youtubeアフィリエイトってなに?広告の種類と特徴

4 min
副業

数百回の再生回数でも始められることから、ノウハウを学びながら続けることで多くの人に収益化できる可能性があることが伺えます。
この記事では、youtubeアフィリエイトの収益の仕組みについてご説明します。
 

youtubeアフィリエイトとは


youtubeの動画を見ていると、最初にスキップ可能なCM動画が流れたり、動画の下に広告バナーが表示されていることがあります。
広告を自身のyoutube動画に出すことを「youtubeアフィリエイト」もしくは「youtubeアドセンス」と呼びます。
広告の動画がクリックされたり、一定時間以上あるいは最後まで再生された場合、番組動画をアップロードした人が収益を得られる仕組みになっています。
 

youtubeアフィリエイトはどれくらい稼げるの?


一般的にyoutubeアフィリエイトの収益は再生回数の10〜20分の1と言われています。動画が10万回再生された場合は5,000〜1万円の報酬が得られる計算になります。
アップロードした動画が10万回再生されるようになるためには、かなりの経験を積まなければなりません。しかし一度、動画にファンがつき、再生回数が安定してくるようになると毎月決まった収入が得られるようにもなります。
ノウハウを学び、技術を磨かなければならないのは、他のアフィリエイトと同様です。しかしブログ執筆よりもyoutubeでの動画配信の方が向いていると感じる人であれば、ブログよりも収益を上げやすいでしょう。
 

youtubeアフィリエイトのメリット・デメリット


youtubeアフィリエイトには、メリットとデメリットが存在します。
 

メリット

初期投資をほとんどかけずに始められることが、youtubeアフィリエイトの最大のメリットと言っても過言ではないでしょう。ブログでのアフィリエイトのようにサーバー代などがかかることはありません。
また、一度ヒットした動画を作ればその後の再生回数および収益が伸びるという特徴もyoutubeにはあります。アクセス数が集めやすく、ラッキー要素が非常に強いのがyoutubeの特徴です。
 

デメリット

youtubeでは規約に違反した場合、動画が削除されたりアカウントが停止になることがあります。また、youtubeでは利用規約が頻繁に更新されることも有名です。
そのため、一生懸命作った動画がある日突然「規約違反」ということで削除されてしまうリスクがyoutubeにはあります。
よほど重大な違反をしなければアカウントが停止されることはありませんが、リスクを伴うことを念頭に入れておかなければなりません。
 

収益化をするための条件


youtubeアフィリエイトは誰にでもできるわけではありません。youtubeから「動画収益プログラムのご案内」のメールが届くことによって、手続きを進めることができます。
このメールは一定数以上の動画再生数がなければ届くことはありません。そのためyoutubeでの収益化はブログとは異なり「ただ動画をあげればいい」というものではないのです。
しかし、メールが届くようになる再生回数は「数百回」とも言われています。youtubeでの収益化は誰にでもできるものではありませんが、ハードルがとても高いものというわけでもないということです。
 

youtubeアフィリエイト収益化のコツ

質の高い動画を配信することで、youtubeで収益を上げやすくなります。アップロードする動画は必ず編集を行うようにしましょう。動画への文字入れやカットの仕方を工夫することで、質の高い動画は作れます。
動画のジャンルを統一することもおすすめです。料理の動画を上げていた人がいきなり音楽のことを紹介する動画を配信すると、ファンがつきにくくなります。チャンネル内で動画に統一感を持たせるようにしましょう。
動画のタイトルや説明文も意識するようにしてください。視聴者は、タイトルや説明文を見て動画を見るかどうかを判断します。SEOを意識して動画の魅力を伝えられるような文面を考えるようにしましょう。
 

youtubeアフィリエイト広告の仕組み


youtubeアフィリエイトには様々な広告の種類が存在します。以下では6種類の広告について詳しく見ていきましょう。
 

インストリーム広告

youtube動画の最初や、長時間の動画である再生開始後15分後や30分後にCMのような動画が配信されることがあります。この動画のことを「インストリーム広告」と呼びます。
インストリーム広告は、視聴者が動画をすべて再生した場合(または30秒以上再生した場合)や外部のスポンサーサイトにアクセスした場合に報酬が発生する仕組みです。
動画配信者は5秒後に広告をスキップできるものか、スキップできない15秒程度の広告を配信するかを自由に選択できます。
 

インサーチ広告

よく上記の「インストリーム広告」と混同されがちですが、インサーチ広告は全く別の広告です。動画投稿者が自分の動画をより多くの人に視聴してもらうために出す広告のことを「インサーチ広告」と呼びます。
インサーチ広告はyoutubeの管理画面から設定が可能です。管理画面上の「ターゲット」から設定を行います。
 

ディスプレイ広告

動画の右上、関連動画リストの上に広告バナーを表示させる広告を「ディスプレイ広告」と呼びます。視聴者が広告バナーをクリックすることで収益が発生する仕組みです。
ディスプレイ広告は、youtubeアフィリエイトの中でも収益になりにくいことで知られています。視聴者のクリックを促しにくいのが特徴です。
 

オーバーレイ広告

動画の下の方に広告のバナーが表示される形式のアフィリエイトです。再生開始後10秒以上経過した際に広告バナーが表示されるようになります。
視聴者はバナーをクリックするか、バナーの右上の「×」印をクリックして広告を消すかを選択できます。バナーがクリックされ、視聴者がサイトにアクセスした場合、動画配信者は収益が得られる仕組みです。
 

プレロール広告

インストリーム広告と同様、動画が始まる前に配信される広告のことを指します。ディスプレイ広告に比べて訴求力が強く、多くの視聴者に興味を持ってもらいやすいのが特徴です。
動画の冒頭だけでなく、長時間の動画である場合再生途中にプレロール広告を出すことも可能です。動画配信者が自由に設定できます。
 

バンパー広告

インストリーム広告やプレロール広告とは異なり、動画が始まる前に再生され、最大で6秒間スキップができない広告のことを「バンパー広告」と呼びます。
決められた秒数内で商品やサービスをアピールしなければならない点から、広告を製作する側のクリエイティビティが発揮されるのが特徴です。
視聴者の興味を非常に惹きつけるだけでなく、インパクトも強いためブランディン力がバンパー広告にはあります。短い時間の広告なので視聴者にストレスを与えないのも魅力的です。
 

ブログとは違った魅力がyoutubeアフィリエイトにはある


規約の変更などによってアップロードした動画が消されてしまうリスクもある一方で、youtubeアフィリエイトにはブログとは異なる魅力が存在します。
「多くの記事を執筆することは苦手だけど、動画作成ならできる」という人におすすめのアフィリエイトです。
ブログとは媒体が違うだけなので、youtubeアフィリエイトをする際にもノウハウを学んだり技術を磨く努力は求められます。
しかしアクセス数を集めやすく、ヒット作を出せば再生回数も稼げるようになる可能性もあるメリットも存在します。
初期投資もほとんどかからないので、動画作成に興味がある人は挑戦してみましょう。うまくいけば収益を上げられるかもしれません。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です