2019年におすすめのスマホ決済6選!種類やメリットまとめ

6 min
コラム

スマートな支払い方法が求められる昨今、キャッシュレス決済の代表格としてスマホ決済は大人気です。

スマホ決済の種類が増えると利用者の選択肢が広がるため、キャッシュレス時代はユーザーにとって嬉しい限りでしょう。

しかしながら、スマホ決済に参入する事業者が増えてくると、「どれを選べば良いのか分からない…」ということもしばしば。

そこで当記事では、2019年におすすめのスマホ決済6選をまとめて紹介していきます。スマホ決済と電子マネーの違いや種類などを把握し、新しい決済手段を大いに活用していってください。

スマホ決済の種類が多すぎる!電子マネーとの違いやメリット・デメリットは?

スマホ決済の種類が多すぎる!電子マネーとの違いやメリット・デメリットは?-h2.jpg
出典元:123RF

クレジットカードを始めとするキャッシュレス決済は100種類に迫る勢いで増えつつあります。その中でスマホ決済市場は急成長を遂げており、今後も更なる躍進に期待が掛かっています。

時代の波にのまれてしまわぬよう、スマホ決済と電子マネーの違いや、メリット・デメリットといった一般的な知識を身に着けておきましょう。

そもそもスマホ決済とは

『スマホ決済』とはその名の通り、スマートフォンのみで支払いが完了する決済手段のことを指しています。現金やクレジットカードなどを直接的に使わないことから、今やキャッシュレス決済の代表格とも呼べる存在にまで成長しました。

そんな『スマホ決済』が普及する以前は、FeliCa機能を搭載した『おサイフケータイ』が主流でした。これは2004年6月にドコモで行われた新機種発表会で初登場した機能です。

そこから約12年後の2016年、iPhone 7 / iPhone 7 Plus / Apple Watch Series 2 にFeliCaチップを搭載し、2016年10月から日本でApple Pay、2016年12月からは日本国内でAndroid向けのAndroid Pay(現在のGoogle Pay)が利用できるようになりました。

これがスマホ決済の大まかな歴史です。

電子マネーとの違いは?

スマホをかざすのみで決済が完了する『スマホ決済』に対し、電子マネーというのはカードやスマホに事前チャージして利用する決済手段です。

最近では『モバイルSuica』が登場したこともあり、スマホ決済と電子マネーの区分けがしづらくなっていますが、事前にチャージをしているか否かが見分けるポイントになります。

スマホ決済を利用するメリット・デメリット

スマホ決済の基礎情報や電子マネーとの違いを知ると、スマホ決済の利用価値が気になってくる方もいることでしょう。これまでに使ったことがないサービスに関しては、メリット・デメリットを把握した上で利用を検討してください。

メリット

スマホ決済のメリットは、お財布を持ち歩く必要がないことでしょう。現金はもちろんのこと、クレジットカードやデビットカードなども持ち歩く必要がありません。

というのも、スマホ決済ではあらかじめスマートフォンに決済手段を登録しているため、本当にスマホのみで決済ができてしまうのがスマホ決済の最大の特徴です。

デメリット

スマホ決済のデメリットは、スマホ本体のバッテリー切れを引き起こす可能性があることでしょう。スマホの充電が切れてしまえば、当然ながらスマホを使った支払いができません。

また、バッテリー切れと同時にスマホ本体を失くしてしまった場合も同様です。

その点、電子マネーはバッテリーが内蔵されているわけではないため、失くすことさえしなければ支払いができない心配をかける必要がありません。

スマホ決済のメリット・デメリットがもう少し気になるという方は、こちらの記事も参考にしてください。

スマホ決済はどれが一番?おすすめアプリを紹介!

2019年現在スマホ決済の種類ってどれくらいあるの?

2019年現在スマホ決済の種類ってどれくらいあるの?-h2.jpg
出典元:123RF

スマホ決済を活用したアプリのリリースが増えていることから、「スマホ決済の種類って多いんでしょ?」と思われがちです。しかし、本来の意味でのスマホ決済の種類というのは、大きく分けて2種類です。

支払いをスマートにこなすためにも、この機会にスマホ決済の種類を把握しておきましょう。

スマホ決済の種類は大きく分けて2つ!

2019年現在、スマホ決済の種類は大きく分けて下記の2種類です。

  • スマホをかざすタイプ(非接触型決済)
  • QRコードタイプ(バーコード決済)

スマホをかざすタイプ

非接触型決済とは、スマホを専用端末にかざすことで支払いが完了する決済手段のことです。非接触型決済の代表的なサービスには、下記のような種類があります。

  • Suica
  • 楽天Edy
  • QUICPayなど

スマホに内蔵されたFeliCaやNFCなどを利用することで、スマホ決済が実現しています。

QRコードタイプ

QRコード決済とは、スマホに表示されたバーコードを読み取る、もしくは相手側のバーコードをスマホで読み取ることで支払いが完了する決済方法です。QRコード決済の代表的なサービスには、下記のような種類があります。

  • PayPay
  • LINEPay
  • au PAYなど

非接触型決済に対応していないスマホを使用している方でも使える決済手段として特に人気です。

2019年最新!今から使うならこれ!おすすめのスマホ決済6選

2019年最新!今から使うならこれ!おすすめのスマホ決済6選-h2.jpg
出典元:123RF

スマホ決済サービスを提供する事業者は20種類近くありますが、中でも人気なのはこれから紹介する6社です。それぞれの決済方法や登録方法などを確認した上で、自分に合ったサービスをご利用ください。

①Yahoo!利用者におすすめの「PayPay」

出典元:PayPay
概要 内容
運営元 PayPay株式会社
利用者数 約700万人
使える場所 コンビニやスーパーなど60万店舗以上
(詳細は公式サイトへ)

決済方法

  1. PayPayアプリを開く
  2. 『スキャン』をタップ
  3. 『スキャン支払い』をタップ
  4. 店頭に設置しているQRコードを読み取る
  5. お支払い金額の確認後『支払う』をタップ
  6. 支払い完了画面が表示される

上記の決済方法は、バーコードをスマホで読み取る場合のやり方です。スマホにバーコードを表示させたい場合は、『スキャン支払い』の真横に表示されている『バーコード支払い』をタップしてください。

支払い方法

概要 内容
支払い方法 チャージ残高(銀行口座)

Yahoo!マネー

クレジットカード
利用可能なクレジットカード VISA

MasterCard

JCB(Yahoo!JAPANカードのみ)
相性の良いクレジットカード Yahoo!JAPANカード

入会手続き・手数料

PayPayはアプリがないと利用できないため、まず始めにPayPayアプリをインストールしましょう。

その後新規登録画面が表示されるのですが、下記3つの方法で新規登録ができます。

  • 電話番号で登録
  • Yahoo!JAPAN IDで登録
  • ソフトバンク・ワイモバイルで登録

それぞれの専用ボタンがアプリの画面に表示されていますので、好みの方法で登録手続きを進めてください。

PayPayの年会費や手数料は、2021年9月30日まで無料となっています。

②クレカ払い専門のスマホ決済「楽天ペイ」

②クレカ払い専門のスマホ決済-楽天ペイ-h3.jpg
出典元:楽天ペイ
概要 内容
運営元 楽天ペイメント株式会社
利用者数 約1,700万人
使える場所 詳細は公式サイト

決済方法

  1. 楽天ペイアプリを開く
  2. 左上にある『コード・QR払い』をタップ
  3. 表示されるバーコードを提示
  4. 支払い完了

支払い方法

概要 内容
支払い方法 楽天キャッシュ

クレジットカード
利用可能なクレジットカード VISA

MasterCard

JCB(楽天カードのみ)
相性の良いクレジットカード 楽天カード

入会手続き・手数料

楽天ペイの利用には『楽天ID』が必要になります。これまでに楽天市場など楽天のサービスを利用したことがない方は、こちらより楽天IDの取得を行ってください。

楽天ペイは無料で利用できるため、楽天IDの取得完了後、アプリをインストールして登録手続きを進めていきましょう。

③セキュリティ面万全の「LINE Pay(ラインペイ)」

③セキュリティ面万全の-LINE-Pay(ラインペイ-h3.jpg
出典元:LINE Pay
概要 内容
運営元 LINE Pay株式会社
利用者数 約3,000万人
使える場所 詳細は公式サイト

決済方法

  1. LINEアプリを開き『ウォレット」をタップ
  2. バーコードを表示
  3. 表示されるバーコードを提示
  4. 支払い完了

支払い方法

概要 内容
支払い方法

クレジットカード

銀行口座

利用可能なクレジットカード VISA

MasterCard

JCB
相性の良いクレジットカード JCB CARD W

 

入会手続き・手数料

LINE Payは、メッセージや通話機能の付いた『LINEアプリ』の他に、『LINE Payアプリ』が用意されています。

ただ、どちらにせよ『LINEアプリ』からLINE Payの利用開始手続きを進める必要があるため、次の手順で登録を進めていきましょう。

  1. 『LINEアプリ』を開く
  2. 『ウォレット』をタップ
  3. 『LINE Payをはじめる』をタップ

上記のステップを踏み登録手続きを進めてください。その後は画面の案内に従いながら、本人確認手続きなどを済ませることでLINE Payが使えるようになります。

LINE Payは入会手続きや手数料などがかからないため、普段からLINEを利用している方におすすめです。

④メルカリが提供する「メルペイ」

④メルカリが提供する-メルペイ-h3.jpg
出典元:メルペイ
概要 内容
運営元 株式会社メルペイ
利用者数 約200万人
使える場所 詳細は公式サイト

決済方法

  1. 『メルカリアプリ』を開く
  2. 『コード払い』をタップ
  3. 表示されるバーコードを提示
  4. 支払い完了

支払い方法

概要 内容
支払い方法

銀行口座

メルカリの売上金

利用可能なクレジットカード なし
相性の良いクレジットカード なし

 

入会手続き・手数料

  1. 『メルカリ』アプリを開く
  2. 『メルペイ』をタップ
  3. 『売上金・ポイントをお店で使う』をタップ
  4. 『電子マネーの情報を追加』をタップ

メルペイは売上金を現金化する際に手数料が発生しますが、メルペイの支払いに利用する際は手数料がかかりません。クレジットカード決済には対応していませんが、メルカリで出品機会のある方におすすめです。

⑤お得なキャンペーンが魅力的!「オリガミペイ」

⑤お得なキャンペーンが魅力的!「オリガミペイ」-h3.png
出典元:オリガミペイ
概要 内容
運営元 株式会社Origami
利用者数 非公開
使える場所 詳細は公式サイト

決済方法

  1. 『オリガミペイ』アプリを開く
  2. 『お支払い』をタップ
  3. 表示されるQRコードを提示
  4. 支払い完了

支払い方法

概要 内容
支払い方法

銀行口座

クレジットカード

デビットカード

利用可能なクレジットカード VISA

MasterCard
相性の良いクレジットカード セゾンカード

 

入会手続き・手数料

  1. 『オリガミペイ』アプリを開く
  2. 『Origamiの利用を開始する』をタップ
  3. メールアドレス・電話番号の入力
  4. 各種認証作業を済ませる

オリガミペイは手数料無料で利用できるだけでなく、多くのキャンペーンを頻繁に開催しています。そのため、現金で支払うよりも得できること間違いなしです。

【公式】キャンペーン情報

⑥ドコモユーザーにおすすめ!「d払い」

⑥ドコモユーザーにおすすめ!「d払い」-h3.png
出典元:d払い
概要 内容
運営元 株式会社NTTドコモ
利用者数 約200万人
使える場所 詳細は公式サイト

決済方法

  1. 『d払い』アプリを開く
  2. 『お支払い』をタップ
  3. 表示されるQRコードを提示
  4. 支払い完了

支払い方法

概要 内容
支払い方法

クレジットカード

電話料金合算

利用可能なクレジットカード VISA

MasterCard

JCB
相性の良いクレジットカード dカード

 

入会手続き・手数料

d払いは手数料無料で利用できるスマホ決済です。利用するためには『dアカウント』と専用アプリが必要となります。dアカウントの作成方法は以下を参考にしてください。

  1. dアカウントの公式サイトにアクセス
  2. 『無料のdアカウントを作成』をタップ
  3. メールアドレスの入力
  4. 各種情報の認証登録
  5. 登録完了

【公式】d払い

スマホ決済以外のキャッシュレス決済が気になる方は、こちらの記事も参考にしてください。

日本で使えるキャッシュレス決済の種類まとめ

記事内の情報は2019/08/22時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です