YouTubeで収入を得るためにはどうしたらいい?知っておきたい手順とは      

4 min
副業

YouTubeの広告収入を得るためには「YouTubeパートナークラブ」に参加する

YouTubeパートナークラブに参加をするのには、いくつかの条件を満たしている必要があります。まずはこのプログラムのポリシーに準拠していること、そしてこのプログラムを利用できる国や地域に住んでいるのが重要です。
他の条件としては公開動画の再生時間について、過去1年以内に4000時間以上あるのが必要になります。チャンネル登録数については1000人以上、リンクされているアドセンスアカウントを持っているのも条件のひとつです。
参加方法についてはYouTubeパートナープラグラムに申し込みをすることになりますので、手順についてご説明していきましょう。自分の所有しているチャンネルが、YouTubeのポリシーやガイドラインに準拠しているかを、確認してください。
申し込みをすると、審査が行われることになりますので、もし準拠していないと判断されると、審査を通過できないでしょう。次に、持っているAdSenseアカウントが1つだと、自分自身で確認しましょう。このプログアムに参加をすると、収益を受けるためにAdSenseのアカウントが必要になります。もうアカウントを持っている人なら、チャンネルをいくつでもリンクが可能。
チャンネル登録者数が1000人以上、そして総再生時間が4000時間以上あるかを、チェックしましょう。こういった情報が明確に取得できたうえでなら、申し込みが可能になるのです。この後にYouTubeパートナープログラムに申し込みをするのですが、これについてはいつでも申し込めるものです。
申し込み手順については、YouTubeにログインをして、画面のアカウントアイコンからクリエイターツールを選択してください。
そして左側のメニューの「チャンネル」からステータス機能をクリックしましょう。収益の受け取りの下にある「有効にする」をクリックして、審査を待つ状態になります。通常の審査期間は1か月程度ですから、審査の結果を待つようにしましょう。
こちらも参考にしてください。

youtubeでお金を稼ぐ仕組みが知りたい!youtuberが稼ぐ方法とは

YouTubeから広告収入を得るまでの流れ

YouTubeの動画を投稿して広告収入を得るまでには、流れが必要になります。どのような形で広告収入を得るかを、自分で考えるようになるでしょう。
YouTubeから広告収入を得ることにより、本当の意味でYouTubeにてお金を得られるのです。自分のチャンネルや動画内容に合う広告や、収益の得方を選ぶようになるのが、YouTubeで、上手にお金を得るために必要だと言えるでしょう。
この流れについては、いくつかの内容についての理解が必要になるでしょう。ご説明していきますの、参考にしてみてくださいね。

YouTube広告の種類

YouTube広告には、いくつかの種類があります。どの広告を選ぶのが自分にとってメリットが多いのかは、これらの種類について詳しく知るのが大切です。
選んだ広告の種類により、結果としての収益が大きく変わるケースもあるでしょう。うまく収益を得られやすくなるため、どのような広告の種類があるのか、そして収益の得方があるのかを、事前にしっかりと知っておくようにしましょう。

インストリーム広告

インストリーム広告というのは、動画の再生前や長時間の動画の場合は15分後や30分後に、まるでテレビのコマーシャルのように流れる広告のことを言います。
内容によって、5秒見た後に広告をスキップできるものもあれば、スキップできず15秒程度は見ておかなければならないものもあります。
チャンネル所有者が、この設定については自由に選ぶのが可能。この広告については、広告を全て視聴した場合や、再生画面をクリックしてスポンサーサイトに移った時に、報酬が発生することになります。

サイドバー広告

サイドバー広告は、動画の右側のサイドバーに表示される広告です。この広告については、クリックをしたら、報酬が発生します。
動画を見ていると、サイドバーに広告が貼ってあるのを見かけることがありますよね。少し動画から離れてみるという意味でも、広告をクリックするケースがあるのです。
しかし、動画を再生しているわけですから、本来は動画に集中したいと思う人が多いですよね。このため、サイドバー広告についてはあまりクリックする気持ちになれないのが、視聴者側としてはあるでしょう。つまりは、この広告については、クリック率が低いというデメリットありますので、理解しておくようにしたいですね。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告というのは、コンテンツの表面を覆うようにして表示される広告です。この広告の場合は、動画再生から10秒以上経つと表示されます。そして、広告を視聴者がクリックすると、報酬が発生する仕組みです。

概要欄でのAmazonアソシエイト掲載

商品紹介動画だけではなく、自分の使用機材についてなどもAmazonのアフィリエイトリンクを使っている場合が多いです。YouTuberによっては、Amazonアソシエイトだけでも、かなりの収益になっている可能性があるでしょう。
まずは、Amazonアソシエイトのヘルプから、お問い合わせに移動をします。件名を入力する画面がありますので、「アカウント情報の変更、登録URLの追加」を選びましょう。
そして、自分のYouTubeチャンネルのURLを追加したいと考えていると、コメントに書きます。これにより、審査が行われるようになります。審査が終わると、担当者からメールが来ますので、後はYouTubeチャンネルを登録すれば使用できるようになります。
AdSenseの広告だけで収益を得ようとしても、条件が厳しいので難しいケースがありますよね。このため、外部のAmazonアソシエイトなどを利用して、収益化につなげる方法があるのです。

企業提供によるスポンサー費用

企業から「この商品を貼って、商品を紹介してください」とお願いをされて紹介をすることで、収益を得られるケースがあります。元々、提供やスポンサーのマークがつく動画の場合は、企業と契約して商品やサービスを紹介することで、収益を得られていると考えても良いでしょう。

YouTubeの広告収入の申請方法

YouTubeにて広告収入が得られた場合には、Googleアドセンスを通して支払いの受け取りをすることになります。支払いに必要な手続きなどがありますので、知っておく必要があるでしょう。動画の広告収益の合計額が8000円以上になると、支払い申請ができるようになります。
この後にGoogleアドセンス画面の右下の「お支払設定ページ」が使用できるようになるのです。このページから、広告の収益を受け取る手続きを行うようになります。収益を受け取る方法は、銀行振り込みか小切手のどちらかを選べます。
銀行口座名義とアカウントのニックネーム、そして受取口座種別と受取口座番号以外にも、銀行コードと支店コードを入力する必要があります。

YouTubeで収入を得るためには

YouTubeで収入を得るには、広告の種類を選ぶことも大切ですが、もちろん自分のチャンネルに登録して、動画を見に来てくれる人を増やすのが必要ですよね。
そのために宣伝としてTwitterを使う人は、とても多いです。自分がどのような人間で、どのような動画を配信していくのかを、視聴者に知ってもらう必要があるでしょう。
「このチャンネルの登録をしてみたい」と思われる動画を配信するためには、アイデアを出して自分の魅力を最大限に伝えていく、努力や才能が必要になるのです。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です