SIMフリースマホに乗り換えて格安に使うには|その方法を解説

5 min
コラム

SIMフリー、SIMロックというワードをたびたび耳にするようになりました。『格安スマホ』と呼ばれるSIMフリーの端末を使えば、スマホ料金が格段に安くなるらしい、と知りつつも手続きの手順やが分からなかったり、格安ということはデメリットがあるのでは?と二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。

SIMフリーとは?大手キャリアスマホとの違いは?

SIMフリースマホに乗り換えて格安に使うには|その方法を解説-h2
出典元:Pixaba

SIMフリーのスマホと大手キャリアのスマホは何が違うのでしょうか。大手キャリアもスマホも設定方法さえ知っていればお得にSIMフリーで使うことができます。

SIMフリーとは

docomo、au、ソフトバンクなど(以下、大手キャリア)から販売されているスマホや携帯電話には、通常『SIMカード』と呼ばれるICカードがセットされています。
このSIMカードには契約者のIDが記録されており、キャリアはその情報をもとに契約者を識別し、契約者ごとの通信サービスを提供しています。

SIMフリースマホに乗り換えて格安に使うにはその方法を解説-h3
出典元:Pixaba

大手キャリアで販売されているスマホ端末は、同一のキャリアでのみ通信がおこなえるようにロックされています。
このロックは『SIMロック』と呼ばれ、SIMロックがかかっている端末は他のキャリアのSIMカードを使用することはできません。

こちらも参考にしてください。

SIMカードのサイズを解説!格安SIMに変更する際の注意点とは?

SIMフリースマホと大手キャリアスマホの違い

SIMフリースマホとは、大手キャリアのスマホのようなSIMロックがかかっていない端末のことです。『SIMフリー端末』などと呼ばれることもあり、多くは格安SIM会社が通信回線とセットで販売しています。

SIMフリー端末はキャリアによる縛りなく通信契約をすることができます。より通信費の安い通信会社や、スマホの使用用途にあったプランを提供している通信会社を、選ぶことができます。

SIMロック解除の義務化で、ユーザーにどんなメリットが生まれた?

SIMフリースマホに乗り換えて格安に使うには|その方法を解説-h2
出典元:Pixaba

2015年に総務省は「SIMロックは利用者の利便性を妨げ、競争を阻害する要因である」との意向から、SIMロック解除を義務化しました。これによって多くの格安SIM会社が発足し、大手キャリアよりも通信費を抑えたサービスを次々と展開し始めました。

SIMフリースマホを利用するメリット

  • 通信会社を自分で選択肢できる(低価格を打ち出している会社に乗り換えが可能)
  • 売却する際にSIMフリーの端末の方が高価格で売れる
  • 旅行先の国の周波数帯が端末に対応していれば、海外でも現地のSIMをセットして使用できる
  •  

大手キャリアのプランに縛られず、自由に通信会社を選ぶことができるのが最大の魅力といえます。そのため、中古売却した場合もSIMフリー端末は人気が高く、大手キャリアの端末に比べ 1万〜2万円ほど高値で取引されています。

SIMフリースマホを利用するデメリット

  • 大手キャリアのような割引サービスがないことが多い
  • SIMフリー端末を販売している店舗が大手キャリアよりも少ない
  •  

端末本体の料金を月々の分割にできたり、家族割などの割引を多く提供しているのは大手キャリアの特徴です。また、プロバイダ契約などスマホ以外の契約も合わせて行っている場合、SIMフリーに移行すると割引の特典は利用できなくなります。

格安SIM会社は大手キャリアに比べ、まだ販売店舗が少ない傾向にあります。しかし、端末選びから回線契約までインターネットで完結できる会社が多く、使用中のトラブルを電話やチャットでいつでも相談できるシステムの会社も多くあります。

乗り換える前に!SIMフリーの疑問点・注意点

SIMフリースマホに乗り換えて格安に使うには|その方法を解説-h2
出典元:写真AC

「お得なのはわかったけれど、あんまり安いとなんだか不安」という方へ、SIMフリーにするにあたっての注意点や疑問点にお答えしていきます。

1.どのスマホ端末でもSIMフリーにできるの?

SIMフリーの義務化により、通信回線をかなり自由に選択できるようになりました。しかし、SIMフリーへの対応は全キャリアで統一されているわけではなく、過去に販売された端末ではSIMロック解除ができないものもあります。

手持ちの端末をそのままSIMフリーに移行して使用したい場合、端末が格安SIM会社の回線に対応しているか確認する必要があります。

SIMフリー対応の端末であれば、移行が可能である主な格安SIM会社を、各キャリアごとにまとめました。

各SIM会社のサイトにリンクしています。

お使いの端末のキャリア対応している格安SIM会社
docomomineo
LINE MOBILE
楽天モバイル
U-mobile
BICMOBILE
IIJimio
auUQモバイル
mineo
楽天モバイル
BICMOBILE
ソフトバンクmineo
LINE MOBILE
U-mobile

 端末を新しくする場合は、格安SIM会社が端末と回線をセットで販売しているのでそれを利用するか、もしくはSIMフリーの端末を別途購入すれば利用可能です。もちろん、iphone、xperiaなどの人気の最新機種もSIMフリーで利用することができます。

2.SIMフリーにできる条件や違約金

SIMロック解除手続きや乗り換えの際に、料金が発生することがあります。大手キャリアは2年縛りの契約期間があり、違約金なしで契約解除できる月は限られているため、違約金の支払いを避けるためには、乗り換えのタイミングを考慮する必要があります。
ただ、格安SIM会社によっては、違約金を肩代わりしてくれるキャンペーンを展開していることもあるので、チェックしてみると良いでしょう。

3.ガラケーやタブレットでもSIMフリーにできる?

SIMフリースマホに乗り換えて格安に使うにはその方法を解説-h3
出典元:Pixaba

ガラケーやタブレットもSIMフリー対応の端末であれば移行可能です。ただ、SIMフリーに移行した場合は大手キャリアのサービスは使用できなくなるため、キャリアメールが使用できなくなってしまいます。ガラケーユーザーで、日頃キャリアメールをメインで使用している方は注意が必要です。

4.中古スマホをSIMフリーで使用する際の注意点

格安SIMは、どの端末でも使用できるわけではありません。先述の通り、大手キャリアで販売されている端末にはSIMロックがかかっているからです。キャリアごとのSIMロックがかかっているため、中古のスマホ端末を購入した場合は対応するSIMしか利用できないことになります。

大手キャリアが販売している端末は、SIMフリーに対応していればSIMロック解除して利用できます。しかしSIMロック解除は、その端末の契約者でなければできないという仕組みになっているため、購入した中古スマホは対象外です。

中古スマホをSIMフリーにして使用したい場合、購入する前に端末が移行したい格安SIM会社に対応しているか、必ず確認しておくことをお勧めします。

5.海外でSIMフリースマホを使用する際の注意点

SIMフリースマホに乗り換えて格安に使うには|その方法を解説-h2
出典元:写真AC

SIMフリースマホは、キャリアに縛られず基本的にはSIMカードを入れれば使用できます。つまり、海外の通信会社のSIMカードを入れれば、端末を変えることなく旅行先でもスマホを利用することができます。SIMフリーは海外では日本よりも一般的です。現地のSIMカードを利用すれば、通信できるようになりますが下調べは必要です。現地の通信会社が使っている電波帯に、手持ちの端末が対応しているかを確認しましょう。

また、海外のSIMカードに入れ替えることで端末は同じでも電話番号が変わってしまいます。いつもの番号で電話が受けられなくなるので注意が必要です。しかし、Wi-Fiルーターを持ち運ぶ手間もなく、長期滞在ほどSIMフリーの方が割安になるので滞在スケジュールによって考慮しましょう。

SIMフリースマホにしたい!2つの方法

SIMフリースマホに乗り換えて格安に使うには|その方法を解説-h2
出典元:写真AC

SIMフリースマホは、実は方法さえ知っていれば簡単に手に入れることができます。ネット完結でSIMフリーにできるサービスも多くありますのでチェックしてみてください。

自分でSIMロックを解除する

キャリアで購入した端末のSIMロックを自分で解除したい場合は手続きが必要です。その場合、まずはキャリアでの手続きをする必要があります。
手続きの方法は、3種類あります。

  • インターネット
  • 店舗
  • 電話

インターネットとはキャリアのマイページのことを指します。マイページからの手続きは無料ですが、電話と店舗での手続きの場合、3,000円の手数料がかかります。受付時間や手順、ロック解除可能な端末などはキャリアごとに異なります。
各キャリアごとの詳細はこちらの外部サイトからご覧ください。

docomoユーザーの方はこちら

auユーザーの方はこちら

SoftBankユーザーの方はこちら

SIMフリーのスマホを契約する

SIMフリースマホは、MVNOのWebサイトや家電量販店で購入できます。
MVNOとは「仮想移動体通信事業者」を略した名称で、キャリアから通信回線を借りて、通信サービスを行う会社のことです。例えば、先ほど格安SIM会社として例に挙げた『mineo』はauの電波を使用しています。このようにMVNOの展開している通信サービスは料金が格安に設定されていることがほとんどであるため、まとめて格安SIM会社と呼ばれています。

記事内の情報は2019/08/10時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です