【初心者向け】ヤフオクの使い方をどこよりも分かりやすく説明します

5 min
コラム

ヤフオクをどこのサイトよりも分かりすく、徹底的に説明していきますので、是非、参考にしてみてください。

日本最大級のネットオークション「ヤフオク」とは

日本最大級のネットオークション「ヤフオク」とはヤフオクとは、大手ネットサービス会社が運営する日本最大級のネットオークションサービスです。
Yahoo!という検索エンジンも、一度は耳にしたことがあると思います。

ヤフオクとは

ヤフオクは、5000万品以上の出品数があり、約2000万人以上の利用者がいます。
まさに日本最大級のネットオークションサービスです。
フリマアプリと比べ、1万円以上の高額商品が多く出品されているので、高額商品をお得に購入したい人にはかなりおすすめ。

登録料や入札・出品の手数料

入札時は商品の8.64%の手数料、出品の手数料はカテゴリ別になっており、【自動車、オートバイ > 中古車・新車】のカテゴリだと、3,024円の手数料がかかります。
それ以外は0円です。

初心者にもわかるヤフオクの使い方【登録する】

まずは、ヤフオクを利用するにあたり必要となる情報を登録していきます。

1.Yahoo!JAPANIDを取得する

郵便番号、生年月日、性別の個人情報を登録し、Yahoo!JAPANIDを取得します。
他人との重複や、決定後の変更はできないので注意しましょう。
※秘密の質問と答えを設定しておけば、再発行することはできます。

2.ヤフオクアプリをインストールする

ヤフオク利用者の過半数は、アプリをインストールしています。
スマホアプリは、出品者とのやり取りや、オークションをスムーズに進めることができるので、先にインストールしておくことをおすすめします。
App StoreGoogle Play

3.Yahoo!プレミアム会員登録

Yahoo!プレミアム会員に登録しておくと、会員ならではのメリットがいくつかあります。
必要に応じて、登録すると良いです。

Yahoo!プレミアムとは

Yahoo!プレミアムとは、月額498円(税込)の有料サービスです。
登録することで、出品や落札の際に割引されたり、ウォッチリストの上限が増えるなどの特典がついていきます。
オークションを利用する上で、必ず必要なわけではないので、月に複数回の利用を考えている人のみ登録をおすすめします。

登録方法

Yahoo!プレミアムのページから登録可能です。
Yahoo!JAPANIDが必要になるので、取得していない方は、まずYahoo!JAPANIDを取得しましょう。

口座情報・個人情報の登録

落札する際は、口座情報と個人情報の登録は必須です。
ヤフオクトップ画面から、Yahoo!JAPANIDをつかってログインし、【口座情報を登録】から必要な入力情報を登録しておきましょう。

初心者にもわかるヤフオクの使い方【落札する】

初心者にもわかるヤフオクの使い方【登録する】ヤフオクのだいご味は、なんといっても高額商品の落札です。
欲しい商品の検索方法から、知っておくと便利な自動入札までを紹介します。

商品検索

まずは、欲しい商品を検索するところからです。
検索の手順は下記で詳しく説明していきます。

検索方法

欲しい商品をワード化して検索します。
例えば、ラルフローレンのネクタイを探す場合は、【ラルフローレンのネクタイ】と検索するのではなく【ラルフローレン ネクタイ】という感じで検索しましょう。

入札前の注意点

ワードとマッチングした商品があっても、即落札は禁物です。
以下3点を詳しくチェックしましょう。
・商品の状態
新品なのか、中古品なのか
・送料
購入者負担なのか、出品者負担なのか
・出品者の評価
一番注意してみてください。過去の取引きの素行が悪い場合、取引きをさけたほうが安全です。

入札・落札

商品の状態や出品者に問題がないと判断できれば、入札にはいっていきます。

自動入札とは

自動入札とは、システム上で自分が設定した金額内で自動的にやりとりしてくれる便利なサービスです。
例えば、欲しい商品の自動入札額を2,500円と設定しておくことで、2,500円内に収まるように自動的に取引きしてくれます。
忙しくて、入札画面をあまり見えない人におすすめです。

自動入札の設定

自動入札は1円単位で設定が可能です。
現在価格が300円で限度額を500円に設定した場合、自動入札額が15円だと、他の入札者の上乗せ金額に合わせ、自動的に15円を上乗せのて入札してくれます。

即決価格がある場合

即決価格が設定されている場合、その金額で入札をいれた時点で落札になります。
即決価格より安く落札した場合は、自動入札を利用するなどして、他の入札者と取引きしましょう。

落札

落札すると、メールで「おめでとうございます!あなたが落札しました。」と送られてきます。
その後の流れについては、下記で順番に説明していきます。

初心者にもわかるヤフオクの使い方【出品する】

初心者にもわかるヤフオクの使い方【出品する】落札や入札だけでなく、自分の商品を出品し、競売にかけれるのもヤフオクのだいご味の一つです。
商品が落札され、配送するまでの流れを順番にみていきましょう。

1.商品情報の入力

まずは、出品したい商品をカテゴリー分けし、入札者に見つけてくれやい状態にします。
商品情報の入力の注意点を下記で説明していきます。

商品カテゴリ

商品のカテゴリを間違うと、人気の商品でも検索にかからず、落札額も落ちていしまいます。
カテゴライズに不安がある人は、自分の商品を一度検索し、カテゴリーを確認してみましょう。

商品名

商品名は、検索側の視点に立って考えることが大事です。
ユーザーは、ワードで検索するので、自分の商品をワードに分解してみると商品名を作りやすいです。
また、【格安】【即決価格あり】など、アピールしたいポイントを【】内に書くのも良いです。

商品説明

商品説明は、とにかく分かりやすく簡潔に書くことが大事です。
箇条書きにすると初心者でも作りやすいので、下記を参考にしてみてださい。
例:Nikeのシューズ
・購入した時期→2018年8月
・サイズ→28.0
・色→ライトブルー
・性能→防水
・軽くて履き心地が良いので、ウォーキングシューズとしても使えます。また、シューズの色自体が明かるいので、暗めコーデの差し色として使うのもおすすめです。

商品画像

明るくピントの合った写真をできるだけたくさんのアングルで、最低3枚以上は載せましょう。
ファッション系のアイテムだと、身に付けている写真があると更に良いです。

2.価格・オークション日時の設定

価格は設定は、まず初めに自分が出品する商品の相場を調べましょう。
大体の相場を知り、「最低でもこれくらいで売れてほしい」と思う額をスタート価格にするのがベターです。
日時の設定も売り上げを左右します。
終了日時は、ヤフオク内が最も活発になる、日曜日の22時ごろに設定するのがおすすめ。

販売形式・価格

販売形式は、2種類あります。
入札額が多かったユーザーが購入できる『オークション形式』と一人目の入札者が購入できる『定額形式』です。
最低価格は、「最低でもこれくらいの金額で売れてほしい」と思う価格。
即決価格は、「この金額で買ってくれるなら、もうすぐにあげちゃう」と思う価格。
どちらも慎重に設定したいですね。

入札開始時間・終了時間

入札開始時間と終了時間は、日曜日の22時~24時の間に設定するのが最も良いです。
ヤフオク内が一番活発になる時間帯なので、入札件数が増えやすく、落札額も上がりやすいです。

3.発送方法を決める

発送方法はヤフネコ!パックがおすすめです。
金額を出品者負担にすることで、全国一律料金で発送できるう上に、入札件数も集めやすいというメリットもあります。
また、発送中の破損を補償してくれる、『補償付き発送』もあります。

4.落札される

落札されると「おめでとうございます!商品が落札されました。」というメール通知が届きます。
落札されなかった場合は、再出品する必要があるので、あらかじめ、出品時にオプション設定の「自動再出品」でプルダウンメニューから再出品する回数を設定しておくと便利です。
落札後の流れも下記で説明していきます。

5.梱包・発送

いよいよ最終段階です。
最後の詰めの部分になるので、落札者の評価を落とさないよう、きっちりと行いましょう。

梱包の注意点

梱包は、丁寧かつキレイにすることで、落札者からの評価も上がり、のちの出品にも好影響がでます。
割れモノ注意の際は、必ず、新聞紙等で包み込むようにしましょう。
キレイ、丁寧はマナーです。

発送

落札後は、落札者側の取引ナビに、支払いや配送などの情報がくるのを待ちます。※取引ナビについては下記で詳しく説明します。
その後、発送料などを確認し、支払いが完了した段階で発送します。
相手が発送の受け取りを確認し、メッセージが送信された段階で、出品者側に料金が支払わるようになっています。

初心者にもわかるヤフオクの使い方【取引ナビ】

初心者にもわかるヤフオクの使い方【取引ナビ】
落札後のやりとりは、全て取引ナビで行います。
使い方を詳しくみていきましょう。

取引ナビとは

取引ナビは、落札後から出品者に料金が支払われるまでの間利用します。
お互いが直接やりとりをすることで、スムーズに進みますし、お互いの個人情報を記載せずに済むのでとても便利です。

商品落札後の流れ

落札後の順番を下記にて、説明します。
1.落札者側の情報を取引ナビにて受け取る
2.発送料金を含めた支払い料金をお互いに確認する
3.落札者からの振り込みを確認した後、発送
4.落札者に商品が届き、到着完了の通知をした後、出品者に料金が振り込まれる
5.互いの取引について評価する
評価時点で取引きは終了になります。お疲れさまでした!]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です