおすすめです。ホッチキスのようなデザインで、非常に使い勝手が良く、手先が不器用な方でも簡単に操作することができます。

  • 価格:899円
  • 付属品: カードカッター/SIMカードアダプター/SIMトレイ/紙やすり/SIM取り出しピン
  • Amazon総合評価:5.0/4.4
SIMカッターを使う方法も-h4.png
出典元:Amazon

SIMカードのサイズ選択ミスはリカバリーが効く

SIMカードのサイズ選択ミスはリカバリーが効く-h2.jpg
出典元:123RF

3種類あるSIMカードのサイズや、端末に適したサイズの確認方法などをご紹介していきました。SIMカードは端末に適したサイズを選択すればお金や時間をかけずに済みますが、万が一選択ミスをしてしまった際はサイズ調整ができます。格安SIMに切り替える際にSIMサイズを間違えてしまった方は、アダプターやカッターをぜひお試しください。

SIMカードのサイズを把握した上で、SIMフリーのiPhoneをお探しの方は、こちらの記事も参考にしてください。

SIMフリーiPhoneを安く買う方法は?機種別の価格表も紹介!

執筆日:2019/06/11

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です