【ヤフオク】チケット転売は捕まる?ルールや規制、出品削除について

8 min
コラム

チケット転売の全盛期、ヤフオクでは定価の数倍以上もの価格で取引されていました。

ところが、転売ヤーが問題視され始めたことを受け、ヤフオクは悪質なチケット転売への対策を講じたのです。

そこで当記事では、ヤフオクにおけるチケット転売のルールや規制、出品した商品の削除について解説していきます。

/wp:paragraph wp:heading

【ヤフオク】新ルールによってチケット転売が禁止に

/wp:heading wp:image {“id”:24030}

【ヤフオク】新ルールによってチケット転売が禁止に-h2.jpg
出典元:Pixabay

/wp:image wp:paragraphライブチケットや人気舞台のチケットなどを買い占め、ヤフオクなどで高額転売することが盛んに行われていました。

悪質なチケット転売によって、「ファンクラブに入会していてもチケットが入手できない」といった事態が実際に起きているのです。

このことが社会的に問題視されたことを受け、チケットの各主催者側は高額転売されたチケットではライブ会場などに入場できないよう対策を講じました

「ライブに行きたくても行けない」「転売されているチケットがあまりにも高すぎる」など、非難の声が続出したからです。

それに伴い、ヤフオクはチケット転売に関するガイドラインを追加しました。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

ヤフオクのガイドライン

/wp:heading wp:paragraph2017年11月8日、『ヤフオク!ガイドライン細則』の『B.出品禁止物』に『16.転売する目的で入手したと当社が判断するチケット』を追加しています。

これは、実質的にチケットの高額転売を禁止したと捉えることができます。

もちろん、チケットの出品自体は禁止されておらず、定価よりも高額な出品がなされたチケットについて、ヤフオクのガイドラインに反するということです。

この『高額な』という点についてですが、実は、たった1円でも定価を上回る価格帯で出品してしまうのはアウトです。

チケットの転売によって利益が生まれるということは、転売目的でチケットを購入したと同然ですから。

チケット転売に関するガイドラインがもう少し気になるという方は、公式サイトよりご確認ください。

/wp:paragraph wp:tadv/classic-paragraph【公式】ヤフオクガイドライン

/wp:tadv/classic-paragraph wp:heading

【ヤフオク】転売目的のチケットは出品削除

/wp:heading wp:image {“id”:24028}

【ヤフオク】転売目的のチケットは出品削除-h2.jpg
出典元:フォトスク

/wp:image wp:paragraphヤフオクガイドラインの改定によって、チケットの高額転売が禁止となりましたが、実際に転売目的でチケットの出品を行うと、出品ページが削除されます

出品されたチケットが転売目的なのか判断する基準としては、主に次のような項目が当てはまります。

/wp:paragraph wp:list

  • チケットの定価より出品価格を高くしていないか
  • 同一アカウントでチケットばかり出品していないか
  • チケット主催者が定める禁止事項に反していないか
  • 入札の条件として身分証の貸し出しなど危ない条件を提示していないか
  • 同じライブやコンサートなどのチケットを複数出品していないか

/wp:list wp:paragraph 

/wp:paragraph wp:paragraph3つ目の『チケット主催者が定める禁止事項に反していないか』についてですが、当てはまるものの多くが『転売禁止』です。利益の有無に限らず、転売を禁止するチケット主催者が増えています。

出品ページの削除に関する判断基準は公表されていませんが、上記項目に反したチケットの出品をしてしまうと、間違いなく出品削除の措置を受けることになるでしょう。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

転売目的ではないチケットの出品は平気?

/wp:heading wp:paragraphせっかくチケットを手に入れても、やむを得ない事情で参加できなくなるケースもあります。

その場合、チケット代が無駄になってしまうため「定価以下でも良いからチケットを売りたい!」と思うのが普通です。

こういった転売目的ではない方がヤフオクにチケットを出品した場合、一見ヤフオクのガイドラインに反していないように思えますが、ヤフオク側が転売目的だと判断し出品を削除するケースがあります

ただ、出品削除となるのはチケット代金の支払いが済んでいない予約番号だけの出品に限り、支払い済みのチケットに関しては出品ページが削除される心配はありません。

もし、転売目的ではないチケットの出品を考えている方は、間違っても定価より高い値段設定はしないようご注意ください。

定価より1円でも高い価格設定でチケットの出品をしてしまうと、最悪の場合『不正転売禁止法』により逮捕されてしまう可能性もあります。

/wp:paragraph wp:heading

【ヤフオク】チケット転売を止めるべき大きな理由

/wp:heading wp:image {“id”:24106,”height”:400}

【ヤフオク】チケット転売を止めるべき大きな理由-h2.png
出典元:いらすとや

/wp:image wp:paragraphヤフオクではチケットの高額転売ができなくなりましたが、かといって他のオークションサイトなどでチケット転売をした方が良いのかといえばそうではありません。

というのも、チケットの高額転売は条例で違法とされており、違法性が高いと判断された際には厳しい罰則が科せられてしまうのです。

では、違法性の高いチケット転売とは、いったいどのような基準から判断されるのでしょう。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

チケット転売が『違法』と判断される基準とは

/wp:heading wp:paragraph悪質なチケット転売が問題視されている影響を受け、今や多くの自治体がチケット転売を違法と定めています。

違法性の高さについては、次の2点が該当するかどうかで判断されています。

/wp:paragraph wp:list

  • 転売目的でチケットを購入すること
  • 公共の場で他人にチケットを販売すること

/wp:list wp:paragraph 

/wp:paragraph wp:paragraphこのように、ヤフオクのみならず、自治体においても『転売目的』というワードが登場しているのが現状です。

転売目的でチケットを購入するということは、間違いなく定価よりも高い値段で販売することでしょう。たった1円でも定価より高くチケットを転売してしまうと、『違法』と判断されます

過去には悪質なチケット転売が『詐欺罪』として立件されたケースもあります。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

悪質なチケット転売は詐欺罪として立件されることも

/wp:heading wp:image {“id”:24109}

悪質なチケット転売は詐欺罪として立件されることも-h3.png
出典元:ORICON NEWS

/wp:image wp:paragraphこちらは2019年1月に公開された記事で、アーティストのライブチケットを1枚4,500円で入手し、2次流通サービスにて8万円で転売したと記載されています。

出品されたライブチケットには、『営利目的の転売』や『オークションへの出品禁止』などが販売条件として定められていたにも関わらず、高額転売を行ってしまったことで逮捕されてしまいました。

この逮捕は、2019年6月に施行された『チケット不正転売禁止法』に基づいて行われています。

定価より1円でも高く転売してしまうと、違法とみなされてしまう恐れがありますので、ヤフオクにチケットの出品を考えている方はくれぐれもご注意ください。

/wp:paragraph wp:tadv/classic-paragraph【公式】詐欺罪立件記事

/wp:tadv/classic-paragraph wp:paragraph悪質な転売ヤーが横行していることから、『ヤフオク詐欺』というワードが誕生しました。

ただヤフオクを使っているだけで被害者になってしまう可能性もありますので、そうならないためにもぜひこちらの記事も参考にしてください。

/wp:paragraph wp:core-embed/wordpress {“url”:”https://life.link-a.net/job/4851/”,”type”:”wp-embed”,”providerNameSlug”:”putto”,”className”:””}

https://life.link-a.net/job/4851/

/wp:core-embed/wordpress wp:heading

【ヤフオク】転売チケットの購入はトラブルの原因に

/wp:heading wp:image {“id”:25397}

【ヤフオク】転売チケットの購入はトラブルの原因に-h2.jpg
出典元:Pixabay

/wp:image wp:paragraphヤフオクは、社会問題化しているチケット転売に対し『出品削除』という然るべき対応をとっています。

しかしながら、実際にヤフオクでチケットの出品状況を確認してみると、約5,000件以上にも上ります。全ての商品が転売目的ではないにしろ、中には転売目的のチケットもまだまだあります。

というのも、同一アカウントでチケットの出品を続けると出品削除されてしまうことから、転売ヤーは複数のヤフオクアカウントを所持するといった対応をとり、アカウントをとっかえひっかえしてチケット転売を続けているのです。

ここでは、転売チケットの購入により危惧されるトラブルについて解説します。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

①入場できない可能性がある

/wp:heading wp:paragraph正規ルートでチケットが手に入らず、ヤフオクで購入してしまうと、最悪の場合ライブ会場に入れない可能性があります。

特に、ライブチケットの裏面に『転売禁止』と記載されている場合は要注意です。

せっかく大金をはたいてチケットを手にしたとしても、会場入り目前にして入場を拒否されてしまうのです。

では、転売チケットかどうかを見極める方法はどういったものなのでしょう。

実は、最近のライブチケットのほとんどにチケット購入者の名前が記載されているのです。ライブ会場入場の際、チケットに書かれた名前と本人確認書類などを照らし合わせ、転売チケットか否かについて判断します

もちろん全てのライブ会場で入場を拒否されるわけではありませんが、チケット転売への対策が年々強化されているのも事実です。

「それじゃあ好きなアーティストのライブに行きたくても行けないじゃん」と考える人も少なくありません。

しかし、元をたどれば転売ヤーがチケットを買い占めなければ正規の値段でチケットを手にできた人もいるわけです。

チケット転売業者撲滅のためにも、ヤフオクなどではなく正規ルートでチケットの購入をするのが望ましいでしょう。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

②ライブの中止・延期により損を被る可能性も

/wp:heading wp:paragraph悪天候や出演者の体調不良など、ライブが中止や延期となることも稀にあります。

その場合、公式サイトや店舗などの正規ルートで購入したチケットについては、全額返金されるのが一般的です。

しかし、チケット代が返金されるのは購入者のみ。ヤフオクでチケットを手に入れた場合、ライブチケットの購入者は自分ではなく他人扱いとなるのです。

もちろん、ヤフオクの出品者に問い合わせればチケット代を返金してもらえる可能性もありますが、ヤフオクで転売されているチケットは正規の値段よりも遥かに高いです。

そのため、ヤフオクで手に入れたチケットは全額返金されません

さらに、チケットを手に入れた相手が悪質な転売ヤーだとすると、最悪の場合1円も返金されない可能性すらあるのです。

転売チケットを購入される場合は、これらのリスクにご注意ください。

/wp:paragraph wp:tadv/classic-paragraph

転売チケット関連のトラブルまとめ

・転売ヤーに良心的な人はいない
・ライブ会場に入場できない可能性がある
・ライブが中止や延期の場合は返金されない可能性がある

/wp:tadv/classic-paragraph wp:paragraphチケットの購入に限らず、ヤフオクを利用していると何らかのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

余計なトラブルを避けるためにも、ヤフオクを利用する前にこちらの記事も参考にしてください。

/wp:paragraph wp:core-embed/wordpress {“url”:”https://life.link-a.net/useful/23508/”,”type”:”wp-embed”,”providerNameSlug”:”putto”,”className”:””}

https://life.link-a.net/useful/23508/

/wp:core-embed/wordpress wp:heading

【ヤフオク】転売目的ではない方のチケット出品は注意が必要

/wp:heading wp:image {“id”:25618}

【ヤフオク】転売目的ではない方のチケット出品は注意が必要-h2.jpg
出典元:123RF

/wp:image wp:paragraphチケットの購入者目線で大切なことについて解説してきましたが、転売目的ではないチケットの出品者目線での注意点もあります。

実際にライブチケットを手にできたとしても、「急用が入りライブに行けなくなった」という方は、ぜひ参考にしてください。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:3}

チケット出品で注意すべきこととは

/wp:heading wp:paragraphヤフオクにライブチケットを出品する際は、現物写真の投稿がおすすめです。

というのも、チケット不正転売禁止法の制定によってヤフオク側の監視が強化され、現物写真のない出品ページは削除される傾向にあるのです。

全てのチケット出品ページが削除されているわけではありませんし、現物写真を載せる転売ヤ―も中にはいます。

ただ、チケット転売への対策の一環として、ヤフオク側はそういった施策を試みているのが現状です。

ただ、こうしてみると「出品ページが削除されるだけなら問題ないでしょ?」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、ヤフオクの出品ページ削除を甘く見てはいけません。というのも、何度も出品ページが削除されたアカウントは停止される可能性もあるのです。

転売目的ではないにしろ、それは自分が思っているだけでありヤフオク側には伝わりません。

余計なことで不測の事態を招いてしまわないためにも、チケットを出品する際は現物写真をアップロードしましょう。

その際、チケットに個人情報が載っていたら、画像加工ソフトなどを使ってモザイクをかけるのがおすすめです。

/wp:paragraph wp:heading {“level”:4}

定価<出品価格は規制の対象

/wp:heading wp:paragraph自身で購入したチケットから利益を生み出してしまうと、チケット不正転売禁止法に違反する形となり、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が科せられる可能性があります

この『利益』についてですが、たった1円オーバーでもアウトです。

定価5,000円のチケットを4,999円で販売するのは問題ありませんが、5,001円で提供してしまうと、規制の対象になってしまいます。

また、チケットとライブグッズなどを合わせて販売し、利益を生み出すような『抱き合わせ商法』もアウトです。

チケットの出品で利益を生まなければ問題ありませんので、ライブに行けなくなってしまった場合は、出品価格に十分ご注意ください。

/wp:paragraph wp:heading

真っ当な方法でチケットを手に入れよう!

/wp:heading wp:image {“id”:25621}

真っ当な方法でチケットを手に入れよう!-h2.jpg
出典元:ぱくたそ

/wp:image wp:paragraphチケット転売の違法性やデメリット、出品時の注意点などについて解説しました。

チケット転売に対する世間からの冷ややかな目線は今後も続く可能性があり、転売目的のチケットではなく正規ルートで手に入れたチケットでライブに行くのが望ましいでしょう。

とはいえ、ライブでなかなか当選しないという方もいます。チケットの当選確率を上げたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

/wp:paragraph wp:core-embed/wordpress {“url”:”https://life.link-a.net/useful/23341/”,”type”:”wp-embed”,”providerNameSlug”:”putto”,”className”:””}

https://life.link-a.net/useful/23341/

/wp:core-embed/wordpress wp:paragraph {“align”:”right”}

記事内の情報は2019/12/23時点のものです。

/wp:paragraph ]]>

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です