整理整頓のためにはどうすればいい?整理整頓のコツを徹底解説

4 min
コラム

整理整頓ができない人には3つのタイプがあります。整理整頓のためには「定位置管理」「使用頻度」「使用場所」などを考慮して片付けを行う必要があります。捨てられないものはリサイクルショップやオークションサイトなどを活用しましょう。

整理整頓がどうしてもできない人のタイプと特徴

整理整頓がどうしてもできない人のタイプと特徴

まずは、整理整頓がどうしてもできない人の3つのタイプについて解説します。

物がどこにあるのか理解できていないタイプの人

まずは「物がどこにあるのか理解できていないタイプの人」です。このタイプの人の場合、片付けをしても「定位置管理」ができていないので、すぐに部屋が散らかってしまいます。

物も多くなる傾向にあります。 どこに何を収納しているのか理解できていないと、残っているものでも「無くなった」と考えて買い足してしまいます。結果、物があふれてしまうので、整理整頓ができません。

定位置管理ができていれば解決できる問題ですが、物がどこにあるのかきちんと管理できないのでそれも難しいのです。

あとで片付けるタイプの人

次に「あとで片づけるタイプの人」です。このタイプの人の場合、何かきっかけがあれば片付けを行うこともあるのですが、基本的に先延ばしにしてしまうため、なかなか整理整頓ができません。

こういう人の場合、整理整頓・片付けの重要度が低く考えられています。もっと他に優先すべきことがある、片付けはいつでもできて緊急性に乏しい、そのため片付けが先延ばしにされてしまうため、なかなか整理整頓に結び付かないのです。

捨てられないタイプの人

最後に「物を捨てられないタイプの人」です。不要なものであってもなかなか処分に踏み切ることができないため、部屋には物があふれてしまいます。当然ながら収納スペースには限りがありますので、片づけようと思っても整理整頓につながりません。

他人から見れば「いらない物」と評価するようなものでも、こういうタイプの人の場合は「いつか必要になるかもしれないから」と、なかなか処分できません。

物が多い部屋の整理整頓は難易度が高く、収納スペースを圧迫してしまうことで理想的な整理整頓になかなか近づけることができないのです。 

整理整頓のコツ!

整理整頓のコツ!

次に、整理整頓を実践し、継続するためのコツについて解説します。

1 自分にあった整理整頓のルールをつくる

まずは「自分に合った整理整頓のルールをつくる」ことです。整理整頓を実施する際の基準・ルールは多種多様ですが、自分に合ったルールでないと実践の難易度が高くなります。

例えば「物を捨てる基準」を明確に定めておくことで、不要な品物を部屋に残すリスクを減らすことができます。甘いルールではなかなか整理整頓を実践できないかもしれませんが、まずは自分でも実践可能なレベルのルールからスタートしましょう。

2 使ったら元の定位置に戻す

次に「使ったら元の定位置に戻す」ことです。これを「定位置管理」といい、整理整頓の基本中の基本となります。

「ハサミはここ!」「リモコンはここ!」というように、収納する場所を定位置化し、管理しやすくします。こうすることで使用したいときに探す手間が省け、不足時の買い足しも容易になります。

3 同じ種類の物はまとめる

次に「同じ種類の物はまとめる」ことです。同じジャンルの品物を同じ個所に集めることで統一感が生まれ、整理整頓の質が向上します。

また、定位置管理と合わせることによって必要なものを探しやすくなるというメリットがあります。 季節ものなど、使用するシーンが同じものであれば、できるだけ近い場所に収納することをおすすめします。

ストーブなどの暖房器具を一か所に収納することで、寒くなったらすぐにまとめて取り出すことができます。

4 物の置き場所は使用頻度も含めて考える

次に「物の置き場所は使用頻度も含めて考える」ことです。使用頻度を無視した収納は、生活の利便性を大きく損ないます。使用するシーン等を考慮して、使い勝手の良い収納を目指してください。

例えば「テレビのリモコン」のように毎日でも使用する品物を、押し入れの奥に収納するなんてことはしませんよね。使用頻度が高い物は、使いやすい場所に収納することを前提としましょう。

5 物は使用場所の近くに置く

次に「物は使用場所の近くに置く」ことです。使用頻度だけでなく、使用する場所が固定されている物であれば、その場所の近くに収納することが一般的です。

例えば「頻繁に使用する調理器具」をキッチン以外の場所に収納しても、使い勝手が良くありませんよね。

普段使わない調理器具であればキッチンから離れた場所でも問題ないでしょうが、包丁やまな板のような毎日でも使う道具を、使用する場所の近くに収納しないことはナンセンスです。

6 整理整頓は定期的に行う

次に「整理整頓は定期的に行う」ことです。大みそかの大掃除のように年に1回2回程度ではなく、1か月に1度などある程度短いスパンで行うようにしてください。

生活していると、次第に整理整頓した部屋が散らかっていきます。定期的に整理整頓しなおすことで、少ない手間で整頓を終わらせることができます。逆に長いスパンだと1回の整頓作業が長引いてしまい、嫌になってしまう可能性があるのです。

7 中身が見えないケースに入れる場合は何が入っているか分かりやすくする

次に「中身が見えないケースに入れる場合は何が入っているか分かりやすくする」ことです。不透明なケースや段ボールに物を収納する場合、開けなくても中身がわかるようにラベルなどで表記しておきましょう。

8 床に物を置かない

次に「床に物を置かない」ことです。床に物が多く、見える床面積が小さいと散らかっている印象が強くなります。不要なものは処分し、床に置くものは最小限にとどめてください。

9 もったいない精神を捨てる

次に「もったいない精神を捨てる」ことです。物を大切にすることは美徳ではありますが、整理整頓では邪魔になりかねません。不要なものは処分して部屋の中の品物を減らすことで、片付けの手間を減らしましょう。

10 整理整頓グッズを活用する

最後に「整理整頓グッズを活用する」ことです。収納ケースなどを活用することで、少ないスペースを有効活用したり、使い勝手がよくなる可能性があります。

100円均一ショップでもいろんなグッズが販売されていますので、いろいろ試してみることをおすすめします。 ただし、買いすぎると無駄で邪魔になってしまう可能性があります。

自分に合わなかった収納グッズは処分するか、改良して再利用するなどの方法を実践してください。 

整理整頓をしても捨てられない物の処分方法

整理整頓をしても捨てられない物の処分方法

整理整頓には「不用品の処分」が欠かせません。しかし、熟考しても処分に踏み切れないこともあるかと思います。そこで、整理整頓しても捨てられない物の処分方法について解説します。

リサイクルショップに持って行く

オーソドックスな方法としては「リサイクルショップに持っていく」ことです。捨てればお金にならない(場合によっては処分費用を支払う)品物でも、リサイクルショップに売ればそこそこのお金になる可能性があります。

ただし、思ったよりもまとまった金額にはならない傾向にありますので「捨てるよりはマシ」程度に考えてください。 また、リサイクルショップでは中古品の販売をしている場合もあります。

不用品を処分して、手にしたお金で必要なものを買いそろえるのにちょうど良いのです。ただし、無駄遣いしては整理整頓どころではありませんので注意してください。

ネットオークションを使う

少しでもお金になる品物があると考えているのであれば「ネットオークション」を活用することをおすすめします。

例えば市場にあまり出回っていないプレミアがついているような品物の場合、リサイクルショップではあまり値段が付かない場合でもオークションで値段がどんどんせりあがる可能性があります。

リサイクルショップよりも売却額が高額になる可能性がある一方で、購入者とのトラブルのリスクがある点は無視できません。「品質に問題があった」「品物が届かない」などのクレームが入り、売買がスムーズに成立しないリスクについてはきちんと考慮しておきましょう。

回収業者を利用する

最後に「回収業者を利用する」ことです。業者や処分したい品物によっては無料で回収してくれたり、買取価格が付くケースもあります。店舗に持ち込んだり処分の手間がかかることもないので、多くの品物を手軽に処分できます。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です