株式投資の利回りで収益をあげるには?

4 min
コラム

日銀がインフレ上昇率2%の目標値を達成するために導入しているマイナス金利政策のため、金融庁はじめとした政府各省庁、銀行や投資会社などに代表される金融関連会社など官民一体となって、国民に向けて貯蓄するよりも投資に振り向けるべきであると言う掛け声がかけられています。

金融庁はこれを促進するためにiDeCoやNISAなどで税制面の優遇措置を実行してきており、個人投資家にとっては投資環境が整いつつあると言えます。

折しも2019年6月に金融庁が発表したレポートによれば、老後には2,000万円を積み立てておかなければ年金だけでは生活が成り立たないそうです。

コツコツと貯蓄していくだけでこれだけの資産を積み上げるのは非常に難しいと言えます。

そこで役に立つのは株式投資です。

株式投資を利用して収益を上げるためには、どのような方法をとるべきでしょうか。

ここでは株式投資の利回りを理解して収益をあげる方法とオススメ銘柄についてご紹介します。

株式投資で収益を上げるには

株式投資で収益を上げるには-h2
出典元:123RF

株式投資によっていることができる収益は、株価が低い時に購入して高くなった時に売却することで得られるキャピタルゲインと、株式を保有している運用期間中に配当金や株主優待など株式の発行会社から渡されるインカムゲインとに大別することができます。

キャピタルゲインとインカムゲインについてはこちらの記事でも紹介していますのでご覧になってみてください。

夢の配当金生活を実現するには?

サラリーマンだとキャピタルゲインをあげるのは難しい

株式投資でキャピタルゲインを得るためには、低い株価の時に購入して高くなった時に売却するか、高い株価の時に空売りを仕掛けて低くなってきた時に買い戻すの2パターンしかありません。

そしてこれを行うためには、適切な株式の買い時・売り時を事前にある程度見極めておいて、いざそのタイミングになった時に市場に向き合っていなければなりません。

そのためには、株式の分析や株価の動向・ファンダメンタル分析など様々な分析を行う必要があります。

その上、市場が空いている時にはいつでも売り買いできるように常に市場に張り付いていなければなりません

多くのサラリーマンの場合、市場が開いている時間帯は自らが仕事をするタイミングと重なっています。

したがって株式の分析に膨大な時間をかける必要があり、なお適切なタイミングで売り買いできるように市場に張り付いていなければならないのです。

以上のことから一部の天才を除く普通のサラリーマンにとっては、キャピタルゲインをあげることによって収益を伸ばす手法は難しいと言えます。

具体的には、デイトレードスイングトレードといった投資手法で収益をあげることには、非常に高いハードルが課せられていると言えます。

キャピタルゲインがだめならインカムゲインを狙おう

市場で株式を適切に売り買いすることによってキャピタルゲインを上げていくことはサラリーマンにとっては難しいということはここまでご紹介してきました。

そうであるならば株式投資であげられる二つ目の収益であるインカムゲインを収益の中心に据えて株式投資の戦略を練る必要があります

具体的には毎年配当を出す会社の株式を購入するのが良い手段であると考えられます。

毎年配当を出す会社もそれなりに多くあるのですが、さらに投資効率をあげるためには、毎年配当を増加させている増配当銘柄に投資をするのが良いかもしれません。

連続増配銘柄はビジネスモデルがしっかりしていることが多い

どのような経営環境になったとしても、毎年配当を出す、ただ出すだけでなく毎年前年よりも多くの配当を出すということは、不景気になったとしても非常に強いビジネスモデルを保有しているということが伺えます。

したがって増配銘柄は購入してある日突然株価が大幅下落する可能性は、他の企業よりは少ないといえるでしょう。

従って通常の企業よりは倒産のリスクなども抑えられているということが言えるため、大切な資産の預け先としてはかなり安定しているということが言えるでしょう。

年々増えていく配当で初期コストもチャラにすることができる

連続増配当銘柄は、毎年所有している株に対して年々受け取れる配当金が増えていきます。

連続増配当銘柄を長期にわたって保有し続けるうちに、最初にその銘柄を購入するに使ったコストも回収することができるでしょう。

銘柄を購入するのに利用したコストを回収できれば後は、毎年増える配当金を楽しみに待つだけです。

このように連続増配当銘柄は安定長期で株式投資による収益をあげるという観点では、非常に実用的な銘柄選びであるということは言えます。

2019年6月現在の連続増配当銘柄

2019年6月現在の連続増配当銘柄-h2
出典元:123RF

ここでは2019年6月現在の連続増配当銘柄をご紹介します。

どの企業も毎年配当を増やしているので非常に投資価値の高い企業であると言えます。

花王<4452>[東証1]

洗剤や石鹸などを日常生活で欠かすことができない様々な化学製品を多数取り扱っている企業として最も有名なのが花王です。

コーポレートアイデンティティを「自然と調和するこころ豊かな毎日をめざして」としており、消費者に直接商品を販売する企業やることから多くの個人投資家に認知されている人気銘柄です。

子会社にカネボウ化粧品などをかかえ、最近ではヘルシアなどの機能系食品の開発と販売で新たなビジネスモデルを開拓していることが市場では評価されています。

花王は連続増配当銘柄の中でダントツの優等生で、なんと日本で一番長い27年連続で増配としています。

2019年6月現在の予想配当利回りは1.53%と低いですが、これは株価が高いからです。

2019年6月現在の花王の株価は8,477円です。

最低購入単位は100株からとなっているため、花王の株式を取得するためにはまとまった金額が必要となります。

ある程度投資資金に余裕がある場合には、花王の株式は増配当銘柄としてオススメです。

三菱UFJリース<8593>[東証1]

三菱グループの中核リース会社である三菱UFJリースは、土地や建物のリースやPFI事業などで手堅く収益を上げ続けている企業です。

三菱グループの会社ということもあって、三菱UFJ銀行や三菱UFJ信託銀行などとの連携もよく毎年配当を増やしている優良銘柄です。

三菱UFJリースは、花王には及ばないものの、19年連続で増配当を達成しています。

2019年6月現在の株価は556円で、予想配当利回りは4.5%、最低購入単位は100株です。

増配当銘柄購入初心者にとっては、必要とする資金も少なくて済むだめ非常にお勧めの銘柄です。

明光ネットワークJAPAN<4668>[東証1]

明光ネットワークJAPANは、日本全国に1対1指導で評判の明光義塾や大学受験に強い早稲田アカデミーなどを展開する教育関連株として異例の連続増配銘柄です。

明光ネットワークJAPANは、各地の塾とフランチャイズ契約を結ぶことによって土地や建物などといった初期投資がかかるものへの出資が必要ないビジネスモデルになっています。

したがってビジネスモデルは堅牢であることが評価されており、また同時に実質無借金経営であることも高い株価を支える根拠となっています。

2019年6月現在の株価は1,007円で、予想配当利回りは3.57%、最低購入単位は100株です。

こちらの銘柄も比較的少ない資金で投資をすることができるので、初心者におすすめの銘柄です。

連続増配当銘柄で長期投資がおすすめ!

連続増配当銘柄で長期投資がおすすめ!-h2
出典元:123RF

株式投資で収益を上げる方法は投資家の数だけあると言っても過言ではありません。

積極的な売買によって収益を上げるのは得意な方はそれを実践すれば良いのです。

しかしながら投資についての初心者はその方法が向いているかどうかは分かりません。

確実な収益を目指したいのであれば、この記事でご紹介したような連続増配当銘柄に長期投資するのも良いかもしれません。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

執筆日:2019/06/15

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です