Suicaのチャージ方法は6種類!やり方やチャージ金額の上限は?

5 min
コラム

Suicaは約7,000万枚近くの発行数を誇る大人気電子マネーです。

その魅力は何と言っても使いやすさ。チャージ方法の数が6種類ほど用意されているため、生活スタイルに合わせた使い方が可能となっています。

そこで当記事では、Suicaのチャージ方法を種類別に徹底解説していきます。

Suicaのチャージ上限額はいくら?

Suicaのチャージ上限額はいくら?-h2.jpg
出典元:123RF

Suicaには『チャージ上限額』が定められています。

そのため、上限額を超えるチャージはできない仕様となっていますが、時間短縮のためにもあらかじめチャージ上限額を把握しておくのがおすすめです。

チャージ上限額は2万円

気になるSuicaのチャージ上限額は2万円です。

一見少ないようにも感じるかもしれませんが、電子マネーの多くがチャージ上限額を数万円台に設定しています。

1回あたりのチャージ上限額は?

Suicaのチャージ上限額は『2万円』ですが、一気に2万円をチャージすることはできません。

プリペイドカード、モバイルSuicaを含めた1回あたりのチャージ金額は、次の表を参考にしてください。

Suicaタイプ 1回あたりのチャージ上限額
一般Suica 500円

1,000円

2,000円

3,000円

5,000円

1万円

※上記いずれか
モバイルSuica 500円単位で1万円まで

Suicaのチャージ方法6種類を解説!

Suicaのチャージ方法6種類を解説!-h2.jpg
出典元:123RF

コンビニチャージや現金チャージなど、Suicaのチャージ方法は6通り存在します。6種類のチャージ方法からご自身のライフスタイルとマッチしたチャージ方法を選択していきましょう。

Suicaに現金チャージ

カードタイプのSuicaへ現金チャージができることは周知の事実ですが、モバイルSuicaに現金チャージできることは知らないという方もいるのではないでしょうか。

ここでは、モバイルSuicaを含めた現金チャージの方法を解説していきます。

一般Suicaへの現金チャージ方法

一般Suicaへ現金でチャージを行うためには、Suicaが利用できる次のような場所へ足を運ぶ必要があります。

  • 駅の券売機
  • コンビニ
  • スーパーなど

コンビニやスーパーなどの対人営業を展開する店舗においては、店員に「現金でSuicaへのチャージをお願いします!」と伝え、Suicaカードとチャージする現金を渡すのみでチャージ完了となります。

対して駅の券売機でチャージを行う場合は、各券売機にSuicaカードを差し込み、チャージ希望金額を選択。現金を投入してチャージ完了です。

モバイルSuicaへの現金チャージ方法

スマホやウェアラブルデバイスなどで利用できるモバイルSuicaは、現金でチャージを行うことができます。

モバイルSuicaに現金チャージができる場所は、主に次の3つです。

  • Suicaの使えるコンビニ
  • セブン銀行ATM
  • JR東日本のモバイル端末対応Suicaチャージ専用機

モバイルSuicaへの現金チャージは至ってシンプル。普段通り各端末でSuicaを立ち上げ、専用読み取り機にかざし、現金を投入or店員へ渡すのみでチャージ完了となります。

Suicaにクレジットカードチャージ

ICカードタイプのSuica・モバイルSuica共にクレジットカードからのチャージに対応しています。ただし、お持ちのクレジットカードによってチャージ方法が異なりますので、注意点含め覚えておきましょう。

一般クレカは多機能券売機でチャージ

Suicaが発行するタイプではなく、一般的なクレジットカードからSuicaチャージをしたい場合は、駅に設置されている『多機能券売機』からクレカチャージができます。

画面の指示に従い手続きを進めるのみでクレカチャージは完了しますが、多機能券売機は全ての駅に設置されているわけではありません。「駅に着いたけど多機能券売機がない…」といったことが起きないよう、Suicaの公式サイトから設置場所を確認してください。

【公式】多機能券売機設置場所

ビューカードのチャージ方法は3種類

JR東日本が発行する『ビューカード』は、Suica一体型のクレジットカードです。

一般クレカでチャージができる『多機能券売機』はもちろんのこと、駅のATM『VIEW ALTTE』でもチャージができます。

他にも、Felicaポートorパソリを用いたネットチャージにも対応していますが、2020年9月をもってサービス終了となりますので、今のうちに『多機能券売機』もしくは『VIEW ALTTE』でチャージをする癖をつけておくのがおすすめです。

駅のATM『VIEW ALTTE』でクレカチャージする方法は、Suica公式サイトにて画像付きで解説されているため、詳細が気になる方はチェックしてみてください。

【公式】VIEW ALTTE

モバイルSuicaのクレカチャージ方法

モバイルSuicaのクレカチャージ方法は、主に次の3つです。

  • チャージ金額を入力
  • クレジットカード情報を登録
  • 『入金する』ボタンをタップ

AndroidやiPhoneなどに実装されている専用アプリによって若干の違いはありますが、基本的な流れは上記通りとなっています。

JRE POINTからチャージ

JRE POINTとは、JR東日本が運営するポイントサービス。無料会員登録を行う際に、お持ちのSuicaカード、もしくはモバイルSuicaの紐付けを行うことで、使うたびにポイントを受け取ることができるようになります。

貯まったJRE POINTは、お使いのSuicaに1ポイント=1円としてチャージができるため、Suicaを利用しているならぜひ使っておきたいサービスの1つです。

JRE POINTのチャージ方法

JRE POINTは、下記3種類のSuicaサービスにチャージができます。

  • Suicaカード
  • Suica付きビューカード
  • モバイルSuica

各SuicaにJRE POINTのチャージを行うためには、まず始めに公式サイトより申込みを行う必要があります。

  1. JRE POINT WEBサイト』にログイン
  2. 『会員ページを見る』をタップ
  3. 『Suicaチャージ申込み』をタップ
  4. チャージを行うSuicaカードの選択
  5. 交換するポイント数・ポイントの受け取り方法を入力

上記手続きを進めてポイントチャージの申込を完了した後は、実際にポイントを受け取る作業へ進みます。

自動券売機で受け取る方法

  1. 自動券売機にSuicaカードを投入
  2. 『JRE POINTチャージ』をタッチ
  3. チャージ内容を確認して『チャージする』をタッチ

自動券売機でJRE POINTを受け取る方法は上記3ステップになります。チャージの申込をした日から7日以内に受け取りまで進めましょう。

モバイルSuica(Android)で受け取る方法

  1. モバイルSuicaアプリを開く
  2. トップページ上部に表示された『Suicaポケットが1件貯まっています』をタップ
  3. Suicaのパスワードを入力
  4. 『ポイントチャージ』を選択
  5. チャージ額を確認後、『入金(チャージ)する』をタップ

モバイルSuica(Apple Pay)で受け取る方法

  1. モバイルSuicaアプリを開く
  2. 『チケット購入・Suica管理』を選択
  3. Suicaポケット一覧をタップ
  4. 『ポイントチャージ』を選択
  5. チャージ額を確認後、『入金(チャージ)する』をタップ

Suicaにオートチャージ

オートチャージとは、Suicaの読み取り機にかざすのみでSuicaへのチャージが完了する便利なサービスです。

Suicaでは3種類全てのSuicaでオートチャージ設定ができます。

ビューカード/Suicaカードでのオートチャージ設定方法

ビューカード・Suicaカードは、共に入会申込時にオートチャージ設定が可能です。チャージ残高が1,000円以下になると、自動的に3,000円がチャージされる仕組みになっています。

ただし、オートチャージを設定していないビューカードやSuicaカードを既に所持している方もいることでしょう。その場合は、駅のATM『VIEW ALTTE』で設定できます。

オートチャージの詳しい設定方法は公式サイトよりご確認ください。

【公式】オートチャージ設定方法

Suicaにコンビニチャージ

『Suicaに現金チャージ』でも触れたように、Suicaカード・モバイルSuica共にコンビニでチャージができます。ただし、Suicaチャージに対応しているのは以下のコンビニとなっているため、ご注意ください。

  • KIOSK
  • コミュニティストア
  • セイコーマート
  • セブン-イレブン
  • デイリーヤマザキ
  • デイリーストア
  • ニューデイズ
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • ローソンストア100

ライフスタイルに合ったSuicaチャージを選ぼう!

ライフスタイルに合ったSuicaチャージを選ぼう!-h2.jpg
出典元:123RF

SuicaカードやモバイルSuicaへのチャージ方法を解説しました。Suicaは全国的に人気な電子マネーということもあり、多くのチャージ方法が用意されています。

チャージが面倒な方は『オートチャージ』を利用し、使い過ぎの心配があるという方は現金チャージがおすすめです。

Suica以外の電子マネーも気になる方は、こちらの記事も参考にしてください。

【2019】電子マネーおすすめランキング8選!スマホ対応も紹介!

 

記事内の情報は2019/08/11時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です