起業をするにはアイデアが必要!アイデアを出すコツとプロセスとは?

3 min
コラム

短期間で成功することも可能です。この記事では起業に向いている人と向いていない人の違い、アイデアを出すコツ、アイデアを生み出す5つのプロセス、起業するためになにをすればよいのか解説します。起業してみたいと考えている方は是非目を通してみてください。

起業に向いている人と向かない人の違いって?

起業に向いている人と向かない人の違いって?-h2

起業に向いている人

考える前に行動する人

起業において1番向いている人は、考えるよりも先に行動するタイプ。起業は行動することが非常に重要です。

絶対に負けないという気持ちでいる人

絶対に屈しない精神の持ち主でないと継続させることが難しいです。成功してきた起業家の特徴として、大病、死別、投獄、貧困などがあるといわれています。このような経験をしている人は、圧倒的に強い気持ちを持っています。

根拠のない自信を持っている人

根拠のない自信を持っている人の力は強いです。うまくいくためにはどうすべきかという前向きなアイデアを徹底的に実現する可能性を秘めています。

あきらめないでうまくいくまでやる人

1つのアイデアが失敗したとしても、再度アプローチをして諦めずに成功させようとあきらめない人は成功します。結果がでるまで追求することが大切です。

既存のやり方は違うと思える人

何故このやり方なのだろうか、何故こうしないのだろうか、という考えを持つことが重要です。やり方に疑問を持つことで、自分のやり方を次々と改善していくことができるでしょう。

起業に向かない人

責任感がない人

何か起きた時のとらえ方がとても重要です。起業した後は自分の責任となる場面が多く発生します。責任感がなく、責任を押し付けるような人は起業には向きません。

起業が目的になってしまう人

起業をして終わりということはありません。起業した後は継続させることが一番難しく、苦労の連続です。今の状況が嫌で起業をしたとしても目的が曖昧であれば、結果を継続させることは難しいでしょう。

起業が学問だと思ってしまう頭でっかちな人

起業は実践がものをいいます。勉強すればうまくいくものではありません。考えながら行動し、考えややり方を次々と変え、質を上げていくのが起業家です。勉強ができればうまくいく世界ではありません。

できない理由を最初に考えてしまう人

最初からできないイメージをしてしまう人は起業に向いていないでしょう。起業家の多くは普通に考えてできないようなことを考えて、実践してきました。できない理由を考えるのではなくできる理由を考える人になりましょう。

起業してお金をもらえるイメージができない人

起業してお金をうまなければ意味がありません。お金をうむイメージが全くわかない人は起業に向いていません。

起業のアイデアを出すコツ

起業のアイデアを出すコツ-h2

最初は質よりも量!とにかく数を出す

たくさんのアイデアを出してみましょう。内容は気にしなくて問題ありません。できることかどうかを考える必要はなく、あったらいいなと思えるものを考えてみましょう。
数を出すことでアイデアを出す力を養うことができます。そうすることで、良いアイデアと悪いアイデアがわかってくるはずです。

紙に書き出して可視化する

アイデアを考えた後は紙に書いて見える化をしましょう。考えたものを書き出すことで、アイデアがより深いものとなっていきます。思いついたら書く癖をつけましょう。

困っている人の声を聞く

困っている人の声を聞くことで世間が求めているニーズを知ることができます。少なくとも誰も求めていないものにはならないはずです。困っている人の役に立つことを考えるのがアイデアを作る方法といえるでしょう。

時代の流れを考える

10年後、20年後の日本の未来を見据えることも重要です。発展する業界や業態など、時代の流れに合わせて変化していくものです。長期的にみて、新しい視野を広げていくことが大切です。

SNSを活用する

SNSを使うことで興味のある情報を選択して得ることができます。情報を得る以外にも、アイデアを発信して反応を見ることで人が求めている物かどうかをリアルタイムで知ることが可能です。現代では、SNSをうまく活用することが鍵となるかもしれません。

起業のアイデアを生み出す!5つのプロセス

起業のアイデアを生み出す!5つのプロセス-h2

起業のアイデアのつくりかた①:情報を沢山集めインプットする

アイデアを生み出すには、情報を集めることが1番重要と言えます。情報をたくさん集める方法は、人から学ぶ、本から学ぶ、旅から学ぶなどがあります。自分の視野を広げるためにも必要なことでしょう。

起業のアイデアのつくりかた②:組み合わせを考える

インプットした後は、物事を組み合わせて考えてみましょう。アイデアはインプットした情報の組み合わせ次第で思わぬ発想を生むことができます。

起業のアイデアのつくりかた③:一旦、アイデアを寝かせる

良いアイデアはリラックスした環境で生まれるといわれています。立て続けにアイデアを考えた後やアイデアが浮かばない時は一度考えることをやめてみるのもよいでしょう。目の前の仕事をいったん止め、旅行やショッピングをすることで脳をいったんリセットすることができるでしょう。

起業のアイデアのつくりかた④:ひらめく

脳を休めると、新たなひらめきにつながることがあります。これは緊張から解放されることで、ふと良いアイデアがひらめくということが科学的に証明されています。

起業のアイデアのつくりかた⑤:実行してみる

アイデアが出た後は実行してみましょう。アイデアをアウトプットすることで世間からの反応を見ることができます。斬新なアイデアであれば批判や反論がある場合もあるでしょう。そういったことを経験することで忍耐力もつきます。これならいけるという覚悟をもって実行していけば、よい結果がついてくるはずです。

起業をするには何をしたらいいのか?起業の流れ ステップ5

起業をするには何をしたらいいのか?起業の流れ ステップ5-h2

1 なぜ起業をしたいのか考える

起業の目的を明確にしましょう。起業は目的を達成するための手段であり、起業して終わりではありません。目的さえ明確であれば、どんな困難でも折れない心で挑戦できるでしょう。

2 何をやるか決める

目的を明確にした後は、何をしてその目的を達成するか具体的に考えます。現実的に考えて、収益につながるものかどうかを吟味する必要があります。だれが欲するものなのか、ターゲットを絞る必要もあります。

3 資金を集める

起業は0円でもできますが、思わぬ落とし穴も存在します。起業資金が自分の資金で賄えない場合は、適切な資金調達をしましょう。甘く見積もってしまうと資金不足になってしまいます。慎重に進めたいことの1つと言えるでしょう。

4 起業方法を決め、手続きをする

事業内容によって、許可、認可、認証、登録、指定、届出などの手続きが必要になる場合があります。あらかじめ確認をして漏れがないようにしましょう。

5 実際に事業を始める

起業の手続きが終わったら、事業を始めましょう。起業後は手続きが多くあり忘れてしまうことがあるかもしれません。後々後悔してしまうことがないように、スケジュールの管理を怠らないように気を付けましょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です