SIMフリースマホのおすすめを比較!選び方や防水性能も解説!

5 min
コラム

格安SIMの流行により、SIMフリースマホの人気が益々拡大しています。しかし、SIMフリースマホを使ったことがない人からしたら「機能性や選び方がわからない…」という感情が本音ですよね。

そこで当記事では、SIMフリースマホの選び方を解説すると共に、おすすめのSIMフリースマホや防水性能といった機能性に関しても紹介していきます。

SIMフリースマホの選び方

SIMフリースマホの選び方-h2.jpg
出典元:123RF

一般的なスマホとは違い、SIMフリーのスマホは選び方を知っておかないと通信できない可能性もあります。とはいえ、そこまで難しいことではありませんので、「これだけ抑えておけば大丈夫!」なSIMフリースマホの選び方を解説します。

メモリやストレージ容量で選ぶ

スマホの容量は、SIMフリー問わず重要なポイントです。

Android端末の場合はSDカードの挿入ができるため、そこまで気にしなくても支障はありませんが、問題はiPhoneです。外部ストレージとして使えないため、iPhoneに内蔵された容量の選択を誤ると後悔してしまうことも。

ストレージ容量の目安は、写真撮影可能な枚数で表現されることが多く、例えば64GBの場合、約5万枚前後。256GBは約20万枚前後撮影できます。もちろん動画の保存をすればその分容量が埋まるため、余裕を持った容量選びが大切となります。

通信回線で選ぶ

SIMフリーのスマホを使うとなれば、大手キャリアではなくMVNO事業者の通信回線を使用することになります。ここで大切なのが通信回線選びです。

というのも、各MVNO事業者は大手キャリアの通信回線をレンタルしているため、端末によっては通信できないケースもあるのです。

SIMフリースマホを購入する際は、あらかじめ通信会社を選択した上で、通信会社で動作確認が行われたスマホ選びが望ましいでしょう。

SIMカードのサイズで選ぶ

SIMカードは、以下のように3種類のサイズが設けられています。

  • 標準SIM…25×15mm
  • micro SIM…15×12mm
  • nano SIM…12.3×8.8mm

iPhone5以降のiPhoneシリーズや、2014年以降に販売されたAndroidシリーズは『nano SIM』が使われています。

現代のほとんどのスマホは『nano SIM』を使っているため、割と新しめのスマホを所有している方はそこまで気にする必要はありません。

ただし、iPhone5以前のモデルや2014年前に発売されたAndroidシリーズをお使いの方は、新機種購入時にSIMカードが適合しない可能性もあるため、十分ご注意ください。

【2019年7月最新版】SIMフリースマホの比較9選!

【2019年7月最新版】SIMフリースマホの比較〇選!-h2.jpg
出典元:123RF

SIMフリースマホの選び方を把握した後は、各SIMフリースマホを比較していきますので、ご自身の用途に合ったスマホを選んでください。

SIMフリーのiPhoneシリーズを比較

まずはSIMフリーのiPhoneシリーズを比較していきます。

①iPhone XR

①Appple-iPhone-XR.png
出典元:Apple
基本情報 内容
価格 9万5,760円~11万4,000円
容量 64GB・128GB・256GB
CPU A12Bionicチップ
サイズ 6.1インチ
セキュア認証 Face ID

iPhone XRは、6.1インチのRetinaディスプレイを搭載したiPhoneの最新モデル。カラーバリエーションが6種類と豊富で、機能性はもちろんのこと、液晶画面の見やすさ、フォルム全体の見栄えの良さはiPhoneシリーズの中でもトップクラスです。

iPhone XS・XRからホームボタンがなくなりましたが、始めは慣れるのに苦労するものの、慣れれば使いやすいという口コミも見つかりました。

②iPhone XS

②iPhone-XS.png
出典元:Apple
基本情報 内容
価格 12万8,640円~17万1,840円
容量 64GB・256GB・512GB
CPU A12Bionicチップ
サイズ 5.8インチ
セキュア認証 Face ID

iPhone XSは、iPhone 8の次に登場した最上位モデル。これまでの常識を覆す革新的なデザインが特徴です。

また、iPhone 8と比較しても画質の良さが格段に向上しており、背景をぼかして被写体を浮き立たせるポートレートは見事です。

③iPhone 8

③iPhone8.png
出典元:Apple
基本情報 内容
価格 7万8,800円~10万6,920円
容量 64GB・256GB
CPU A11Bionicチップ
サイズ 4.7インチ
セキュア認証 Touch ID 第2世代

iPhone史上初めてワイヤレス充電に対応したiPhone 8。iPhone 7で導入されたセキュア認証『Touch ID第2世代』を引き継いでおり、操作性・視認性共に良好です。約0.8インチ大きなiPhone 8 Plusも人気で、価格は8 Plusの方が安いためおすすめです。

iPhone 8は音質の良さにも定評があります。これまでのiPhoneでは、端末のスピーカーで音楽を流すと音割れしてしまうこともありましたが、iPhone 8ではクリアな音質が魅力となっています。

SIMフリーのXperiaシリーズを比較

ここからはSIMフリーのXperiaシリーズを比較していきます。中古販売店でも扱っているスマホのみを紹介していますので、興味のあるスマホを見つけたら探してみてください。

①Xperia 1

①Xperia-1.png
出典元:SONY
基本情報 内容
価格 約11万円
容量 6GB・64GB
CPU Snapdragon855
サイズ 6.5インチ
セキュア認証 指紋

 

2019年6月に発売されたXperia 1。Xperiaシリーズ史上最も大きな液晶画面により一躍話題となりました。新品での販売はもちろんのこと、中古販売店でも9万円~10万円で販売されています。

②Xperia XZ3

②Xperia-XZ3.png
出典元:SONY
基本情報 内容
価格 約6万円
容量 6GB・64GB
CPU SDM845
サイズ 6インチ
セキュア認証 指紋

2018年11月に発売されたXperia XZ3。Xperia史上3番目に軽いスマホながら、メインカメラの有効画素数が約1,920万画素と機能性十分です。発売開始から約1年経とうとしていますが、未だ中古価格が下がらず、5万円前後を推移しています。

③Xperia XZ2

③Xperia-XZ2.png
出典元:SONY
基本情報 内容
価格 約8万円
容量 6GB・64GB
CPU SDM845
サイズ 5.7インチ
セキュア認証 指紋

2018年5月に発売されたXperia XZ2は、防水・フルセグ対応の人気スマホです。アーチ形状で手のひらにフィットしやすく、落下防止にも一役買った形をしています。

SIMフリーのおすすめ格安スマホ

ここからはSIMフリーの格安スマホを紹介していきます。通信費だけでなく端末代も安く抑えたい方におすすめです。

① Zenfone Max Pro M1

①-Zenfone-Max-Pro-M1.png
出典元:Amazon
基本情報 内容
価格 約3万円
容量 3GB
画素数 1,600万画素
サイズ 6インチ
バッテリー容量 5,000mAh

2018年12月に発売された格安スマホ。3万円前後で手に入るお手頃なスマホながら、5,000mAhの大容量バッテリーを装備しているため、一般的なスマホよりも電池持ちが良いです。

 

②Poop R15 Neo

②Poop-R15-Neo.png
出典元:Amazon
基本情報 内容
価格 約2万円
容量 3GB
画素数 1,300万画素
サイズ 6.2インチ
バッテリー容量 4,230mAh

発売当初の価格3万円のスマホですが、2019年7月現在は2万円前後で新品スマホが手に入ります。顔認証に対応しており、スマートにロック解除ができる点が特徴です。

 

③ ZenFone Live

③-ZenFone-Live.png
出典元:Amazon
基本情報 内容
価格 約1万6,000円
容量 2GB
画素数 1,300万画素
サイズ 5.5インチ
バッテリー容量 3,000mAh

2万円以下で手に入るお手頃スマホです。性能自体は特筆すべき点があるわけではありませんが、特に利用していて不便を感じることはないため、安いスマホが欲しい方におすすめです。

 

選び方を参考にして自分に合ったSIMフリースマホを購入しよう!

選び方を参考にして自分に合ったSIMフリースマホを購入しよう!-h2.jpg
出典元:123RF

SIMフリースマホは、自分のライフスタイルに合ったスマホを選ぶことが大切。機能面や価格を考慮して、最適なスマホを手に入れていきましょう。

SIMフリースマホを購入する際は、SIMカードのサイズ選びも大切です。「SIMカードのサイズってなに?」と疑問に感じた方は、こちらの記事も参考にしてください。

SIMカードのサイズを解説!格安SIMに変更する際の注意点とは?

記事内の情報は2019/07/04時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です