totoBIGの仕組みを徹底解説!4種類で当選金が違う

4 min
コラム

スポーツくじとして有名なtoto。

サッカーの試合の勝敗を当てるくじですが、中でも抽選方式の単純さなどでtotoBIGが注目されています。

この記事を読めば、totoの種類について知る事ができて、購入する時の不安もなくすことができます。

 

totoBIGとは?

                     引用:PhotoAC

まずは基本的なtotoBIGの知識について理解しましょう。

totoBIGの仕組み

TotoBIGの販売開始は2006年。

2001年より販売していたtotoから派生して生まれました。

文部科学省指導・監督のもと、独立行政法人日本スポーツ振興センターによって販売されています。

スポーツくじという名称ですが、サッカーの試合結果のみを投票の対象にしています。

複数の試合結果の組み合わせによって、当選金を決定しています。組み合わせは、最大14試合から成り立っています。

totoBIGは、購入者が予想する必要がなく、コンピューターが自動選択した数字の組み合わせ(勝ち:1 負け:2 引き分け・延長:0)が当たっているかを楽しむ完全運しだい、誰でも当たるくじとして人気です。

キャリーオーバーって何?

totoBIGにはキャリーオーバー制度が存在します。

前回くじで1等当選者がいなかった場合に、払戻金(当選金)が次のくじに繰り越される制度です。

つまり、前回+今回の分が合わさるので、大きな払戻が期待できるという事です。

キャリーオーバー後の払戻金(totoBIGの場合)は、以下の方式で決定されます。

キャリーオーバー含む当選金

前回分のキャリーオーバー+(今回の売上金総額×38%)

つまり、前回2憶円キャリーオーバー、今回の売上金総額4憶の場合、

2憶+(4憶×38%(=約1.5憶))=3億3,000万円が今回の1等当選金となります。

とても夢のある制度ですね。

totoBIGの種類と当選賞金・倍率

ここでは、totoBIGの種類に解説していきます。

totoBIGは4種類!

TotoBIGは4種類。1口金額、当選金の違いでタイプが分かれています。

  • 最高6憶円のビッグチャンス「BIG」
  • 1口100円。当たりやすさと一撃のバランス「100円 BIG」
  • 1等約1,000万円が一番当たりやすい「BIG 1000」
  • 1等約100万円。手軽に楽しめる「mini BIG」
  •  

方式によってそれぞれ特徴があるので、理解してtotoBIGを上手に購入しましょう。

当選賞金・倍率

くじタイプ別の、単価、過去最高額、1等当選本数(2018 年) です。

種類

一口単価

一等過去最高額

1等当選本数(2018年)

BIG

300円

10億2,015円

55本

100円 BIG

100円

2億円

54本

BIG 1000

200円

7,180万1,160円

265本

mini BIG

200円

194万9,786円

1,688本

 

BIGは通常最高6億円ですが、2013年法改正で当選金の上限を引き上げた結果、10億2,015円の当選が生まれました。

BIG1000の、当選金が高く1等当選本数も多いバランスの良さも魅力的ですね。

次に各くじの1等~6等までの当選金・当選確率です。

・BIG、100円BIG

等級

当選確率

当選金額

1等

約1/480万

BIG、6億円 100円BIG、3億円

2等

約1/17万

約200万円

3等

約1/1万3,000

約4万円

4等

約1/1,643

約1万円

5等

約1/299

約1,700円

6等

約1/75

約570円

 

・ BIG 1000

等級

当選確率

当選金額

1等

1/177,147

約1,000万円

2等

約1/8,052

約12万円

3等

約1/805

約1万円

4等

約1/1,643

約1,000円

・ mini BIG

等級

当選確率

当選金額

1等

1/19,683

約100万円

2等

約1/1,094

約2万円

3等

約1/137

約4,000円

 

最大賞金6億円のBIGは1等当選確率もとても低いです。

他のくじも相応の当たりにくさですが、タイプによって当選確率と金額が変わるので好みを選びましょう。

totoBIGのメリット・デメリット

TotoBIGは他の宝くじと比べてメリット・デメリットがあります。

メリット

メリットはこれら↓があります。

  • BIGは宝くじの中で最高賞金
  • 当選結果が早く知れて分かりやすい
  • 還元率50%と、他の宝くじより高い
  • サッカー好きなら試合も楽しめる

BIGは最高6億円。これは国内公営くじの最高金額です。

試合は毎週行われ、いつでも参加する事が可能です。当選結果は、対象の試合後1時間後には発表されるので非常にスピーディーです。

還元率50%は、他の公営くじ、競技(競馬、競艇など)の約3、40%に比べて高く設定されています。

サッカーが好きなら観戦も楽しめますよね。

デメリット

デメリットは以下のものがあります。

  • 当選確率が低い
  • くじ自体は数字が当たるかどうかだけ
  • サッカーに興味ないと楽しめない
  • くじの不正を否定できない

一番当たりやすいminiBIGでも1等確率は約1/1万9,683です。1等賞金が高く作られているくじなので、2等以下が当たっても大きく勝てません。

くじの数字はランダムで作成なので、試合予想を立てて当てたい人には微妙です。

サッカーに興味がないと試合は楽しめません。他競技でもくじが欲しいですね。

くじの不正を見抜く事は不可能です。可能性が0じゃない点は不安な面です。

totoBIG(トトビッグ)不正で炎上!?

これらが気になる方には、向いていないかも知れません。

他のくじと比較してみて、自分に合ったものを見つけると良いでしょう。

↓他の公営くじの解説

https://life.link-a.net/lifestyle/life/12144/

totoBIGの買い方

                      提供:PhotoAC

実際の買い方についての紹介です。

購入できる時期

totoBIGの購入と払い戻しについて紹介します。

年間開催数

販売期間

期間中の対象試合数

結果発表

払い戻し受取期間

約50回

※毎週

最初の試合開催一週間前から

BIG、100円BIG…14試合

BIG1000…11試合

miniBIG…9試合

全試合終了から約1時間後

試合終了の2日後(土・日曜・祝日ならばその翌営業日)から1年間

 

購入場所・方法

totoBIGの仕組みを徹底解説!4種類で当選金が違う
                      提供:PhotoAC

コンビニ、特約販売店などで購入できます。

ネット経由では、公式ページはもちろん、楽天、yahoo、au、特定の銀行(ジャパンネット、楽天、三井住友、住信SBI、じぶん)で購入可能です。

くじは1口から購入でき、支払いは現金、クレジットカードなど利用できます。ネットならば口座引き落としも利用できるので、購入はとても簡単です。

公式ページからは取り扱い店舗検索もできます。

toto販売 店舗検索

当選結果確認

当選結果は、ネット、新聞、電話、店舗での確認ができます。

公式ページでは、番号などくじの情報を入力するだけで結果確認できるシステムも利用できます。

totoBIG 当選確認

払い戻し方法

くじの払い戻し方法は、購入方法によって変わります。

ネット購入の場合は、購入時に口座情報を登録しているので、当選金の払戻開始日から3営業日後に自動で振り込まれます。

店舗購入では、直接現金を受け取る方法と、デビットカードかPontaカードを利用する方法があります。カードでも、手続きの3営業日後に当選金が自動で振り込まれます。

店舗での受け取りの際は、当選チケット、身分証明書、印鑑がないと手続き出来ないので注意しましょう。

記事の情報は2019/09/29時点のものです。

]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です