業務スーパーのバイトはきつい?仕事内容やメリットデメリットを解説

3 min
副業

業務スーパーと一般のスーパーでは商品カテゴリも違えば、お店の規模も違います。業務スーパーのバイトは一般スーパーと比べるときついのか?また時給などの待遇面でメリットはあるのか?など、業務スーパーでバイトする前に知っておきたい項目を解説。特にこれから働こうと考えている方は、参考にしてください。

業務スーパーと一般スーパーの大きな違い

出典元:PAKUTASO

バイトとしての違いの前に、まずは業務スーパーと一般スーパーではどんな違いがあるのか知っていきましょう。

お店自体に違いがあれば、働き方にも違いが出ます。

一般スーパーでバイト経験があるからといって業務スーパーでのバイトが円滑にこなせるとは限りません。

商品カテゴリ

一般スーパーと業務スーパーの食品には大きな違いがあります。

  • 一般スーパー→生鮮食品中心
  • 業務スーパー→冷凍食品中心
  •  

一般スーパーの場合は生鮮食品を取り扱っているので、食品の加工業務をしなければいけません。

業務スーパーの場合は冷凍食品が主なので、加工業務はなく、冷凍食品を陳列するだけで良いです。

サービスの違い

一般スーパーは商品の魅力を上げることで、利益を出そうとします。

業務スーパーは冷凍食品を扱うことで、経費を下げて収入を増やすので、サービスという点からすれば一般スーパーの方がサービスは良いでしょう。

接客などに関しても一般スーパーの方が力を入れている傾向があります。

価格

商品の価格には大きな差がでます。

業務スーパーは大容量の商品が多いです。単価あたりで計算すると一般スーパーよりはるかに安い金額になります。

業務スーパーは大容量商品を扱うことで、単価の安さを実現しているのです。

業務スーパーの仕事内容

出典元:PAKUTASO

業務スーパーにはどんな仕事があるのか解説します。あくまでスーパーなので基本は一般スーパーと変わりませんが、細かい仕事内容には差が出ます。

例えば「陳列」一つをとっても、一般スーパーと業務スーパーでは全く違うので、細かい部分を見ていきましょう。

発注

店舗に置く商品を発注する業務です。

一般スーパーと比べると、業務スーパーの陳列はシンプルなので、どれがどれ位置けるか?難しく考えずに発注できます。

また冷凍食品が主なので賞味期限が長く、管理しやすいのも業務スーパーのメリットです。

一般スーパーの場合は、細かく賞味期限をチェックしなければいけません。

陳列

商品の陳列一般スーパー、業務スーパーどちらにもある業務です。

一般スーパーの場合、前出しと言われる商品を綺麗に見せる作業が主になります。

業務スーパーの場合、箱ごと置くことも多いので細かい陳列作業はほとんどありません。ただ1つ1つの商品が重いのがデメリットです。

接客販売

接客業務に関してはレジがメインです。

一般スーパーの場合は1人1人のお客様に寄り添って接客することが多いですが、業務スーパーはそもそも店員の数もそれ程いないので、1人1人のお客様に寄り添うというケースはあまり見かけません。

業務スーパーでは近年セルフレジが導入されている店舗も多くなっていますが、セルフレジが導入されていない店舗では、ピーク時の仕事量は多いです。

業務スーパーバイトのデメリット

出典元:PAKUTASO

業務スーパーでバイトする際にチェックしておきたいデメリットを紹介します。

バイトするにあたってデメリットはできるだけ少ない方が良いです。

デメリットの精神的な負担は人それぞれなので、デメリットを知って自分に向きか不向きか判断しましょう。

管理する面積が広い

業務スーパーは経費削減のために店員の数も少ない上に、売場面積が広いです。

そのため1人あたりの管理面積が広くなり、仕事量は多くなります。

一般スーパーの場合、1人あたりの管理面積は1コーナー程度です。

ただし多くの商品を扱うことを楽しく感じられるのであれば、メリットにもなりえるでしょう。

1つ1つの商品が重い

大容量商品を扱っているため、1つ1つの商品が重く、陳列が大変です。

男性ならばまだしも、女性の場合は陳列だけでも一苦労でしょう。

力仕事とまでいきませんが、重い仕事を扱うのに慣れていない最初の時期は苦労します。

業務スーパーバイトのメリット

出典元:PAKUTASO

もちろん業務スーパーにはメリットもあります。

メリットに関しては、メリットと感じられる人もいれば、そうではない人もいるでしょう。

メリットと感じられるのであれば、業務スーパーのバイトに向いています。

https://life.link-a.net/work/part/1555/

商品知識が身につく

一般スーパーと比べると、商品の数も多いですし、一般スーパーには置いていない商品もあります。

その分商品知識が身に付きやすいです。

商品の特徴から単価まで覚えられます。

スーパーのバイトでもやりがいを感じやすい

一般的なスーパーのバイトはレジと陳列がメインです。

ほぼ毎日同じことの繰り返しになり、機械的になってしまいます。

業務スーパーの場合売場面積、管理面積が広いので、スケールの大きい売場を作り、達成感を得やすいです。

業務スーパーバイトQ&A

出典元:PAKUTASO

一番気になるのは業務スーパーの待遇ではないでしょうか。

時給やシフトに関して、業務スーパーの気になる待遇の点を解説します。

バイトルで求人を探す

タウンワークで求人を探す

時給は?

店舗によって異なりますが、時給の目安は低いところだと850円、高いところで1,000円程度です。

基本的にはその地域の最低賃金に近い設定となっているので、それ程稼げません。

交通費に関しても店舗によりますが、基本的には全額支給されます。

服装などのルールは?

服装などに関しては店舗にもよりますが、一般スーパーよりはゆるい店舗が多いです。

ゆるい店舗ならば、金髪やヒゲも許されます。

シフトは?

基本的にシフト制となっており、希望通りに休みをとることができます。

忙しい店舗の場合、シフトに入ることを頼まれることもありますが、強要されることはありません。

業務スーパーバイトは一般スーパーよりもおすすめ

出典元:PAKUTASO

時給面では一般スーパーも業務スーパーもそれ程変わりませんが、仕事内容では業務スーパーの方がメリットが多いです。

同じスーパーで働くならば、遣り甲斐を感じられる業務スーパーで働いてみてはいかがでしょうか。

https://life.link-a.net/work/part/1211/

記事内の情報は2019/11/05時点のものです

]]>

10万人の方に選ばれています!

つい大量に買ってしまった食材を余らせてしまいがちではないですか?

せっかく安く食材を買えたのに、結局ムダにしてしまったらもったいないですよね。

余った食材の悩み

かと言って、冷凍保蔵すると味や風味が落ちてしまう…全部食べきるまで時間がかかる…

そんなお悩みの方には『真空パックん +plus』がおすすめ!

真空パックん

『真空パックん +plus』は、お肉・お魚・野菜・惣菜・お菓子・ペットフード・湿気に弱い日用品など、あらゆる物を真空保存できる家庭用真空パック器です!

真空パックん実験

真空パックで保存さえしておけば、食材を新鮮のまま長く保つことができます。
下ごしらえした食材を真空パックすれば時短にも!冷蔵・冷凍も可能!電子レンジも湯煎もOK!

さらに『真空パックん +plus』はスープも真空保存ができるキャニスター付き。

スープも真空保存できる

『真空パックん +plus』さえあれば、特売日やセールでたくさん買った食材、業務スーパーやコストコでまとめ買いした食品、ひとり暮らしでは使い切れない食材でも新鮮なまま美味しく保存することができます!

もし興味がある方は、ぜひぜひチェックしてみてください!

真空パックんの紹介雑誌
真空パックんは、NHK「まちかど情報室」雑誌「LDK・CHANTO」でも紹介されています!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です