ユーチューバーになるには【チャンネル作成から収益化のコツまで】

5 min
コラム

  • ユーチューバーになって稼ぎたいけど、何から始めたら良いか分からない
  • 動画撮影や編集もやったことないから、自分一人で出来るか不安
  • このような悩みを持つあなたに向けた記事になっています。
    この記事では、チャンネルの作り方から、動画撮影のコツまでを詳しく説明し、初心者でも、収益の得られる動画投稿ができるようにと記事を書きました。
    5Gの普及で、動画の時代はこれから間違いなくやってきます。
    あなたもこの流れ乗り、動画で稼げるようになりましょう!

    ユーチューバーって何?


    ユーチューバーとは、大手動画共有サービスYouTubeに動画を投稿することで収益を得ている人のことです。
    ヒカキンやはじめ社長を皮切りにに、たくさんのユーチューバーが誕生しましたね。
    今では、顔出しで企画を行う動画や、顔出しを一切しない動画をアップするなど、色々なタイプのユーチューバーがいます。
    ちなみに、YouTube上に動画をアップして収益を得られるプログラムをYouTubeパートナープログラムと言います。
    それでは、下記でユーチューバーになるための段階を詳しく記載しましたので、参考にしてみてください。

    ユーチューバーになるには(1):チャンネルを作る


    まずは、YouTube上で自分のチャンネルを作ります。
    Googleアカウントを持っていない方の場合、まずはGoogleアカウントの作成からになりますので、順を追ってやっていきましょう。
    Googleアカウントをすでに持っている方は、『YouTubeチャンネルを作成する』から見てくださいね。

    Gogoleアカウントを登録する

    Googleのトップから右上にあるGmailをクリックしてアドレス(アカウント)を作成しましょう。
    Gmailは色々な場面で使えるので、アドレス(アカウント)を作成する際はウソ偽りなく記入していくようにしましょう。

    • 性別
    • 誕生日
    • パスワードなど

    これらの設定が完了したら、Googleからメールが届きます。メールを確認したら、登録完了です。

    Youtubeのチャンネルを作成する

    YouTubeのチャンネルは、【からログイン】→【マイチャンネル】→【チャンネル作成】の手順で完成します。
    下記で順番にやっていきましょう。
    1.YouTubeトップの右上からログインをクリック。
    すでにGmailを登録していれば、ログインで大丈夫ですが、未登録の場合は自身のアドレス(Googleのアドレス)で登録を進めます。
    2.ログイン後、マイチャンネルをクリックすると、【YouTubeを利用するアカウント】と表示されるので、【チャンネル作成】をクリック。
    ここまでの作業で、自分のチャンネルは完成します。
    簡単ですね!

    ユーチューバーになるには(2):動画を撮影する


    チャンネルを作成したら、さっそく動画を撮っていきましょう。
    「どのカメラで撮影を行い、どの編集ソフトを使えばいいのか。」など、最初は難しいと感じることが多いと思いますので、初心者でも扱うことが容易なものを紹介していきます。
    手順通りにやれば、誰でもできますので、ゆっくりと確実にやっていきましょう。

    準備するもの

    最初は、撮影した動画をそのままアップできるスマホがベストです。最近のスマホは画質も良く、視聴者からみても違和感はほぼありません。
    チャンネルの登録者数が増えて、「もっとクオリティを上げたい!」と思うようになった段階で一眼レフなどに切り替えていくのがセオリーです。
    あれこれ用意していると疲れてしまうので、とにかく撮影してみましょう。

    動画撮影のコツ

    最初に意識するのは下記の2つで大丈夫です。

    カメラは固定した状態から動かさない

    ズームやカメラの移動は、プロが使う高度な技術であり、素人がやると、ブレや画質の低下につなるがるので固定しておきましょう。

    1カットで10秒以上の撮影が望ましい

    たくさんの動画をとっても、1カットが10秒以下だと、どれだけ編集をしても違和感がでてしまい、編集自体もすごくやりにくいです。
    上記の2つを守り、撮影回数を重ねていけば、誰でも上達します。基本的に動画は、横向きでの動画が視聴者に好まれるので、そこも意識するといいです。

    ユーチューバーになるには(3):動画を編集する


    動画編集はとても大事であり、初心者がかなり苦労するパートの一つでもあります。
    撮影も大事ですが、良い画がとれても、編集が悪ければ台無しになってしまうこともあります。最初はかなり時間がかかりますが、練習を積めばかならず良い編集ができるようになり、時間も短縮することができるようになります。
    これは余談ですが、編集の技術があれば動画編集の仕事を受注することもできるので、覚えて損することはまずありません。
    それでは、扱う編集ソフトからみていきましょう。

    準備するもの

    MacBookやiPad、iPhoneなどのMacOSを利用している方には、iMoveiという無料編集ソフトがおすすめ。
    初心者でも使いやすく、4k映像にも対応しているので、かなり便利です。
    こちらもある程度、編集のコツを習得し、更にクオリティを上げたいと思った段階で有料ソフトに移行するのが良いです。
    編集のコツさえつかんでいれば、他のソフトに切り替えても要領はあまり変わらないので、簡単に扱えます。

    動画編集のコツ

    長すぎても短すぎてもダメで、初心者は3分ほどに収めるように編集しましょう。(※動画をアップするまでの過程において、視聴者側の視点をもつことも大事ですが、YouTube側からの評価も必要不可欠であることを知っておきましょう。)
    動画が再生される際、YouTube側が重要視するのは、『視聴者が一つの動画に対してどれだけ長い時間を視聴しているか』です。
    例えば、1時間の動画を5分で視聴を終了した場合、全体の約8%しか視聴されたことになりません。それだと、YouTube側から良い動画だと判断してもらえず、おすすめ動画の一覧に反映してもらえません。
    逆に3分ほどの動画だと、90秒視聴されただけで動画の50%を視聴したとされますので、YouTube側からの評価は上がります。
    「じゃあ、短い方が良いの?」となるかもしれませんが、短いと広告がつきにくく、収益になりにくいです。なので、短い動画でも最低2分以上が良いとされています。

    ユーチューバーになるには(4):動画をアップして、収益化する


    YouTubeで収益を得るためには、『パートナープログラム』を利用します。
    【Googleアドセンスの申請】→【Googleアドセンス認証】→【自分の動画での貼り方などを決めて広告設置】→【視聴回数に応じて報酬がはいる】
    という流れになります。
    【クリエイターツール】をクリックして、【報酬を受け取る】から設定が可能なので、上記の順番を追って行ってみましょう。
    なお、手順がよく分かならいという場合は、YouTubeの公式ページにて詳しく解説されているので、合わせて参考にしてみてくださいね。

    ユーチューバーになるには(5):再生数を増やすコツ


    大事なことなので、繰り返しますが、視聴者に見られるということばかりを意識するのではなく、YouTube側から見られていることを意識することがかなり大事です。
    なぜなら、動画の流入の9割は、おすすめ動画一覧からであり、そこに掲載されるかどうかは、視聴者ではなく、YouTube側が決めからです。
    これらのことを念頭に置いて、再生数を増やすコツを一つひとつ押さえていきましょう。

    惹きつけられるサムネイル

    動画のサムネイルとは、雑誌で言うところの表紙になります。
    ということは、本と同じように、その動画を再生するかどうかは、サムネイルによって決まると言っても過言ではありません。
    下記の3点を意識すると良いです。

    • 思わず目にとまる画像
    • 顔出しをしているなら顔はいれる
    • 背景や文字は、ぱっと見でも分かるように

    また、不適切な画像(エロ、グロ等)はYouTubeの利用規約に反するので避けるようにしましょう。ペナルティーの対象になる可能性があります。

    タイトルは分かりやすく

    動画の内容に沿って、見る人が分かりすくするのが一番大事です。YouTube側も視聴者も、長過ぎるタイトルは見ません。
    タイトルを見たとき、一発でその動画が分かる単語をいれることを意識しましょう。
    また、旬なキーワードや検索されそうなキーワードを含めると、再生回数の伸びが圧倒的に速くなる可能性があります。
    逆に、説明文は長文の方が上位検索されやすいです。これはGoogleの検索エンジンでも同じことが言えますね。

    • タイトルは完結に分かりやすく
    • 説明文は長く、動画の内容が伝わるように

    この2点を抑えましょう。

    チャンネル登録を促す

    チャンネル登録数=ファンの数なので、この数字は、収益に直結します。

    • 動画内でのブランディング
    • 説明文でチャンネル登録を促す
    • チャンネルアートやアイコンなどを細部にこだわる
    • ハート返しやコメント返しを通してファンとコミュニケーションをとる

    上記の4点をしっかりと意識しつつ、常に視聴者側の視点に立った動画投稿を続ければ、必ず登録者数は増えます。
    【グラファイト】初心者(チャンネル登録者:0~999人)
    【オパール】初級者(チャンネル登録者:1000人~)
    【ブロンズ】中級者(チャンネル登録者:1万人~)
    【シルバー】上級者(チャンネル登録者:10万人~)
    【ゴールド】達人(チャンネル登録者:100万人~)
    【ダイアモンド】神級(チャンネル登録者:1000万人~)
    これは余談ですが、チャンネル登録数には、上記のような階級が設けられています。
    グラファイトからオパールへの壁が一番分厚いと言われており、この壁を越えられずに失脚していく人がほとんどです。
    1万人を超えてくると、収益も毎月30万円以上くらいには安定してくるので、グラファイトを突破したら、1万人の登録者を有するブロンズを目指す人が多いです。

    定期的に動画をアップする

    動画は定期的にアップすることが望ましいです。これは、視聴者側とYouTube側、両方の視点から有効でして、毎日投稿が特に良いです。
    継続することで、動画の撮影や編集の技術が上がるだけでなく、アクティブな投稿者は視聴者もYouTubeも高く評価されます。
    国内でトップユーチューバーと言われるヒカキンやヒカルも、「下積み時代の毎日投稿は欠かさなかった」という話は有名です。
    最初は苦しいですが、継続していきましょう。

    SNSで宣伝する

    Twitterなどから自分の動画の流入があった場合、普通の検索からの流入より価値の高い流入になります。「人に紹介されている動画は良い動画である」とYouTube側は思うわけですね。
    また、SNSでバズると、1週間で100万回再生を超えたりすることもあります。
    動画をアップしたら、その都度、動画をシェアしていきましょう。]]>

    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です