ヤフオク出品の手数料は?取り消し料はかかる?フリマについても解説

11 min
副業

20年以上の歴史を持つヤフオクは、新品から中古品まで安く取引できることで、幅広い世代の方々から絶大な支持を集めています。

ただ、「ヤフオクで商品を買ったことならあるけど、出品はしたことがない…」という方もいます。

そこで当記事では、ヤフオクの出品にかかる手数料を始め、取り消し料について解説していきます。

ヤフオクでの出品を検討されている方は、細かく定められた手数料について抑えておきましょう。

/wp:paragraph wp:heading

ヤフオクの出品手数料が無料に!

/wp:heading wp:image {“id”:24707}

ヤフオクの出品手数料が無料に!-h2.jpg
出典元:ぱくたそ

/wp:image wp:paragraphヤフオク出品に関する仕様が変わりました。これまでは、月額費用のかかる『Yahoo!プレミアム会員』に登録していなければヤフオクで出品をすることができず、実質的に出品手数料が発生する仕組みとなっていました。

ただ、2019年11月現在のヤフオクでは、プレミアム会員でなくとも出品ができるようになったのです。

これは、当たり前のように支払っていた出品手数料が無料になったと言えます。

しかし、ヤフオク出品におけるその他の手数料はかかります。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

特定カテゴリの出品は手数料がかかる

/wp:heading wp:paragraphヤフオクには『特定カテゴリ』という商品ジャンルがあります。特定カテゴリに属すものは、自動車や船などといった高額商品です。

これらの商品を個人の方が出品するケースは少ないですが、出品手数料・落札手数料・取り消し手数料の3種類が発生するため、もし特定カテゴリ内の商品を出品される場合は、あらかじめ公式サイトにて各手数料を確認しておきましょう。

/wp:paragraph wp:tadv/classic-paragraph【公式】特定カテゴリ手数料

/wp:tadv/classic-paragraph wp:heading {“level”:3}

ヤフオクの落札手数料とは

/wp:heading wp:paragraphヤフオクの仕様変更により出品手数料は無料となりましたが、『落札手数料』はかかります。

正式名称は『落札システム利用料』。ヤフオクに出品した商品が落札される度に支払う手数料です。

ヤフオクの落札手数料は、次のようにヤフープレミアム会員or非会員によって手数料率が異なります。

/wp:paragraph wp:tadv/classic-paragraph

ヤフオクの落札手数料率

・Yahoo!プレミアム会員:8.8%
・Yahoo!プレミアム非会員:10%

/wp:tadv/classic-paragraph wp:paragraph出品価格1万円の商品が落札された場合、ヤフープレミアム会員は880円、非会員は1,000円の手数料が落札価格より引かれます。

一見すると、ヤフープレミアム会員に加入した方がお得な気もしますが、これはヤフオクの出品数や、その他の手数料によって損得が異なるのです。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:4}

ヤフオク出品の各サービスにかかる手数料一覧

/wp:heading wp:paragraphヤフオクは、出品において取引全般が楽になるサービスを提供しています。

これは出品者全員に支払い義務の生じる落札手数料とは異なり、サービス利用者のみが支払う手数料です。

各サービス内容や手数料などについては、以下の表を参考にしてください。

/wp:paragraph wp:tadv/classic-paragraph

サービス名 手数料 サービス内容
配送サービス 195円~1,500円(全国一律)

※荷物サイズにより手数料変動

ヤフネコ!パック

ゆうパケット

ゆうパック

上記配送サービス利用時に手数料発生

出品取消システム 550円(税込)

※1出品あたり

入札された出品情報を取り消す際に手数料発生

※入札者の取り消し後に出品情報を削除しても手数料発生

注目のオークション 22円(税込)

※1出品・1日あたり

ヤフオク商品ページ上部に『注目のオークション』としてPR表示される機能

 

/wp:tadv/classic-paragraph wp:paragraph配送サービスを利用すると、商品発送時に送料を支払う必要がなくなります。その代わり、全取引終了後にヤフーウォレットを通して出品者宛てに請求がきます。

送料を落札者負担に設定したとしても、ヤフーウォレットに設定した決済方法で手数料を支払う形となるため、金額の間違いがないようあらかじめご注意ください。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

Yahoo!プレミアム会員のメリットとは?

/wp:heading wp:paragraphヤフープレミアムの会員は、月額462円(税抜)を支払うことでさまざまな特典が受けられます

例えばヤフオクの場合、非会員と比べ落札手数料率が1.2%低くなるため、出品数が多い方や高額出品をする方などにとって経費を抑えることができます。

他にも、ヤフーショッピング利用時には、獲得できるTポイントが通常時の5倍など、お買物を始め不要な物を売るときにもプレミアム会員の恩恵を受けられます。

更に、プレミアム会員限定クーポンが豊富で、レストランやレンタカー、旅行などさまざまなシーンで得できます。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:4}

Yahoo!プレミアム会員になるべき?

/wp:heading wp:paragraphヤフープレミアム会員のメリットについてご紹介してきましたが、ヤフオク出品以外のサービスを利用しないことを前提条件とした場合、プレミアム会員になるべきなのでしょうか。

実は、ヤフオクでの落札金額(売上)が月額4万2,400円以内の場合、非会員の方がお得なのです。

プレミアム会員と非会員では、落札手数料率に1.2%ほどの差が生じていますが、送料を出品者負担と仮定して計算してみると、損益分岐点が4万2,400円となります。

ただ、ヤフープレミアム会員はヤフオク以外の場でも大いに役立ちます。メリット・デメリットを踏まえた上で、プレミアム会員への加入を検討してください。

/wp:paragraph wp:heading

ヤフオク出品した商品の取り消し方法や再出品の方法

/wp:heading wp:image {“id”:24737}

ヤフオク出品した商品の取り消し方法や再出品の方法-h2.jpg
出典元:Pixabay

/wp:image wp:paragraphヤフオクに出品したのち、商品の破損や紛失が生じてしまったり、そもそも選定した商品に誤りがあった場合など、出品を取り消したいケースが訪れるかもしれません。

類似サービスの『メルカリ』では、出品の取り消しを簡単に行えますが、ヤフオクは場合によって取り消し手数料が発生してしまう可能性があります。

実際にヤフオクで取り消し手数料が発生するのは、出品取り消し時に1件以上の入札があるケース。『出品取り消しシステム利用料』として、1出品あたり500円(税抜)の手数料が発生します

出品商品の入札が0件であれば、取り消し手数料は発生しませんが、1件でも入札がある場合は後に引くことができません。

そのため、商品を発送するまでの出品前後期間は、出品予定の商品を大切に扱うようにしましょう。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

商品の取り消し方法

/wp:heading wp:paragraphヤフオクの出品取り消し手数料について抑えた後は、実際に出品中商品の取り消し方法をご紹介していきます。

大まかな取り消し手順は次の通りです。

/wp:paragraph wp:list {“ordered”:true}

  1. ヤフオク公式サイトへアクセス
  2. 『マイオク』クリック
  3. 『出品中』クリック
  4. 『管理する』クリック
  5. 『オークションの取り消し』クリック

/wp:list wp:paragraph 

/wp:paragraph wp:paragraph1つ1つ順を追って解説していきます。

/wp:paragraph wp:tadv/classic-paragraph【公式】ヤフオク

/wp:tadv/classic-paragraph wp:image {“id”:24753,”width”:439,”height”:115}

出品取り消し方法①-h3.png
出典元:ヤフオク

/wp:image wp:paragraphヤフオクの公式サイトへアクセス後、出品中の商品ページへ飛ぶ必要があるため、トップページ右側に位置する『マイオク』をクリックしましょう。

/wp:paragraph wp:image {“id”:24754,”width”:483,”height”:256}

出品取り消し方法②-h3.png
出典元:ヤフオク

/wp:image wp:paragraphマイオクをクリックすると、入札・出品を含めたご自身のオークション情報が表示されます。

ここでは、上記画像の青枠で囲われた『出品中』をクリックしましょう。

/wp:paragraph wp:image {“id”:24758,”width”:574,”height”:82}

出品取り消し方法③-h3.png
出典元:ヤフオク

/wp:image wp:paragraph出品中をクリックすると、最新の出品商品が一覧表示されます。出品を取り消したい商品を確認し、ページ右側に位置する『操作』より、『管理する』をクリックしましょう。

/wp:paragraph wp:image {“id”:24759,”width”:616,”height”:278}

出品取り消し方法④-h3.png
出典元:ヤフオク

/wp:image wp:paragraph管理するをクリックすると、出品中商品のより詳細な管理を行うことができます。ここでは、出品商品をPRできる有料オプションを始め、オークションの早期終了などができるため、実際にヤフオクで出品される際にもアクセスしてください。

今回は、出品商品の取り消しを行うため。ページの上から3番目に位置する『オークションの取り消し』をクリックしましょう。

/wp:paragraph wp:image {“id”:24761,”width”:472,”height”:208}

出品取り消し方法⑤-h3.png
出典元:ヤフオク

/wp:image wp:paragraphオークションの取り消しをクリックすると、入札中商品の取り消しには手数料が発生する旨が表示されます。

『取り消す』をクリックすると、出品中商品の取り消しが行われるため、もし入札がある場合はこの時点で判断しておきましょう。

これにて、ヤフオクでの出品取り消し作業は終了となります。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

再出品の方法

/wp:heading wp:paragraph続いては、1度取り消した商品の再出品方法をご紹介していきます。

大まかな再出品の手順は次の通りです。

/wp:paragraph wp:list {“ordered”:true}

  1. ヤフオク公式サイトへアクセス
  2. 『マイオク』クリック
  3. 『出品終了分』クリック
  4. 『落札者なし』クリック
  5. 『再出品』クリック

/wp:list wp:paragraph 

/wp:paragraph wp:paragraph『マイオク』へのアクセス手順については、出品取り消し方法の解説にて説明していますので、ここでは3つ目の『出品終了分をクリック』より解説していきます。

/wp:paragraph wp:image {“id”:24762,”width”:511,”height”:274}

再出品の方法①-h3.png
出典元:ヤフオク

/wp:image wp:paragraphヤフオクでの再出品は、オークション終了日から120日以内の商品情報のみ可能です。

もし表示期間を過ぎてしまった場合は、商品情報が削除されているため、1から商品情報を入力して出品するようにしてください。

表示期間以内の場合は、『出品終了分』をクリックしましょう。

/wp:paragraph wp:image {“id”:24765,”width”:546,”height”:178}

再出品の方法②-h3-1.png
出典元:ヤフオク

/wp:image wp:paragraph出品終了分をクリックすると、始めに『落札者あり』の画面が表示されるため、『落札者なし』をクリックしましょう。

すると、1度取り消した出品情報が表示されるため、『操作』より『再出品』をクリックしましょう。

『再出品』をクリックすると、出品情報の編集画面に移動するため、追加事項や変更事項などがある場合は、画面の項目に沿って入力を進めてください。

必要事項の入力後、出品ボタンをクリックすることで再出品完了となります。

/wp:paragraph wp:heading

ヤフオクのフリマ出品とは?

/wp:heading wp:image {“id”:24766}

ヤフオクのフリマ出品とは?-h2.jpg
出典元:ぱくたそ

/wp:image wp:paragraphヤフオクは『ヤフーオークション』の略称ですが、実はフリマ出品が可能なのです。

元々2016年にスマホアプリ限定で『ワンプライス出品』としてサービスが提供されていましたが、2017年に『フリマ出品』としてリニューアルを遂げ、全デバイスで出品できるようになりました

オークション形式とは異なり、価格競争などは生まれませんが、確実な価格設定をすることで売り上げを伸ばすことができます。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

ヤフオクのフリマ出品にかかる手数料

/wp:heading wp:paragraphヤフオクのサービスを利用していると、手数料の種類が多いことから混乱してしまう方もいるかもしれません。

ただ、フリマ出品・オークション出品共に、手数料が同じなのです。当記事で何度も触れている通り、ヤフープレミアム会員or非会員で手数料率が異なりますので、フリマ出品を検討されている方は今一度ご確認ください。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

フリマ出品専用の計算シミュレーターが便利!

/wp:heading wp:paragraphヤフオクの出品サービス2種類が手数料が同じとはいえど、いちいち計算するのは面倒くさいもの。

そこで出品者の手助けをしてくれるのが、『計算シミュレーター』です。

ヤフオク出品にかかる手数料だけでなく、最適な出品価格や利益率などの算出もできる便利なサービスですので、ここでは計算シミュレーターの使い方を解説していきます。

/wp:paragraph wp:tadv/classic-paragraph手数料計算シミュレーター

/wp:tadv/classic-paragraph wp:heading {“level”:4}

①手数料と利益率の自動計算方法

/wp:heading wp:image {“id”:24768,”width”:536,”height”:372}

①手数料と利益率の自動計算方法-h4.png
出典元:フリマ手数料の計算サイト

/wp:image wp:paragraphヤフープレミアム会員の加入有無、落札価格、仕入れ価格、送料などを入力することで、粗利益や原価率、損益分岐点などが自動計算されます。

落札価格の入力欄には、出品予定の価格を入力することで、利益計算をすることができます。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:4}

②利益から落札価格を算出する自動計算方法

/wp:heading wp:image {“id”:24769,”width”:585,”height”:272}

②利益から落札価格を算出する自動計算方法-h4.png
出典元:フリマ手数料の計算サイト

/wp:image wp:paragraph出品価格の設定にお悩みの方におすすめで、商品の仕入れ代や送料、自分が必要とする利益を入力することで、最適な出品価格を算出してくれます。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:4}

③仕入れ価格と利益率から落札価格を算出する自動計算方法

/wp:heading wp:image {“id”:24771,”width”:512,”height”:193}

③仕入れ価格と利益率から落札価格を算出する自動計算方法-h4.png
出典元:フリマ手数料の計算サイト

/wp:image wp:paragraph②では欲しい利益を元に出品価格を算出しましたが、『利益率』を元に出品価格を出したいときに役立つ計算方法です。

仕入れ価格と送料、求める利益率を入力することで、最適な出品価格を算出してくれます。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:4}

④落札価格と利益率から仕入れ価格を算出する自動計算方法

/wp:heading wp:image {“id”:24772,”width”:507,”height”:187}

④落札価格と利益率から仕入れ価格を算出する自動計算方法-h4.png
出典元:フリマ手数料の計算サイト

/wp:image wp:paragraphご自身が必要とする利益率を元に、原価を算出する計算方法です。大体いくらほどの商品を仕入れるべきなのか悩んだ時に利用するのがおすすめです。

/wp:paragraph wp:heading

ヤフオクで落札されやすい出品方法とは

/wp:heading wp:image {“id”:24774}

ヤフオクで落札されやすい出品方法とは-h2.jpg
出典元:ぱくたそ

/wp:image wp:paragraph物販初心者の方が売り上げを伸ばせない大きな理由は、ヤフオクの使い方を熟知していないからです。

ヤフオクには落札されやすい出品方法が存在するため、ここでは要点を絞りご紹介します。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

ヤフオク出品はカテゴリ選択が大切

/wp:heading wp:image {“id”:24777}

ヤフオク出品はカテゴリ選択が大切-h3.png
出典元:ヤフオク

/wp:image wp:paragraph売れやすい商品を出品したとしても、カテゴリ選択を誤ると落札されない可能性があります。

極端ですが、掃除機を出品する際のカテゴリ選択を『音楽』にしてしまっては、掃除機を探している方が該当ページを見つけられるはずがないですよね。

「この商品はどのカテゴリに当てはまるんだろう…」

こういった悩みはすぐに解決できます。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:4}

【ヤフオク】出品中商品のカテゴリを調べる方法

/wp:heading wp:paragraph商品による部分もありますが、ヤフオクでは大きく分けて3カテゴリに分類されています。

例えば、大カテゴリが『コンピュータ』の場合、中カテゴリに『パソコン』や『スマートフォン』、小カテゴリに『デスクトップ』や『ドコモ』などが設けられているのです。

大カテゴリや中カテゴリの選択は比較的容易にできますが、小カテゴリの選択も大切となります。

実際に出品する商品のカテゴリを選択する際は、ヤフオクで該当商品を検索し、入札のある出品ページのカテゴリを真似するのがおすすめです。

ここでは、例としてiPhone11のカテゴリの調べ方をご紹介します。まずは、以下リンクよりヤフオクへアクセスしましょう。

/wp:paragraph wp:tadv/classic-paragraph【公式】ヤフオク

/wp:tadv/classic-paragraph wp:image {“id”:24976}

【ヤフオク】出品中商品のカテゴリを調べる方法-h4.png
出典元:ヤフオク

/wp:image wp:paragraphトップページ上部に位置する検索窓に、カテゴリを探したい商品名を入力し、現在出品中の商品を検索します。

/wp:paragraph wp:image {“id”:24978}

iPhone11一覧-h4.png
出典元:ヤフオク

/wp:image wp:paragraph出品中商品の一覧ページへ移動すると、各商品の上部にカテゴリが表示されていることが分かります。

同じ商品でも選択したカテゴリによって入札数に変化が生じるため、出品予定の商品を検索し、入札数の多いカテゴリを選択していきましょう。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:4}

【オークファン】カテゴリを調べる方法

/wp:heading wp:paragraphオークションの相場価格の調査ができる『オークファン』は、ヤフオク商品のカテゴリを調べるのにもおすすめです。

会員登録せずに利用できるため、まずは公式サイトへアクセスしましょう。

/wp:paragraph wp:tadv/classic-paragraph【公式】オークファン

/wp:tadv/classic-paragraph wp:image {“id”:24996}

【オークファン】カテゴリを調べる方法-h4.png
出典元:オークファン

/wp:image wp:paragraphトップページ上部に検索窓が設置されているため、出品予定の商品名を入力して検索しましょう。

/wp:paragraph wp:image {“id”:24997}

オークファン商品一覧-h4.png
出典元:オークファン

/wp:image wp:paragraphヤフオクやラクマといったオークションサイトでの出品情報が一覧表示されます。

実際にクリックしてみると、各オークションサイトの出品ページへ移動します。その後は、先ほど解説した手順でカテゴリを調べることで、落札されやすいカテゴリを選ぶことができるようになります。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

トレンドアイテムは1円出品がおすすめ

/wp:heading wp:paragraph発売されたばかりの商品、いわゆるトレンドアイテムと呼ばれるものは、自分で価格を決めるよりもユーザーに任せるのがおすすめです。

というのも、入札数が多ければ多いほどユーザーの購買意欲を掻き立てるものなのです。そのため、自分で値段を釣り上げて入札数を減らすよりも、1円スタートで入札数を増やす方が、落札価格が伸びやすくなります。

ただ、この方法が使えるのはトレンドアイテムのみですので、予めご注意ください。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

トレンド以外の商品は即決価格を設定

/wp:heading wp:paragraph需要がない商品を1円出品にしてしまうと、思いのほか落札価格が伸びず、最悪の場合赤字となってしまう可能性があります。

一方で、即決価格を設定した商品については、注目度は低くなってしまいますが、確実に利益を生み出すことができるのです。

トレンドアイテム以外の出品を検討されている場合は、即決価格の設定も視野に入れてください。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

落札されやすい時間帯を狙う

/wp:heading wp:paragraph一般的なサラリーマンは、8時~17時までお仕事をしています。そのため、サラリーマンがプライベートの時間を楽しめる時間帯に出品するのがおすすめです。

例えば、お昼の12時~13時や、20時~24時など。最新出品はNEWマークが付き注目度が増すため、出品時間には注意を払っておきましょう。

/wp:paragraph wp:heading

出品が面倒なときは『ヤフオク代行』がおすすめ!

/wp:heading wp:paragraphヤフオク出品の手数料や取り消し料、落差されやすい方法についてご紹介してきましたが、ヤフオクの利用は出品から取引まで時間がかかるものです。

なんとか時間短縮して利益を生み出したい方は、オークション作業を丸ごと代行してくれる『ヤフオク代行サービス』がおすすめです。

気になる方は、こちらの記事も参考にしてください。

/wp:paragraph wp:core-embed/wordpress {“url”:”https://life.link-a.net/work/23344/”,”type”:”wp-embed”,”providerNameSlug”:”putto”,”className”:””}

https://life.link-a.net/work/23344/

/wp:core-embed/wordpress wp:paragraph {“align”:”right”}

記事内の情報は2019/12/17時点のものです。

/wp:paragraph ]]>

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です