女性はライフプランに合わせて転職することで成功できる

3 min
転職

転職するタイミングはいつがいい?


各年代によって、転職の成功率やおさえておきたいポイントは異なります。転職を成功させるために意識しておきましょう。

20代

社会人になって間もない20代の転職では、若さが武器になる反面経験の浅さが面接の際に不利になる場合があります。有利に転職活動をすすめていくためにも、必要なスキルを身につけるようにしましょう。

転職成功率

20代の前半と後半では、大きく転職の成功率が異なります。後半の方が比較的転職の成功率が高く、1回目の転職ではおよそ80%の人が成功しています。

身につけておくべきスキル、経験、資格

転職する際には、転職先で必要になる知識を持っていることが要求されます。しかし20代の転職では、未経験でも採用されることも珍しくありません。

転職成功ポイント

未経験でも転職を成功させられる可能性は高いですが、ある程度転職先で必要になりそうな経験等を積んでいた方が採用されやすくなります。
さらに成功率をアップさせるには、中途採用面接で有利になりそうな資格を取得するようにしましょう。今勤めている会社での仕事で経験を積むことも重要です。

30代

実務経験があることで、20代よりも転職成功率が高いです。

転職成功率

30代の人も前半と後半では転職成功率の差があります。1回目の転職であれば、30代前半よりも後半の人の方がより満足のいく転職ができるでしょう。

身につけておくべきスキル、経験、資格

実務経験が長い一方で、新しいことも学べるところが30代にとって大きな武器になります。現在勤めている会社での成果や取得した資格が、中途採用の時のアピールポイントとなるでしょう。

転職成功ポイント

今までの仕事での積み重ねが、30代の転職活動では重要になってきます。一方で転職後に即戦力として働けるような知識や技術もなくてはなりません。不足している分のスキルを身につけた上で転職活動を始めましょう。

40代

転職市場では不利になる年代ではありますが、40代の人でも転職を成功させることは可能です。

転職成功率

数年前までは40代の転職成功率はあまり高くはありませんでした。しかし最近では働き方改革も進み、価値観が変化したことに伴い、40代の転職も一般的になりつつあります。徐々に40代の転職成功率も上がってきました。

身につけておくべきスキル、経験、資格

30代と同様、40代の転職でも実務経験の長さが転職活動を進める際に武器になります。転職希望先で必要になるスキルや資格を取得しておくことも必要です。

転職成功ポイント

まったく未経験の業種に転職するのは失敗する要因になります。今まで積み重ねてきた経験や磨いてきたスキルを活かせる業界を選ぶようにしましょう。

人生のターニングポイントによる転職


女性は、人生のターニングポイントで転職を決める人が多いです。ライフイベントによって生活環境が変わり、それに合わせて仕事を変える必要があります。
タイミングに合わせて転職をすることで、働きやすく、満足のいく職場に転職できるかもしれません。

結婚前

女性にとって結婚は、大きなライフイベントです。引越しなどの環境の大きな変化があることが、結婚には予想されます。結婚前に転職をしておき、これから先のライフプランニングをしていく人も少なくありません。

妊娠前

妊娠・出産によって仕事に制限がかかってしまうこともあります。出産・育児に伴って、転職が必要になる人も多いです。

育児休業復帰前

勤めていた会社で育休を取得して育児に専念していたものの、復職前に転職を志す人もいます。仕事を休んでいる間に価値観や考え方が変わるのは自然なことです。育児休業復帰前に転職活動をし、より自分らしく働けるようにかもしれません。

女性が働きやすい会社の3つのポイント


ライフイベントに影響を受けやすい女性が転職を成功させるためには、転職希望先のことを事前に調べておく必要があります。以下の3つのポイントをおさえて転職先を選びましょう。

1.女性社員の割合

多くの女性先輩社員が働いている会社では、女性が働きやすい環境が整っている可能性があります。会社の従業員の男女比は事前に調べておきましょう。

2.女性管理職の数

管理職の中に女性がいる会社では、転職先でのキャリアアップも狙えるかもしれません。女性の管理職の有無や人数をチェックしておくと、理想の転職ができます。

3.キャリアアップ支援の有無

会社の中でのキャリアアップ支援が充実していれば、出世がしやすくなります。キャリアアップのために会社がどのような支援をしているのかを調べるのも、転職を成功させるためには必要です。

ボーナスをもらって転職する場合のタイミングは?


会社でボーナスが支給されるタイミングに合わせて転職活動を始めるのもおすすめです。

支給後に退職の申し出を行う

ボーナス支給のタイミングで転職を考えるのであれば、支給後に退職の申し出を行うようにしましょう。
無事に転職ができたとしても、最初のボーナスは支給されないということも多いためです。収入が大きく減ることを防ぐためにも、ボーナス支給後に退職届を提出することをおすすめします。

支給日前に申し出すると賞与が減額される可能性がある

企業によってはボーナスの支給日前に退職届を出すと、ボーナスが減らされる可能性があります。
特に、経営者の判断がボーナスの額に大きな影響を及ぼす中小企業などでその傾向が強いようです。

転職するならエージェントを活用!オススメの転職エージェント


スムーズな転職を実現するためには、インターネット上の転職エージェントを活用するのが近道です。エージェントによってサポートの内容に違いがあるので、必要なサポートに合わせて選んでみてください。

リクルートエージェント

業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。広く業界を取り扱っているので、自分の能力が活かせる転職先を見つけられるでしょう。
リクルートエージェント

doda

スタッフによる転職サポートサービスが充実している転職エージェント。取り扱っている求人数も日本最大級です。より確実に転職活動を進められます 。
doda

マイナビエージェント

中小企業の求人が多いのが特徴。豊富な求人の中から希望に沿ったものを見つけられます。サポートも丁寧で、利用者のニーズにしっかりと答えてくれると評判です。
マイナビエージェント

転職を成功させるためにはタイミングとコツをおさえましょう


ライフイベントやボーナス支給のスケジュールなどに合わせて転職することで、より理想に近い転職ができるようになります。
それぞれの年代によって転職の際におさえておくポイントがあるので、意識しながら転職活動を進めていきましょう。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です