はがきで応募する前にチェック!懸賞の当選確率は書き方で決まるってホント?

4 min
懸賞・ポイ活

懸賞には、ワクワクする景品が揃っています。老若男女問わず、誰でも一度は応募したことがあるでしょう。

魅力がたっぷり詰まった懸賞ですが、実ははがきを使って応募するものには、当選確率がグッとアップするコツがあったのをご存知でしょうか?

そこで今回は、この当選確率をアップさせるためのコツや、懸賞についての基礎知識まで、懸賞について幅広くご紹介します。

この記事を最後まで読んでいただければ、懸賞について幅広く知ることができるので、ぜひ最後までご一読ください。

懸賞の種類

懸賞の種類-h2
出典元: 123RF

さまざまな景品を提供している懸賞ですが、どのような種類があるのかご存知ですか?

せっかく懸賞に応募するなら、懸賞の種類や特徴をしっかり知ったうえで応募したいものです。

そこで、まずは懸賞の種類について紹介しましょう。

懸賞の種類

懸賞は主に、はがきなどの応募用紙を利用して応募するものと、インターネットやSNSなどを利用して応募するものがあります。

これらの懸賞は、主に

  • オープン懸賞
  • クローズド懸賞
  •  

上記の2種類に分類されます。
それではこれら2種類の懸賞の詳細についてさらに詳しく解説しましょう。

オープン懸賞

オープン懸賞とは、年齢・性別問う問わず誰でも自由に応募できる懸賞のことをいいます。

ちょっとした穴埋めクイズの答えを記入し応募する。といった懸賞はオープン懸賞となります。

オープン懸賞は、どなたでも応募できることがメリットですが、多数の人が応募することにより、当選確率も高くなります。なかなか当選し辛いところがデメリットとなります。

クローズド懸賞

次はクローズド懸賞です。クローズド懸賞とは、応募の条件として、商品の購入や入会などが必須となる懸賞を指します。

例えば、応募の際バーコードを3枚集めてはがきに貼り応募する。といった懸賞がクローズド懸賞となります。

クローズド懸賞は、商品購入などが条件となっているため、オープン懸賞より申し込み辛いところがデメリットです。しかし、申し込み辛い分あまり申し込む人が限られてくるため、当選確率はやや高くなります。

サイト・アプリと比べて懸賞はがきってどうなの?

先にも少し紹介しましたが、懸賞には、はがきなど応募用紙を使用して応募するものと、インターネットを利用して応募するものがあります。

はがき・インターネットそれぞれの懸賞でメリット・デメリットがあります。中でも一般的に利用されているはがきを使った懸賞ですが、これはインターネットを利用した懸賞と比較し、どの様な点が良いのか悪いのか、その違いなどについて紹介しましょう。

懸賞はがきのメリット

まずは、はがきを使った懸賞のメリットについて紹介します。

はがきを使った懸賞は、はがきをデコレーションし抽選する人の目に留まるようにすることができます。目に留めてもらえるように装飾することで、当選確率がアップします。

ちなみに、インターネットでは、抽選は機械が平等に行っています。しかし、はがきは人の手で抽選されるため、少しでも目立つはがきが効果的となります。

懸賞はがきのデメリット

次に、はがきを使った懸賞のデメリットについて紹介します。

はがきを使った懸賞は、なんといってもコストと時間がかかります。ハガキの購入費とはがきを記入する時間です。インターネットの懸賞では、スマホ1台で申し込みが手短に行えるためとても便利です。

特に、当選確率を高くするためにはがきをデコレーションする場合は、普通にはがきで応募するときより時間がかかってしまうでしょう。

当選確率アップ!懸賞はがきのコツ

当選確率アップ!懸賞はがきのコツ-h2
出典元: 123RF

ここまで、懸賞の種類やはがき・インターネットそれぞれの懸賞について説明してきました。

懸賞もいろいろありますが、やっぱり王道ははがきを使った懸賞です。そこで、ここでは当選確率もアップするといわれている、はがきの記入方法やコツやについて紹介しましょう。

どこで探すの?どんな懸賞を選べば良い?

はがきで懸賞に応募するためには、まずは応募するための懸賞を決めなければなりません。せっかく応募するなら、当たりそうな懸賞に応募したいでしょう。

応募をするなら。以下のポイントをおさえて選びます。

  • 競争率が低い(当選者が多く設定)
  • 高額商品
  • 応募期間が短い
  •  

この3点です。

当選者が多く設定してある懸賞は、やはり競争率も低くなるため当選確率も高くなるため狙い目です。

また、高額商品は当選確率こそは低いかもしれませんが、高額な分応募する人が少ない可能性があるためチャンスもあるでしょう。

そして、応募期間が短いものは、「応募はがきを書かなければ!」と思っている間に締め切りになりなり、応募できないということも起こりうるため、自然と応募者がすくなくなる傾向にあります。

これらのポイントをおさえ、応募する懸賞を選びましょう。

懸賞はがき書き方のコツ

はがきを使って懸賞に応募するには、いくつかコツがあります。このコツを上手に活かすことで当選確率がグッと高くなります。

当選確率が高くなるはがきの書き方のコツとは

  1. とにかく丁寧に書く
  2. 目立つように装飾する
  3. コメントを記載する
  4.  

この3つです。

はがきを使った懸賞の一番のポイントは、何といってもはがきを送る側・受け取る側それぞれが人だという事です。

送る側の人が手の込んだはがきにすることで、受け取る側の人の印象も大きく変わってきます。

それではこの3つのコツについて、さらに詳しく紹介しましょう。

1.「とにかく丁寧に書く」

懸賞に限らず、はがきは文字が一番のポイントです。とにかく丁寧に一文字ひともじ書くことが大切です。

字が下手だと悩んでいる人でも大丈夫です。下手であってもとにかく丁寧に書くことで、受け取った人は好印象を受けるはずなので、ぜひ丁寧に書きましょう。

Blessing in disguise を見る

2.「目立つように装飾する」

はがきを使った懸賞では、たくさんのはがきが送られてきます。そこで、当選確率を高くするためには、とにかく目立つことが大切です。

目立つはがきにするためには、はがきをを装飾することです。

一般的には、黒のボールペンのみで記入するかもしれませんが、カラフルなペンを使用し装飾することで、目に留まりやすくなります。

KA☆NAの懸賞生活【裏】 を見る

3.「コメントを記載する」

3.「コメントを記載する」-h4
出典元: のあ日記

懸賞では、はがきを装飾したり丁寧に書いたりするほかに、コメントも記載することで受け取った人の印象が大きく変わります。

特に食品などの懸賞では、メーカーとしてはその商品がお客様にとってどのような印象なのかという事もわかり、今後の商品開発の参考にもなります。

はがきを手に取ってもらうチャンスにもなるので、ぜひコメントは記載しましょう。

のあ日記 を見る

しっかりコツをおさえてはがきで懸賞を応募しよう

しっかりコツをおさえてはがきで懸賞を応募しよう-h2
出典元: 123RF

今回は、懸賞の基本的な情報のほか、はがきを使った懸賞で当選確率を上げるコツなどをご紹介しました。

はがきを使った懸賞は、当選し辛い印象がありますが、実はちょっとしたコツをおさえることで当選確率をアップさせることができます。

今回紹介したコツをしっかりおさえ、はがきを使った懸賞でお好みの景品を入手してみませんか。

懸賞で当選確率をアップさせたら、当選後のシュミレーションをすることも大切です。もし懸賞で当選した場合、どの様に報告するといいのかポイントをご紹介します。

実例も紹介!嬉しい懸賞の当選報告ならSNSを上手に利用しよう!

記事内の情報は2019/08/20時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です